フィットクリニック
お知らせ
2020/05/18 緊急事態宣言に伴う、休診のお知らせ
clear

バイアグラとは

バイアグラとは、シルデナフィルクエン酸を有効成分とした、世界で初のED(勃起不全)治療薬です。

1998年に米ファイザー社より発売され、日本でもED治療薬として1999年から処方が行われています。

バイアグラの発売以前もEDの治療は行われていましたが、それらは性器に直接薬剤を注入したり、シリコンを埋め込む、補助器具を使用するなどの医療行為であり、個人が気軽に行えるようなものではありませんでした。

そのために、内服するだけでEDを改善できるバイアグラは、発売当初は「夢の薬」と呼ばれ、大きく売上を伸ばしていきました。

バイアグラの効果

バイアグラの服用後は、性的な刺激を受けることによって十分な勃起を得られるようになります。

誤解されることもありますが、バイアグラを飲んだからといって無条件に勃起が起こるわけではありません。

また、バイアグラは性欲を増進させたり、催淫効果などを発揮するものでもありません。

バイアグラはあくまでも、性的な刺激を受けた際に十分な勃起が得られるようなサポートを行う医薬品です。

バイアグラの見た目と種類

バイアグラは、青いひし形をした錠剤です。

日本国内で承認され処方されているものには25mgと50mgの成分量のものがあります。

それぞれ、成分量を示す「VGR25」、「VGR50」の刻印と、ファイザー社の製品であることを示す「Pfizer」の刻印が裏表に入れられています。

なお、日本人より体の大きな男性が多い欧米などでは、成分量100mgのバイアグラが流通し、これには「VGR100」の刻印が入っています。

バイアグラの特徴

現在では、バイアグラよりも後に発表されたレビトラやシアリスなどのED治療薬が流通していますが、それら後発のED治療薬と比較してもバイアグラの勃起力は高いものです。

体質による薬との相性などもありますが、バイアグラの勃起力はシアリスよりも高く、レビトラと同等かそれ以上と感じる方が多いようです。

バイアグラの効果は、服用後1時間程度から現れ、性的な刺激を受けた際に十分な勃起が得られるようになります。

バイアグラの効果が現れるまでの時間は、レビトラが20分程度、シアリスが1~2時間程度であるのと比較しても平均的と言えるでしょう。

体質などによる個人差もありますが、バイアグラの効果の持続時間は4~5時間程度です。これはレビトラが5~10時間程度、シアリスが30~36時間程度であることと比較すると、短時間であると言えます。

バイアグラの用法・用量

バイアグラは、通常1日1回、25mg~50mgを服用することができます。性行為のおよそ1時間前に1錠、あるいは半錠を水やお湯などで服用します。

水やお湯がない場合はお茶やジュースなどの清涼飲料水でも問題はありません。ただし、脂肪分が含まれる牛乳は、有効成分の吸収を妨げる可能性があるため避けて下さい。

バイアグラの注意事項

バイアグラは、用法・用量を守っていれば安全性の高い医薬品です。

しかし、併用禁忌や併用を注意すべき成分などがあるので確認しておきましょう。

服用してはいけない人

バイアグラはどなたでも服用できるというわけではありません。

  • バイアグラの成分であるシルデナフィルに対してアレルギーなど、過敏症の既往歴のある方
  • 心血管系障害を有するなど、性行為が不適当と考えられる患者
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 低血圧(特に最大血圧90mmHg未満、または最小血圧50mmHg未満)の方
  • 高血圧(最大血圧170mmHg以上、または最小血圧100mmHg)の方
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある方
  • 網膜色質変性症(進行性の夜盲症)と診断された方

特に上記に該当する方は、医師の判断により処方ができないことがあります。同様に、未成年の方への処方も基本的には推奨されていません。

また、バイアグラは男性のED治療薬であるために女性が服用することはできません。

バイアグラの併用禁忌

併用禁忌とは、同時に併用してはならないことであり、併用禁忌薬と言った場合は飲み合わせてはいけない薬や成分を指します。

特に併用禁忌薬と言われる場合は、副作用増強などが見られるなど、危険性を伴うものを指しています。

バイアグラの併用禁忌薬としては、以下のようなものがあります。

硝酸剤及びNO供与剤
ニトログリセリン、亜硝酸アミル硝酸イソソルビド、ニコランジル等
アミオダロン塩酸塩
アンカロン
sGC刺激剤
リオシグアト(アデムパス)

バイアグラの併用注意

併用注意薬は、主にバイアグラの効果を減弱させる可能性があります。

バイアグラの併用注意薬には以下のようなものがあります。

チトクロームP450 3A4阻害薬
リトナビル、サキナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等
チトクロームP450 3A4誘導薬
ボセンタン、リファンピシン等
降圧剤
α遮断剤
カルペリチド

服用時の注意点

バイアグラを服用の際は、十分な効果を得るために、空腹時の服用が推奨されています。

特に、バイアグラの服用前に脂質の多い食事をしてしまうと効果を十分に得られない可能性が高くなります。

これは、腸が油でコーティングされてしまい、有効成分であるシルデナフィルの吸収が阻害されてしまうためです。

バイアグラの副作用

バイアグラは用法・用量が守られていれば安全性の高い薬です。しかし、医薬品である以上、一定の副作用が発症する可能性があります。

バイアグラの副作用には以下のようなものがあります。

1%以上
  • 血管拡張(ほてり、潮紅)(5.78%)
  • 頭痛(3.87%)
0.1〜1%未満
  • 胸痛、動悸、頻脈
  • めまい、傾眠、昏迷
  • AST増加
  • 悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛
  • 鼻炎
  • 関節痛、筋肉痛
  • 発疹
  • 眼充血、結膜炎、彩視症、視覚障害
  • CK増加、疼痛、熱感
0.1%未満
  • 高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック、末梢性浮腫
  • 異常感覚、下肢痙攣、記憶力低下、興奮、緊張亢進、錯乱、思考異常、神経炎、神経過敏、神経症、不安、不眠症、無気力
  • ALT増加、LAP上昇、LDH増加、血中トリグリセリド増加、γ-GTP増加、血清リン脂質上昇、血中アミラーゼ増加、血中アルブミン減少、血中ビリルビン増加、総蛋白減少
  • おくび、胃炎、胃不快感、下痢、口唇乾燥、舌障害、白舌、腹部膨満、便秘、嘔吐、嚥下障害
  • 陰茎痛、射精障害、朝立ちの延長、半勃起持続
  • 呼吸障害、鼻閉、咽頭炎、喘息
  • 骨痛、背部痛
  • そう痒症、眼瞼そう痒症、脱毛症、男性型多毛症、発汗、皮膚乾燥、皮膚障害、紅斑
  • ヘマトクリット減少、ヘマトクリット増加、ヘモグロビン減少、リンパ球減少症、リンパ球増加症、好酸球増加症、赤血球減少症、赤血球増加症、白血球増加症
  • 眼乾燥、眼痛、屈折障害、光視症、味覚異常、味覚消失、流涙異常、羞明
  • BUN増加、インフルエンザ症候群、リンパ節症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、血中尿酸増加、ウロビリノーゲン陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽性、尿中蛋白陽性、疲労、無力症
頻度不明
  • 心筋梗塞注)、低血圧、失神
  • 勃起の延長、持続勃起、尿路感染、前立腺疾患
  • 鼻出血、気道感染症、副鼻腔炎
  • 霧視、視力低下、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴
  • 過敏性反応、感染症

上記からもわかるように、バイアグラの副作用では、血管拡張によるほてりや潮紅、頭痛が多くなっています。

このような症状が現れた場合は服用を中断し、担当の医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

バイアグラの作用機序

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、もともとは狭心症の治療に用いる血管拡張剤として研究、開発が行われていました。

狭心症治療に対してのめざましい効果は得られませんでしたが、治験の結果から勃起を促す効果が発見されたことからED治療薬として現在では用いられています。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ) の活性を阻害す働きを持ちます。

このことから、バイアグラなどED治療薬は「PDE-5阻害薬」と呼ばれることもあります。

PDE-5とは、ペニス内部の海綿体に多く存在する酵素で、勃起を促進する環状ヌクレオチドであるcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行います。

cGMPは、男性が性的に興奮した際に脳から伝わる司令によってペニス内部に増加し、平滑筋を弛緩させたり血管拡張の効果を持ちます。

特に血管拡張の作用によって、ペニス内部の血流を増加させ、正常な勃起を起こしているのです。

しかし、ED(勃起不全)の場合は、なんらの原因によりペニス周辺のPDE-5が過剰になっている状態です。

バイアグラなど、PDE-5阻害薬と呼ばれるED治療薬は、ペニス周辺のPDE-5の活性を阻害することで、cGMPを優位な状態にし、血管拡張による正常な勃起を促すことができます。

バイアグラの作用時間

バイアグラの効果は服用後1時間程度で現れ、性的な刺激を受け興奮した際に十分な勃起が得られるようになります。

個人差もありますが、その効果は4~5時間程度持続します。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、100mgの場合、0.8±0.4(時間)で最高血中濃度に到達します。

これはつまり、服用後20分から1時間程度で効果が現れることを示しています。

また、3.31±0.81(時間)で血中濃度が半減することが臨床試験からも明らかにされています。

これは服用後2時間30分から4時間ほどで血液中のシルデナフィルは半分に減少し、効果が落ちていくということです。

バイアグラのジェネリック

日本ではバイアグラの成分特許は2013年に満了となり、現在では様々な製薬メーカーよるジェネリック(後発医薬品)が製造され、流通しています。

ジェネリック医薬品は有効成分が同一であるために基本的には同様の効果効能を得ることができますが、薬価を大幅に下げられるなどの特徴があります。

2019年現在では、バイアグラのジェネリックは以下の製薬メーカーから販売されています。

シルデナフィル錠50mgVI
陽進堂、武田薬品、武田テバファーマ、アルフレッサファーマ、本草製薬、キッセイ薬品、摩耶堂製薬、辰巳化学、富士化学工業
シルデナフィルOD錠50mg
東和薬品
※OD錠とは口の中で溶け、水を必要とせず服用が可能な口腔内崩壊錠です。

よくある質問

Qバイアグラをお酒で飲んでも大丈夫?

Aお酒(アルコール)は適量であれば、リラックス効果によって勃起を起こすのに有利な状態を作ることができます。

このために、バイアグラを水の代わりにお酒で服用すること自体は特に問題はありません。

しかし、過度の飲酒は脳の神経系統の伝達を鈍らせ、勃起や射精を妨げ逆効果になってしまうので注意してください。

Qバイアグラのジェネリックは先発薬と同様の効果が得られますか?

Aこれに関しては確実に断言することは難しくなりますが、体内で生理活性を示す有効成分が同一であるため、効果に関してもほぼ同様の効果が得られます。

しかし、先発薬とジェネリックの違いを料理に例えて説明する際に「材料は同じでも調理方法が異なる」ということがよく言われています。

添加剤や着色料などの微妙な差異はあるため、体質などによっては効果に関しても差異がある可能性もあります。

Qバイアグラにはペニス増大の効果はありますか?

A残念ながら、バイアグラにはペニス増大の医学的な効果は認められていません。

あくまで正常な勃起をサポートするための医薬品となります。

Qバイアグラの服用を続けて依存性や耐性ができることはある?

Aバイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸には、身体的な依存性や習慣性、耐性ができるようなことはありません。