ED・勃起不全

コンドームを付けると萎える・射精できないのはなぜ?原因や対処法について解説

コンドームを着けると萎える・射精できないのはなぜ?原因や対処法について解説 ED・勃起不全

「コンドームを付けると萎える」と嘆く男性は少なくありません。

ゆえにコンドームの装着を敬遠する人もいますが、萎える原因は気持ちの問題にもあります。

このページではコンドームを付けると萎える、射精ができなくなるなどの原因や、その対処方法についても詳しく解説していきます。

コンドームだと萎える原因とは?

避妊具としてだけでなく、性感染症(STD)予防にも役立つコンドームですが、男性によっては萎えてしまう原因にもなります。

ただし、避妊を望む方や性感染症の予防には必要なものなのも事実です。
コンドームを付けると失敗する人にとっては、悩みどころではないでしょうか。

なぜコンドームを付けると上手くいかなくなるケースがあるのか、その理由には2つのことが考えられます。

まずは2つの萎える原因について、簡単に見ていきましょう。

コンドームED

コンドーム装着による中折れや、うまく射精できないケースを、"コンドームED"と呼びます。

コンドームEDは心因性EDの一種とされ、気持ちの問題から中折れやうまく射精できないといったEDの症状が現れます。

  • 装着の失敗
  • コンドームを付けることへの違和感
  • うまく装着できない
  • 挿入後に外れたことをイメージしてしまう

これらのトラウマやプレッシャーから、コンドームに対し苦手意識が生まれます。
これらの積み重ねにより、気づけば「コンドーム=性行為が失敗する道具」と認識するようになります。

また、コンドームを付けると「気持ちよくない」と脳裏に焼き付いてしまい、装着しただけで萎えてしまう男性もいます。

EDは身体の問題ではありますが、このようにメンタル面も強く影響するものです。
正常な勃起には肉体だけでなく、精神的健康も揃っていることが大切です。

後ほど対策について詳しく解説していきますが、「EDの症状が出るからコンドームを付けない」というのは、選択肢にならないことだけは覚えておきましょう。

遅漏になる

遅漏とは文字通り、男性がオーガズムに達するまでに時間がかかってしまうことです。

明確な時間こそ定義されていませんが、コンドームの装着によって次のようなことを感じていれば遅漏の疑いがあります。

  • 時間がかかり過ぎて女性の負担になっている
  • 射精が遅いことでストレスを感じる

また遅漏の場合、膣の中で射精できない「膣内射精障害」の症状の疑いがあります。

これは重度の遅漏であると考えられ、膣内射精障害の半数以上は"不適切なマスターベーション"が原因であることがわかっています。

不適切なマスターベーション
  • 床オナ
  • 強グリップ
  • 足ピン

これら過度な刺激を与えるマスターベーションに慣れてしまうと、刺激が足りずに実際の性行為でうまく射精できなくなってしまう場合があります。

コンドームでも萎えない対処法とは?

コンドームで萎えてしまうのが続くと、やがては性行為から遠ざかるケースも珍しくありません。
いわゆるセックスレスという状態に陥り、パートナーとの関係がギクシャクするきっかけにもなります。

ただし、避妊や性感染症予防にはコンドームは必需品です。
そのためコンドームを装着しても性行為がうまくできる対処法について、ここからは詳しく解説していきたいと思います。

ED治療薬を使用する

バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は性的刺激や興奮を感じた時に勃起をサポートしてくれる薬です。

「勃たない」「持続しない」といったEDの症状に悩む人には、治療方法の1つとして推奨されています。

ED治療薬を服用した人の80%以上が効果を実感しているように、有効性が高く服用後すぐに効果が現れるなどのメリットがあります。

また、メンタルが影響する心因性EDにも有効とされています。

前述にもあるように、コンドームEDも心因性EDの1種ですのでコンドームEDの症状の方はED治療薬をお試しください。

何度か使用することで、「コンドームを付けても勃起できる」という自信に繋がります。

ただし精力剤や催淫剤としての効果はないので、性欲や興奮を高めてくれるお薬ではありません。
勃起ができる環境を整えるサポート薬として使用しましょう。

ED治療薬の服用が自信に繋がり、お悩みが改善される方が多くおられます。

フィットクリニックでは、バイアグラをはじめとしたED治療薬を扱っています。

スマホがあれば簡単にオンライン処方ができます。

自分に合ったコンドームを選ぶ

コンドームを装着すると萎えてしまう人は、もしかするとコンドームが自分にあっていない可能性があります

コンドームといってもその種類もさまざまあるだけに、違うメーカーを試してみるのも対処法としては有効です。

また購入時は次のことにも注目すると、自分に合ったコンドームが見つかりやすくなるかもしれません。

素材 ⇨ ラテックスが一般的ですが、アレルギーを起こす人はポリウレタン

サイズ ⇨ 正しいサイズを選ぶことで、破れるリスクを抑えられる

薄さ ⇨ 遅漏の方は0.01mmの薄手を選ぶと刺激が男性器に伝わりやすい

潤滑ジェルの量 ⇨ 挿入がスムーズになる

コンドームはいわば性行為のお供とも言えるだけに、使う道具にこだわってみるのもコンドームEDの対処法としてオススメです。

パートナーに付けてもらう

コンドームを装着して萎える場合、

  • 付けるのに手こずる
  • 自分でコンドームを付けている姿が間抜けに思える

など、雰囲気が失われ高まった興奮が醒めてしまうのが原因です。

そんな時はパートナーにつけてもらうのも1つの方法です。

コンドームをつけてもらうシチュエーションが逆に新鮮で、興奮にも繋がります。

お互いが安心して楽しむためにもコンドームは大切なので、パートナーに付けてもらうという行為を1つのスパイスだと思ってお願いしてみてはいかがでしょうか。

もしかすると自分でも気づかない、新しい発見のヒントになるかもしれません。

コンドームのトレーニング

コンドームに慣れるトレーニングというのもあり、マスターベーションの練習として「コンドーム・マス法」を取り入れてみると良いでしょう。

【コンドーム・マス法】
①コンドームの内側に潤滑剤(ローション)を垂らす
②ペニスにコンドームを被せ、自らの手で性的刺激を加える
③膣内のぬるぬるした状態に似せる
④強く男性器をにぎらず、柔らかいグリップで続ける
⑤射精

不適切なマスターベーション(床オナ、強グリップ、足ピン)の癖を直すことで、膣内射精障害を改善する効果が期待できます。

またコツとしては、以下の2つがあります。

  • リラックスした状態で実践
  • パートナーに協力してもらう

勃起にはリラックスが必要です。
パートナーとの協力は、初めは恥ずかしさや抵抗があるかもしれませんが、症状の理解や勃起の後押しとなるので、是非実践してみましょう。

コンドームが必要な理由

自分のみならず、パートナーの身体も守ってくれるのが、コンドームの役割です。
感度こそ若干鈍くなりますが、それ以上に得られるメリットの方が大きく、実際に装着する男性の積極的な使用が望まれます。

先ほどから少しだけ触れてはいますが、大事なことなので改めてコンドームが必要な理由についてここからお伝えしていきます。

性感染症の予防

日本国内でもっとも多い性器クラミジアをはじめ、淋病、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、HIVなど、性行為の身近なリスクである性感染症から身を守らなければなりません。

こうした菌やウィルスは濃厚な粘膜の接触から感染していくため、それを防ぐにはフィルターとしてコンドームが必要になります。

「たった1枚のゴム」と思われるかもしれませんが、理想的なコンドームの使用ができれば感染予防率は98%とほぼ防ぐことができます。

一時の快楽のために無防備な性行為に臨んで感染するケースは珍しくないだけに、男性はコンドームの着用は忘れずに行いましょう。

男性が行える避妊

コンドームの装着は、男性が積極的に行える唯一の避妊法です。
お互いが望まない妊娠を避ける方法であり、命を守る役割と言えるでしょう。

コンドームの使用により、約85%の確率で避妊に期待できるため、妊娠を望まない相手との性行為ではコンドームの装着は必須です。

もちろん100%避妊できる訳ではなく、ピンホールやゴムの劣化、行為中に外れるといった予期せぬ事態を考慮すれば、失敗率は3〜14%ほどになると考えられています。

失敗をできる限り避けるためにも次のようなことに注意してみてください。

  • 正しい装着方法を身につける
  • JIS適合品のマークがついているものを選ぶ
  • 破いてしまわぬよう爪は切っておく(エチケットとしても)
  • いつ買ったかわからない古いものは使用しない(長年財布に忍ばせておいたものなど)

できることなら定期的に新品を購入する癖をつけておくと、ご自身もパートナーも不安なく性行為に望めるはずです。

まとめ

コンドームの装着が、男性によっては性行為がうまくきかないきっかけになってしまうこともあります。

思うように勃起できないのは男性にとって大きなストレスですし、なにより自信を失ってしまうでしょう。

しかし、性感染症予防や望まない妊娠を避けるためにはコンドームは必需品です。

「付けるなら性行為はしない」ではなく、これを機にコンドームとの向き合い方を考えてみてはいかがでしょう。

現在はEDの効果的な対処法として、ED治療薬があります。

フィットクリニックでは、スマホで簡単・便利なオンライン処方を行っています。お悩みの方は是非ご相談ください。