フィットクリニック
clear

AGA治療薬の種類と比較

AGA治療薬とは、AGA(男性型脱毛症)を改善するお薬です。

 

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドなどといったAGA治療薬を使用することで、薄毛や抜け毛が改善されることは臨床データからもわかっています。

 

AGAは進行性の脱毛症で、治療をしなければ薄毛や抜け毛の進行をストップさせることはできません。

 

しかし、セルフケアや市販の育毛剤を試すだけでは、AGAを改善することはそう簡単ではありません。またご自身の症状に合う治療薬を必要な期間投与しなければ、満足いく効果を得ることはできません。

 

このページではAGA治療の代表的な治療薬について、要点をわかりやすくまとめて解説しています。

 

更に詳しく知りたい方は、下記表の医薬品名から詳細ページに移動してご確認いただけます。

AGA治療薬の種類

  プロペシア ザガーロ プロペシアジェネリック ザガーロジェネリック ミノキシジル
名称/用量/
価格(1ヵ月)
プロペシア1mg ザガーロザガーロカプセル0.5mg フィナステリド1mg デュタステリド ミノキシジルミノキシジル(リキッド・タブレット)
特徴 プロペシアは、DHTのはたらきを阻害し、
ヘアサイクルの乱れを改善して
抜け毛や薄毛の進行を抑えるAGA治療薬です。
※女性は絶対に服用禁止
※女性は絶対に服用禁止 ※女性は絶対に服用禁止 ※女性は絶対に服用禁止 ・男女ともに使用可能
・内服薬タイプ(タブレット)と外用薬(リキッド)タイプがある
主成分 フィナステリド(Finasteride) デュタステリド(Dutasteride) フィナステリド(Finasteride) デュタステリド(Dutasteride) ミノキシジル(Minoxidil)
効能/効果 男性における男性型脱毛症の進行抑制 男性における男性型脱毛症の進行抑制 男性における男性型脱毛症の進行抑制 男性における男性型脱毛症の進行抑制 男女における育毛・発毛の促進
作用 ・5αリダクターゼII型を抑制 ・5αリダクターゼI型・II型を抑制
・2型5-α還元酵素もフィナステリドの3倍強く阻害
・5αリダクターゼII型を抑制 ・5αリダクターゼI型・II型を抑制
・2型5-α還元酵素もフィナステリドの3倍強く阻害
・血管を拡張して血流を改善
・毛母細胞の分裂を促し、「インスリン様成長因子1(IGF-1)」
「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」の産出促進
・毛母細胞のアポトーシス(死滅)を抑制
副作用 副作用は1%未満
【リビドー減退、勃起機能不全、射精障害など】
肝機能障害、過敏症、そう痒症、蕁麻疹など 副作用は1%未満
【リビドー減退、勃起機能不全、射精障害など】
肝機能障害、過敏症、そう痒症、蕁麻疹など ・外用薬の場合
頭皮の発疹・発赤、頭皮のかぶれ・フケなど
・内服薬の場合
低血圧、反射性高血圧など
併用禁忌薬 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
メーカー MSD株式会社 GSK:グラクソ・スミスクライン株式会社 ファイザー製薬など    

当院でAGA治療薬の処方をご希望の方は、以下から予約することが可能です。

自分に合うAGA治療薬を見つけよう

AGA治療薬にはプロペシアやザガーロ、ミノキシジルなど様々な種類があります。

ただ人の体質には個人差があり、どのAGA治療薬が効くかや相性は人それぞれです。

 

フィナステリド(プロペシア)では効き目が感じられなかった方でも、デュタステリド(ザガーロ)、ミノキシジルに切り替えることで薄毛が改善された、といった報告は多数あります。

 

これら治療薬のどれが自分に合うのか、何を継続して使えばいいのか、併用の必要があるか、といった判断はクリニックのカウンセリングで分かりやすく説明を受けることができます。

 

「脱毛抑制」「守り」のフィナステリド、デュタステリド

 

フィナステリド、デュタステリドはAGAで周期が乱れ短くなったヘアサイクルを正常に戻すという点で、非常に有効な治療薬です。

 

AGAは早めに治療に取り組むことが非常に重要とされますが、それには理由があります。

  • AGAは進行性の病気で、治療を行わないと症状がどんどん悪化する
  • 発毛を行うヘアサイクルという周期には上限があり、上限までに治療しないとその毛根からは二度と発毛しなくなる

こうしたことから、フィナステリド、デュタステリドは「守りの薬」とされます。

発毛効果はないと言われますが、ヘアサイクルを正常にすることで太く長い健康な髪に生え変わるため、発毛という結果も報告されます。

 

「発毛促進」「攻め」のミノキシジル

ミノキシジルは脱毛部位から新しい健康な毛を発毛させるための医薬品です。

毛根(毛母細胞)への栄養を届けやすくし、発毛を促進させます。

 

同じミノキシジルでも、飲み薬(内服薬)と塗り薬(外用薬)があり、身体の外、内の両面から発毛効果を高めることができます。

 

薄毛治療薬の主流は「ジェネリック医薬品」

プロペシア、ザガーロいうAGA治療薬の先発薬は、その特許が満了し多くのクリニックでジェネリック医薬品が積極的に処方されています。

ジェネリック医薬品とは?

先発薬の特許満了後に開発・製造することのできる後発医薬品です。

  • 先発薬と同一の有効成分、および効果・効能
  • 開発費を大幅に削減できることにより、先発薬より低コストで提供可能
  • 先発薬と違う形状での製造も認められ服用しやすさの改良も可能。
  • アメリカで約90%、ドイツで約80%もの普及率で、ジェネリック医薬品の普及は日本政府も推奨している。

テレビやメディアでも広告が多数みられるミノキシジル含有の市販育毛剤も、その多くがジェネリック医薬品です。

 

フィットクリニックのAGA治療薬

 

フィットクリニックでは以下の薄毛治療薬を処方しております。

オリジナル薄毛治療薬「Reborn Neo」

製品 1か月の価格(税込)
「Reborn Neo」内服薬A
(フィナステリド/ミノキシジル/サプリ)
13,000円
「Reborn Neo」内服薬B
(デュタステリド/ミノキシジル/サプリ)
15,800円
「Reborn Neo」外用薬
(ミノキシジル配合ローション)
9,800円
「Reborn Neo」内服A+外用薬 22,800円
「Reborn Neo」内服B+外用薬 25,600円

「Reborn Neo」は当院オリジナルの発毛薬セットです。

  • 発毛成分ミノキシジルと育毛成分フィナステリド・デュタステリドが主成分
  • 髪の成長に必要なアミノ酸やビタミンを配合したサプリも含有

※女性用にはフィナステリドは含まれておりません。

※金額は契約する治療期間によって異なります。詳しくはスタッフへお尋ねください。

製品 1か月の価格(税込)
フィナステリド1mg 4,000円
デュタステリド 7,500円
ミノキシジルタブレット5mg 8,500円
フィナステリド1mg+ミノキシジルタブレット5mg 10,000円(20%OFF)
デュタステリド+ミノキシジルタブレット5mg 12,800円(20%OFF)

治療薬と併用できる強力な発毛効果を促す治療として、この他にもメソセラピー(発毛施術)も行っております。

   

まずはクリニックに相談する

 

どの治療薬を使うかという判断は大変難しい選択です。
当院では専門医による診察により、最適な治療方法をご提案いたします。

また当院はAGA治療薬のオンライン診療・処方も行っております。初診から受診できますので、遠方・感染対策などで来院しづらい方などは是非ご利用ください。

 

一人で悩まず、お気軽に当院までご相談ください。

治療、ご相談は以下よりご予約いただけます。

CONTACT