フィットクリニック
clear
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較

早漏セルフ診断

ご自身の早漏の症状が分かるセルフ診断です。
10項目の質問と現在の状態と照らし合わせ、「YES」「NO」でお答えください。

早漏セルフ診断

Q1 10回以内のピストン運動で射精してしまう
YES NO
1/10
Q2 セックスの回数が通算で30回以下
YES NO
戻る 2/10
最初に戻る
Q3 1回の性行為で1分以内に射精してしまう
YES NO
戻る 3/10
最初に戻る
Q4 マスターベーションで5分以内に射精してしまう
YES NO
戻る 4/10
最初に戻る
Q5 射精のタイミングをコントロールできない
YES NO
戻る 5/10
最初に戻る
Q6 射精が早いことに不満を感じる
YES NO
戻る 6/10
最初に戻る
Q7 性的刺激に敏感で、すぐ勃起してしまう
YES NO
戻る 7/10
最初に戻る
Q8 性行為に自信が無い
YES NO
戻る 8/10
最初に戻る
Q9 女性と接するのが苦手
YES NO
戻る 9/10
最初に戻る
Q10 女性から「早い」と言われたことがある
YES NO
戻る 10/10
最初に戻る

正常
早漏の可能性は低いため問題ないようです。

点数が0~1だった方は、早漏の可能性は低いため問題ないようです。
しかし、セルフ診断で正常と判断された方も、自分自身に違和感を覚える場合や、パートナーに性行為に対する不満がある場合、早漏の可能性が考えられます。
少しでも気になる場合は、お気軽にご相談ください。

フィットクリニックでは、早漏防止薬のオンライン処方を行っております。
初診からでもご利用できますので、来院が困難な方や人との接触をなるべく避けたい方は、是非ご利用ください

早漏改善のご相談・ご予約はこちら

軽度早漏
カウンセリングを受けましょう!

点数が2~5だった方は、軽度ではありますが、早漏の症状が見られます。
軽度の早漏の場合、その日の体調や精神的なストレスが原因で起こる場合があります。
症状が軽ければ改善も早いため、気になる方は1度カウンセリングを受けてみましょう。

フィットクリニックでは、早漏防止薬のオンライン処方を行っております。
初診からでもご利用できますので、来院が困難な方や人との接触をなるべく避けたい方は、是非ご利用ください。

早漏改善のご相談・ご予約はこちら

早漏
是非ご相談ください!

点数が6~8だった方は、早漏の症状が現れています。
早漏は性的な満足が得られないだけでなく、男性としての自信の喪失にも繋がります。さらにパートナーとの不和の原因にもなります。
早漏改善ご自身に合った適切な治療を行うためにも、専門医による診察が必要です。

フィットクリニックでは、早漏防止薬のオンライン処方を行っております。
初診からでもご利用できますので、来院が困難な方や人との接触をなるべく避けたい方は、是非ご利用ください。

早漏改善のご相談・ご予約はこちら

重度早漏
早漏とEDが併発している可能性があります!

点数が9~10だった方は、症状の重い早漏と言えます。
重度と診断される方は、EDの併発や複数の原因による早漏の可能性があるので、専門医の診察を受けましょう。

フフィットクリニックでは、早漏防止薬のオンライン処方を行っております。
初診からでもご利用できますので、来院が困難な方や人との接触をなるべく避けたい方は、是非ご利用ください。

早漏改善のご相談・ご予約はこちら

早漏の定義とは

早漏とは男性における性機能障害の1つです。

これまで、早漏に対する定義がハッキリしていませんでしたが、2008年に国際性医学会議で発表された定義が一般的な認識となっています。

意訳すると以下の内容となります。

〇射精の際は、常に挿入前または挿入後1分以内に起こる
〇膣内で射精するタイミングを、遅らせたり早めたりするコントロールが出来ない
〇性行為での射精のまでの時間が早いことに対し、悩み苦痛を感じている。または、性行為に対して負担を感じている

つまり、この定義に当てはまる方は早漏治療の対象である可能性があります。

射精までの時間は自分が思う長さに個人差があるため、1分より短くても満足している場合や、長くても不満と感じる場合もあります。

そのため、射精時間に早漏の定義に当てはまらない場合でも、不満と感じればクリニックにご相談ください。

射精までの平均時間

成人男性の平均的な射精までの時間は5~7分と言われています。

以下のアンケートでは、5~10分がもっとも多く、それ以下を合わせると半数以上の男性が10以内に射精している結果となります。

出典: マガジンハウス「anan」誌アンケート(日本人女性1,070人対象)

女性が希望する挿入時間は?

sabra誌によるアンケートで、女性が希望する挿入時間の平均は15.7分という結果があります。

その他、3分以内を希望する方が3%、30分以上を希望する方が14%だったようです。
(小学館「sabra」誌アンケート: 日本人女性1,000人、平均24.7歳)

男性の平均挿入時間と比べると、女性の求める挿入時間に半数の方が達していない結果です。

海外では、性行為の満足度が低いことが離婚や別れの正式な理由となっています。
日本に比べ、ED治療薬や早漏防止薬への関心が多いのも、こういった背景が関係していると考えられます。

早漏のタイプと改善方法

早漏には3つのタイプの原因があります。
それぞれの原因に合う治療法をそれぞれ解説していきます。

心因性早漏

男性の性機能は原始的で本能的なイメージがありますが、実はとても繊細なメカニズムで動いています。
そのため精神的なバランスが崩れることで、早漏になる場合があります。

このタイプの早漏は、精神的なストレスが原因で射精までの時間が早くなる症状です。

多くの場合、過去の性行為においてすぐに射精した経験から、「またすぐに射精してしまうのでは」という考えがストレスとなり、不安や緊張から興奮しやすくなり、早漏の症状が現れます。

心や体がストレスで緊張や不安を感じると、リラックスした状態に多いとされる脳内物質セロトニンが不足すると言われています。

それにより興奮しやすくなり、早漏の症状として現れます。

当院で処方しているダポキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれるセロトニンの作用を増加させる働きがあります。

過敏性早漏

このタイプの早漏は、性的刺激に敏感なため、陰茎などにちょっとした刺激を与えただけで、射精してしまう症状です。

まだ年齢が若く性行為の経験が少ない方や、アスリートなど運動をする時間が長い方、包茎で亀頭への刺激に敏感な方に多く見られます。

通常、性的刺激を受け脳から陰茎へ勃起の反応が伝わりますが、過敏性早漏の場合は陰茎の神経が過敏になり、脳で性的刺激を処理する前に外部から受けた刺激のみで興奮してしまい、射精に至ります。

性行為の経験が増えたり、包茎が改善されることで性的刺激に慣れるようになります。

すぐには難しいという方は、陰茎や亀頭に局部麻酔に使用される成分が配合された「リドスプレー」を使用する方法もあります。

陰茎や亀頭の感度を鈍らせることで、射精までの時間を長くさせます。

衰弱性早漏の場合

このタイプの早漏は、その名の通り筋力の衰えが原因となる早漏です。

男性ホルモンは筋肉の成長に必要不可欠とされますが、加齢により男性ホルモンが減少し筋肉が衰えます。
早漏の場合、加齢が原因で射精管閉鎖筋(精子の出口を塞いでいる筋肉)が衰え、射精をコントロール出来ず射精までの時間が短くなります。

衰弱性早漏の場合、筋肉で精子を押し出す力も減少するため、射精時の快感が低下します。

主に男性ホルモンの分泌が低下してくる40~50代の男性に多く見られます。この年齢の方は勃起時の硬さも低下するため、早漏になりやすい傾向にあります。

改善方法として、早漏防止薬の使用やPC筋と呼ばれる、肛門付近にあるおしっこや射精、勃起時に働く筋肉を鍛えるなどの方法があります。

早漏にはED治療薬も有効

早漏の症状では、勃起の硬さが不十分なため刺激に敏感になりやすく、射精に至る時間が早くなる傾向があります。

つまり、勃起の状態が硬くなれば性的刺激が緩和され、敏感性・衰弱性早漏の場合であれば射精までの時間が伸びると考えられます。

ED治療薬には勃起をサポートする働きがあり、服用することで多くの血液を陰茎に集め勃起を硬くさせます。

そのため、勃起時の陰茎に硬さが足りない方には、感度を低下させるリドカインスプレーとED治療薬の併用をおすすめします。

早漏防止薬のオンライン診療・処方

当院では早漏防止薬のオンライン処方を行っております。
お手元にスマホやタブレットがあれば、どこからでもオンライン診療・処方を受けることができます。

オンライン診療の後、処方される早漏防止薬はご自宅など、ご希望の住所へ配送いたします。

早漏にお悩みの方で、通院が難しい方や遠方にお住まいの方、人との接触をなるべく避けたい方はぜひオンライン診療・処方をご利用ください。

CONTACT