フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

フォシーガのダイエット効果や副作用を解説!本当に痩せるの?

フォシーガ 5/10mg 14,000円~19,000円/30錠 (466~633円/1錠) 診察料無料 オンライン処方 即日発送

フォシーガはダイエット効果が期待できる糖尿病治療薬です。
糖を尿から排泄する働きをもつことから、服用するだけで痩せるとメディカルダイエットの1つとして注目されています。

ただし、「飲むだけで痩せる」というのは、にわかに信じがたいという方もいることでしょう。

そこで、このページではフォシーガのダイエット効果について詳しく解説していきます。
体重減少量や効果的な使用方法も併せて紹介していますので、ダイエットに興味がある方はぜひ確認してみてください。

フィットクリニックではフォシーガ(5mg/10mg)の処方を行っております。

セットプランや定期配送もご用意しており、便利なオンライン診療にも対応しておりますので、診察によりご自身に合ったプランをご選択いただくことが可能です。

フォシーガとは?

フォシーガとは、2014年に日本で承認された糖尿病治療薬です。
有効成分ダパグリフロジンは、余分な糖を尿と一緒に排泄して血糖値の上昇を抑える作用をもつ「SGLT2阻害薬」に分類されます。
現在はメディカルダイエットのお薬としても用いられていますが、一般的には以下の病気の場合に処方されています。

  • 2型糖尿病
  • 1型糖尿病
  • 慢性心不全(標準的な治療を受けている方に限る)
  • 慢性腎臓病(末期腎不全または透析中の方は除く)

フォシーガを服用することで、一定量の糖質を排泄します。
その結果、甘いものや炭水化物などの食事制限や運動しなくとも体重のコントロールが可能となります。
フォシーガのダイエット効果について次項で詳しく確認してみましょう。

本当に痩せる?フォシーガのダイエット効果

フォシーガの糖質を体外へと排泄させる作用により、糖質が中性脂肪になるのを防ぐ効果があります。

糖質制限ダイエットに近い効果と考えるとわかりやすいかもしれません。
体重減少だけでなく、脂肪の付きにくい体質へと変化していきますので、引き締まった身体づくりにも役立てられるでしょう。

具体的なダイエット効果ですが、「5mg」と「10mg」の2つの用量を使った24週間の試験では次のような結果が得られています。

  • 5mg: -2.56kg
  • 10mg: -3.17kg

試験中の食事制限はなく、1ヶ月で-0.5kg前後の体重減少が見られたという報告があります。

1日のカロリー排出量

フォシーガの1日のカロリー排出量は、約200〜500kcalとされています。
ここでイメージしやすいように、運動による消費カロリーと比較してみましょう。

フォシーガの1日のカロリー排出量:約200~500kcal、体重70kgと仮定した場合の1時間の運動消費量の目安、ウォーキング:221~368kcal、ジョギング:515kcal、水泳:426kcal

フォシーガと同等のカロリーを消費するためには、毎日1時間の運動が必要です。
なお、肥満であれば基礎代謝も落ちていると考えられます。
同じように体重を落とすためには、身体への負荷をさらに増やさなければならないでしょう。

ドクター
参考までに1ヶ月間フォシーガを服用した場合で計算すると6,000〜15.000kcalが排出されます。
1時間の運動を1ヶ月間続けることを想像すると、フォシーガが優れたダイエット効果を発揮するお薬であることがわかることでしょう。

フォシーガの効果はいつから感じられる?

フォシーガは、服用したその日から約200〜500kcal分の食事に含まれる糖質をカットしてくれます。
体重を1kg減らすには約7,200kcalの消費が必要です。
そのため、個人差はあるものの体重の変化を実感しはじめるのは、半月〜1ヶ月ほどを目安にしておくと良いでしょう。

ドクター
フォシーガを服用しているからといって食べ過ぎ・飲み過ぎは禁物です。
摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、ダイエットは成功しません。

服用後に何時間効果が継続される?

フォシーガは、1回の服用で効果が24時間持続します。

  • 効き始めるまでの時間(Tmax)
    ⇨ 約1時間
  • 効き目が落ち始める時間(T1/2)
    ⇨ 8〜12時間
  • 効き目がほとんどなくなるまでの時間
    ⇨ 24時間

服用から8〜12時間後を境にゆるやかに効き目は落ちていき、24時間が経過すると効果をほぼ失います。

ドクター
朝に服用すれば夕食時でもフォシーガの効果が持続しています。
服用方法の大切なポイントですので覚えおきましょう!

フォシーガの服用方法

フォシーガの服用方法は、以下の通りです。

  • 1日1回5〜10mgを服用

基本的にいつ服用しても問題はなく、食前・食中・食後のいつでも構いません。
1日3食(朝・昼・晩)であれば、朝に服用しておくとフォシーガの糖質カット効果を最大限に活かすことが可能です。

ドクター
フォシーガはいつ服用しても問題はありませんが、就寝前の服用は控えた方が良いでしょう。
なぜなら、フォシーガは腎臓(近位尿細管)に作用するお薬なので利尿作用があるからです。
就寝前に服用すると夜中にトイレで目が覚める原因となる可能性があるため注意しましょう。

10mgの服用は注意が必要

フォシーガの10mgは、ダイエット目的では使用することは原則ありません。
5mgが基本になり、用量を増やすケースは次に限られています。

  • 1型・2型糖尿病
    ⇨ 5mgで効果が不十分な場合にのみ10mgに増量
  • 慢性心不全・慢性腎臓病
    ⇨ 10mgが治療用量

「用量=効果」と結びつけてしまいがちですが、健康な方が高用量を使うことは副作用のリスクからも推奨されていません。
治療用量については医師が判断するため、ダイエット効果を求めるあまりに自己判断で用量を増やしてしまうことのないようにしましょう。

フォシーガの副作用

フォシーガの副作用

フォシーガの主な副作用は以下の通りです。

  • 5%以上
    性器感染(膣カンジダ症など)
  • 1〜5%未満
    尿路感染(膀胱炎など)、便秘、口やノドの渇き、頻尿、尿量増加、陰部のかゆみ

上記以外でも1%未満で下痢、腹痛、悪心、頭痛、発疹などの副作用が起こる可能性があります。

ドクター
フォシーガを服用すると、尿中の糖分が多くなることで尿路や陰部で微生物が繁殖しやすくなります。
そのため、膀胱炎など尿路感染、膣カンジダ症をはじめとする性器感染といった副作用が起こる可能性があります。
服用中は意識的に陰部を清潔に保つようにしましょう。
感染症については服用2〜3日、あるいは数ヶ月経ってから起こるケースもあります。

フォシーガの重篤な副作用

フォシーガの重篤な副作用は以下の通りです。

  • 低血糖
    ⇨ 手足のふるえ、冷や汗、動悸、疲れやすい、不安感 など
  • 腎盂腎炎 / フルニエ壊疽 / 敗血症
    ⇨ 寒気、発熱、脇腹や背中の痛み、関節痛・筋肉痛、陰部の圧痛・赤み・腫れ・高熱 など
  • 脱水
    ⇨ のごが渇く、めまいがする、疲れやすい、食欲がない など
  • ケアトドーシス
    ⇨ 吐き気や嘔吐、腹痛、激しいのどの渇き、倦怠感、息切れ、意識の低下 など

服用中に上記のような症状があらわれた場合や異変を感じた場合は早急に医師に相談してください。

フォシーガの併用禁忌薬・併用注意薬

フォシーガの併用禁忌薬(併用が禁止されている薬)はありません。
ただし、飲み合わせに注意が必要な併用注意薬があるため、ここで確認しておきましょう。

  • 糖尿病治療薬
    インスリン製剤 / スルホニルウレア剤 / チアゾリジン系薬剤 / ビグアナイド系薬剤 / α-グルコシダーゼ阻害剤 / 速効型インスリン分泌促進剤 / DPP-4阻害剤 / GLP-1受容体作動薬 など
  • 血糖値を下げる作用を強める薬
    β遮断薬 / サリチル酸剤 / モノアミン酸化酵素阻害剤 など
  • 血糖値を下げる作用を弱める薬
    副腎皮質ホルモン / 甲状腺ホルモン / アドレナリン など
  • 利尿薬
    ループ利尿薬 / サイアザイド系利尿薬 など

これらのお薬とフォシーガを併用することで、効果が安定しなくなることや副作用が起こりやすくなる可能性があります。
重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため、服用中のお薬がある場合は診察時に必ず医師に伝えるようにしましょう。

リベルサスやメトホルミンとの併用治療には注意が必要

リベルサスもメトホルミンもフォシーガの併用注意薬に該当するため、併用治療を行う際には必ず医師への相談・確認を行ってください。

低血糖などの副作用が強まる危険性が高まるとされており、独断での併用は危険です。

● リベルサス(GLP-1受容体作動薬)
⇨ インスリンの分泌を促すことで血糖の上昇を抑えるお薬

● メトホルミン(ビグアナイド系薬剤)
⇨ 肝臓で糖質が作られたり、糖が吸収されるのを抑えたりするお薬

以下のページではメディカルダイエットの薬の種類について紹介しています。

他のお薬の効果も知りたいという場合は、以下からご確認ください。

フォシーガの服用が禁止されている方

体質や持病の種類・程度によっては、フォシーガが服用できないケースがあります。
以下に該当する方はフォシーガの服用は禁止されています。

①フォシーガに含まれる成分に対してアレルギーの既往歴がある方
②重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡の方
③重症感染症、手術前後、重い外傷がある方

①に該当する方は、フォシーガを服用することでアレルギー反応を起こす危険性があります。
②と③に該当する方については、輸血やインスリンでの血糖値の改善・管理が適しているとされています。
フォシーガの服用がリスクとならないためにも、持病の有無やアレルギーがあれば医師に事前に伝えるようにしましょう。

フォシーガの服用に注意が必要な方

フォシーガの服用は禁止されていないものの、服用できるかの医師の判断が必要な方もいます。
以下に該当する方は服用前に必ず医師に確認を取りましょう。

  • 脱水を起こしやすい方
    ⇨ フォシーガの利尿作用によって脱水を起こすおそれがある
  • 尿路感染や性器感染がある方
    ⇨ 症状が悪化するおそれがある
  • 低血糖を起こすおそれのある方
    ⇨ 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全を有する方 / 栄養不良状態 / 飢餓状態 / 不規則な食生活 / 食事量の不足や衰弱状態の方 / 激しい筋肉運動を行う方 / アルコールの飲み過ぎ
  • 1型糖尿病を合併する慢性心不全および慢性腎不全の方
    ⇨ 重い副作用であるケトアシドーシスを起こすおそれがある

感染症の悪化や、重い副作用の引き金になることもあるので、フォシーガを服用できるかは医師に判断してもらうようにしましょう。

フォシーガのダイエット効果を高める方法

フォシーガのダイエット効果をさらに高めるための方法は以下の通りです。

  • 生活習慣に運動を加える
  • 食生活の改善

無理な運動や食事制限は必要ありませんが、ほんの少し意識を変えるだけで治療効率向上につながります。
もう少し詳しく確認していきましょう。

生活習慣に運動を加える

生活習慣に運動を取り入れることで、筋肉量が増えて代謝がよくなります。
ここで、運動が苦手という方もいるでしょう。
もちろん、最初から「きつい」と感じてしまうような強度の高い運動をする必要はありません。
日常生活の中で簡単に取り入れられる以下のようなちょっとした運動からはじめてみましょう。

  • ウォーキング
  • 階段を使う
など

わざわざ運動のための時間を設ける必要はなく、日常生活で簡単に行えるもので問題ありません。
身体を動かすことになれてきたら、ウォーキングのペースをあげてみたり、筋トレによる引き締め効果を狙ってみたりするのも1つの方法です。
参考までに糖尿病を改善するために推奨されている運動量を紹介します。

  • 運動強度
    ⇨ 心拍数100〜120/分(50歳未満)・心拍数100/分(50歳以上)
    自分の中で「ややきつい」または「楽である」と感じる程度が目安
  • 頻度
    ⇨ 週3回以上あるいは週150分
  • 1回の運動時間
    ⇨ 20分以上

運動によって糖質と脂肪を効率よく代謝できるようになりますので、フォシーガのダイエット効果をより高めてくれます。

食生活の改善

普段から食べ過ぎてしまっている方は、食生活の改善を図ってみましょう。
以下は改善ポイントの例です。

  • 摂取カロリーを抑える
    ⇨ おかずを1品減らしたり、大盛りから普通盛りに変えてみたりする
  • 栄養バランス
    ⇨ 炭水化物ばかりでなく、色の濃い野菜も混ぜる
  • よく噛んで食べる
    ⇨ 時間をかけることで自然と食事量を抑えやすく、腹持ちも良くなる

こうした食べ方のコツさえ掴んでしまえば、毎回の食事で物足りなさを感じることは少なくなり、体重減少に繋がります。
なにより治療後の体型維持にも役立ちますので、フォシーガの服用中に食生活も改善してみましょう。
以下のページでダイエットに効果的な食事について解説しています。
興味がある方はぜひ確認してみてください。

フィットクリニックのフォシーガ処方

フォシーガ

フィットクリニックではフォシーガ(5mg/10mg)の処方を行っております。

また、フォシーガとのセットやまとめ買い、定期配送といった割引サービスも用意しております。

詳しい料金は以下で紹介します。

フォシーガの料金

・フォシーガを初めて服用する方(初診限定)
5mg(30錠)のみ

フォシーガ 5mg
価格 14,000円
7,200円
送料 385円
合計 7,585円

通常価格は以下になります。

  フォシーガ 5mg 5mg フォシーガ 10mg 10mg
30錠 14,000円 19,000円
90錠
(10%割引)
37,800円(12,600円/月) 51,300円(17,100円/月)
180錠
15%割引
71,400円(11,900円/月) 96,900円(16,150円/月)
定期配送
(10%割引)
12,600円/30錠 17,100円/30錠

90錠まとめ買いや定期配送で10%、180錠なら15%割引となります。

また、さまざまなセットプランもご用意しております。

●セットプラン

プラン名 価格 / 月 定期配送 / 月
短期痩身プラン(注射)
(サクセンダ+フォシーガ)
29,800~99,150円 28,810~65,780円
短期痩身プラン(経口薬)
(リベルサス+フォシーガ)
17,200~38,000円 17,200~35,700円

セットプランでは単品よりも安く処方することが可能です。

お支払方法は銀行振込、クレジットカード、代金引換をご選択いただけます。

また、当院はオンライン診療にも対応しております。

処方には診察が必要となるため、薬を希望する場合は以下のボタンから希望日時をご予約ください。

WEB・LINE予約ではカレンダーからご希望のお日にちをお選びいただけます。

フォシーガのよくある質問

Q1
フォシーガを服用すれば確実に痩せるの?
A1
フォシーガの有効性は臨床試験などでも確認されていますが、効果の現れかたには個人差があります。
そのため、確実に痩せるとは言い切れません。
なお、服用中だからといって明らかな食べ過ぎは効果を半減させてしまいます。
フォシーガの服用を機に1日の食事量もコントロールしてみるとダイエット効果を実感しやすくなります。
Q2
フォシーガの1ヶ月の費用はどれ位?
A2
ダイエット目的でのフォシーガの処方は基本的に自由診療となるため、処方するクリニックごとで価格が異なります。
1ヶ月分の処方価格は、15,000円~20,000円前後が大体の目安になります。
Q3
フォシーガは長期投与が可能?
A3
フォシーガは、長期投与試験によって安全性が確認されているお薬です。
服用を続けても安定した血糖コントロールが得られるので、目標体重を達成するまで医師の指導の下、服用を続けてみてください。
Q4
フォシーガは通販で購入できる?
A4
フォシーガは、海外通販(個人輸入による通販)を利用することで医師を通さずに購入できてしまいます。
しかし、安全性や品質については保証されていないため危険性が高いため注意しましょう。
また、医薬品である以上、副作用や併用注意薬といった注意点があります。
診察を受けずに服用するのは非常に危険な行為であることを理解しましょう。

一方、国内クリニックの「オンライン処方」を利用すると、安全な医薬品を郵送処方で受け取ることができます。
国内発送のため海外通販よりはるかに短い期間で受け取ることができるのもメリットです。
CONTACT