フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

メディカルダイエットとは?効果やメリット・デメリットをご紹介!

メディカルダイエットとは?効果やメリット・デメリットをご紹介!

ダイエットを始めても思うように体重が減っていかず、お腹周りの余った贅肉をみて心が折れてしまう方もいるでしょう。

すぐに結果が出ず、無理をすれば身体の負担になり、体型にあったちょうど良いダイエット方法を探すのは簡単ではありません。

ただそんな悩みも、メディカルダイエット(医療ダイエット)なら解消できます。

痩せる薬など医学的なアプローチによって体脂肪や体重を落とせるので、健康的に楽に痩せられる方法として人気です。

ドクター
このページではメディカルダイエット(医療ダイエット)の効果や、メリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきます。

また、当院で行っているメディカルダイエットについては下記で説明していますので興味のある方はご確認ください。

メディカルダイエット
(医療ダイエット)とは

メディカルダイエットとは?医療機関で医師のサポートを受けながら行うダイエットのこと

メディカルダイエットとは、医療機関で医師のサポートを受けながら行うダイエットです。

体脂肪を減らしたり、痩せやすい身体づくりによって、ハードなトレーニングや食事制限をしなくても健康的に理想のボディラインを手にできます。

よく知られるものとしては脂肪吸引があげられますが、身体に負担のある手術を受けなくとも、手軽かつ短期間で効果を期待できる治療方法が増えてきています。

「いつまでに」「どうなりたいか」によって、さまざまな治療方法から選択でき、一般的なダイエットに必要とされる我慢や忍耐力もいらないストレスフリーな点も魅力です。

ドクター
「これまでダイエットに挑戦してきたけどうまくいかなかった。」
「ダイエットに興味はあるけど、食事制限や運動はしたくない。」
という方にメディカルダイエットはぴったりです。

メディカルダイエットの効果とは

メディカルダイエットの効果とは

メディカルダイエットによって期待できる効果は治療ごとに異なりますが、メインは抑制効果となっています。

■メディカルダイエットの効果
  • 食欲を抑える
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 血糖値の上昇を抑える
    (脂肪を溜め込みにくくさせる)
  • コレステロールの吸収を抑える
  • 糖質の吸収を抑える
  • 脂肪細胞を壊す

こうした効果によって脂肪がつきにくい身体へと変化していき、体重コントロールが簡単になります。

さらに医療機器などを使った施術であれば、二重あご、下腹部、二の腕、脚など、ピンポイントでアプローチして部分痩せを狙うことも可能です。

メディカルダイエットを続けることで、治療後に太りにくくなる効果も期待できるので、リバウンド予防にも最適となっています。

メディカルダイエットのメリットとは?

メディカルダイエットのメリット

メディカルダイエットのメリットは、頑張りと痩せることがイコールではないことです。

メディカルダイエットは続けているだけで身体の中が痩せやすい体質に自然と変化していき、治療方法によってはわかりやすい効果がすぐに出るので挫折もありません。

そのため毎日カロリー制限に追われるようなライフスタイルを送る必要がなくなります。

その他にもメディカルダイエットのメリットはいくつかあるので、簡単に見ていきましょう。

過度な食事制限をせず瘦せられる

ダイエットをする上で切り離せないのが、食事制限です。

単純に「1日の消費カロリー>摂取カロリー」を続けていれば痩せてはいきますが、脂質や糖質について考えなければ体脂肪までは落ちてくれません。

メディカルダイエットであれば、過度な食事制限をする必要もなく、食べながらでもダイエットできます

<食事制限を緩和する薬>
  • 食欲抑制剤
  • 脂肪吸収阻害剤

メディカルダイエットには、食欲を抑制したり、脂肪の吸収を阻害する薬があります。

ただし食べられるといっても、暴飲暴食はNGです。

治療と合わせて食事内容も少しだけヘルシーにすると、効果実感までのスピードがより早まることは覚えておきたいところです。

ドクター
「食べることが好き」という方や会食・付き合いが多い方にとって、食事制限がストレスにならないのはメディカルダイエットの大きなメリットと言えます。

無理な運動をせず痩せられる

メディカルダイエットは脂質や糖質の吸収を抑えられるので、無理に運動やトレーニングによって消費しなくともサイズダウンできるメリットがあります。

<脂質や糖質の吸収を抑える薬>
  • 糖質吸収抑制剤
  • 脂肪吸収阻害剤

適度な運動は健康的ですが、いざダイエットとなると運動のキツさと体重減少が見合っていないため三日坊主になりがちです。

ちなみに1kg減らすのに必要なカロリーを計算すると、次のようになります。

■1kg減らすのに必要なカロリー

9kcal × 1,000g × 80% = 7,200kcal

1ヶ月で1kg痩せるためには7,200kcalを燃焼させなければならず、1時間のジョギングで減っても500kcalほどです。

これを目標消費カロリーまで毎日続けるのは、肉体的にも精神的にもきついはずです。

メディカルダイエットなら身体を追い込む必要がないので、運動が苦手な方にもおすすめです。

継続しやすくリバウンドしにくい

ダイエットに意気込んでしまうと、その反動でリバウンドしてしまうこともしばしばあります。

メディカルダイエットは厳しい食事制限や、ハードワークを必要としないので、反動による体重の揺り戻し(リバウンド)が起きにくいです。

それに加えて肥満の原因をブロック、あるいは脂肪を除去する治療もあるので、リバウンドの可能性を下げられるメリットもあります。

またダイエット前と治療中の食生活のギャップも、ほとんどありません。

目標体重や理想のボディラインになるまで治療を続けるだけなので、メディカルダイエットは継続しやすいといえます。

減量による老け込みや肌荒れを防止できる

自己流の減量は老け込みや肌荒れが起こることがあります。

メディカルダイエットでは、一定の食事コントロールは必要なものの、「〇〇抜き」のような減量は行いません。

特に効果の出やすい糖質抜きには落とし穴があり、糖質をエネルギーにする機能が落ちてしまい、肌の健康が保てなくなることで老けこみの原因にもなります。

また糖質を減らすためにタンパク質多めのヘルシーな食事内容にすると、腸内環境が悪くなることで肌荒れを起こしやすくなります。

他にも減量を自己流で行ってしまうと、以下の問題があります。

■自己流での減量の弊害
  • 筋肉量の減ったたるんだ身体になる
  • リバウンド

体重は落ちても引き締まった身体をキープできず、体重がダイエット前にくらべ増えてしまうこともあります。

こうしたリスクの心配がないのも、メディカルダイエットのメリットの1つと言えます。

メディカルダイエットのデメリットとは?

メディカルダイエットのデメリット

メディカルダイエットは従来のダイエットのイメージにあるような、つらい、しんどい、続けられないといったことがありません。

しかし理想のボディメイクを医療の力で実現できる一方で、治療によるデメリットも少なからずあります。

メディカルダイエットのデメリットについて、詳しくみていきましょう。

副作用が出る場合がある

メディカルダイエットで用いる薬で起こりやすい副作用は以下の通りです。

■メディカルダイエットで用いる薬の副作用
  • 口やノドの渇き
  • 便秘
  • 胃の不快感
  • 胃や腸が張る
  • 放屁
  • 脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の不足
  • 消化不良
  • 便意のコントロールが難しくなる
  • 排便回数の増加

症状によっては、効き目のサインになっていることもあります。

特に便意のコントロールが難しくなるのは、身体に吸収されなかった油や脂質が排泄されるために起こります。

こうした症状には個人差もあり、ほとんどの場合、治療を続けていくことで軽快していくので大きな心配の必要はありません。

薬を使う以上は効果と副作用は表裏一体なので、治療中に副作用が出る可能性があることは覚えておきましょう。

ドクター
例えば、GLP-1の副作用で多いのは「吐き気」です。
気持ち悪いと感じた場合、クリニックで吐き気止めをもらうと良いでしょう。
またミント系タブレットなど清涼感があるものを口にするのもおすすめです。
しかし、症状が強い場合は使用を中止して担当医に相談しましょう。

施術内容によってはダウンタイムがある

ダウンタイムとは、施術後に日常生活に戻れるまでの期間をいいます。

施術内容や治療部位によっても期間は大きく変わり、数日から数週間かかることもあります。

その中でも手術によって皮下脂肪を取り除く脂肪吸引では、長いダウンタイムを見ておく必要があります。

またダウンタイムで起こる症状には、次のようなものがあります。

■ダウンタイムで起こる症状
  • 腫れ
  • 内出血
  • 痛み
  • 肌の赤みや凹凸

こうした症状と一定期間過ごさなければならない方もいるので、日常生活での不自由も含めて施術を選ぶようにしてみてください。

ドクター
本格的な脂肪吸引手術では、術後しばらくは日常生活を送ることが難しくなります。そのため、必要に応じて仕事や家事を休み、十分な休息を取ることが必要でしょう。

メディカルダイエットの種類

メディカルダイエットの種類

メディカルダイエットは、大きく4つの種類に分けられます。

■メディカルダイエットの種類

それぞれダイエットへのアプローチ方法も異なり、自宅で続けられるものから、通院が必要になるものまでさまざまです。

1つずつ簡単に治療内容を解説していくので、ご自身の悩みにあった最適な治療を受けるための参考にしてみてください。

内服薬・サプリメントによるダイエット

内服薬・サプリによるダイエットでは、治療目的ごとに薬が使い分けられます。

■GLP-1受容体作動薬

⇒ リベルサス など

■糖質吸収抑制剤

⇒ フォシーガ、アカルボース など

■脂肪吸収阻害剤

⇒ オルリファスト(ゼニカル)、コレバイン、ゼチーア など

■食欲抑制剤

⇒ サノレックス など

■ダイエットサプリ

⇒ BBX、カーブトリム など

■漢方

⇒ 防風通聖散、防已黄耆湯、大紫胡湯、桂枝茯苓丸 など

一般的な薬と同じように、決められた量の服用を続けることで次第に体脂肪や体重の減少効果が得られます。

フィットクリニックでは内服薬については、GLP-1受容体作動薬のリベルサス、糖質吸収抑制剤のフォシーガ、脂肪吸収阻害剤のオルリファストを処方しています。

サプリメントや漢方については、BBXサプリと防風通聖散を処方しています。

注射によるダイエット

注射によるダイエットは、脂肪に直接アプローチしたり、ホルモンに作用して食欲を抑えてくれるものがあります。

  • 脂肪溶解注射

脂肪細胞を溶かし、体外に排泄することでダイエット効果が期待できる注射剤です。

手術による脂肪吸引と違って身体に傷をつけず、一般的なダイエットでは難しいとされる、腹部や二の腕、太ももなどの部分痩せにも効果的となっています。

  • GLP-1

GLP-1は自己注射によるダイエット方法で、食欲を抑えるホルモンを増やすことで食事の摂取量を減らせます。

メディカルダイエットの中でもシンプルなダイエット方法といえ、注射剤にもいくつかの種類があります。

■注射剤の種類
  • オゼンピック
  • サクセンダ(ビクトーザ)
  • トルリシティ

食事制限によるストレスがほとんどないため、食べながら痩せたい方や、有酸素運動にプラスαで取り入れるとダイエット効果をより実感しやすいです。

フィットクリニックでの注射剤については、GLP-1であるサクセンダを処方しています。

点滴によるダイエット

年齢に伴って少しずつ減少していく基礎代謝をUPさせることで、痩せやすい身体づくりができるのがダイエット点滴です。

点滴の成分となるのが、以下の通りです。

■ダイエット点滴の成分
  • α-リポ酸
    ⇒ 新陳代謝を高め、体脂肪の増加を防ぐ働きがある
  • L-カルニチン
    ⇒ 脂肪をエネルギーに換えるのをサポートし、新陳代謝も高める働きがある

またダイエット中の栄養不足を防ぐために、各種ビタミンなどを配合し点滴するクリニックもあります。

ダイエット点滴はメディカルダイエットの中でも、健康的なボディメイクをサポートする治療というイメージが強いです。

身体を鍛えるワークアウトとの相性が良い治療となり、脂肪がつきにくい身体へと変化させたい方におすすめです。

医療痩身マシンによるダイエット

医療痩身マシンは、脂肪細胞を冷却あるいは加熱することで脂肪細胞を破壊し、老廃物として体外に排泄するダイエット方法です。

■医療痩身マシンの種類
  • クールスカルプティング(冷却)
  • トゥルースカルプiD(燃焼)
  • スカルプシュア(レーザー) など

ピンポイントでの施術が可能なので、気になっている箇所の部分痩せや、セルライトにも効果的です。

また医療用EMSといって、高周波の電気を流すことでインナーマッスルの刺激によって引き締め効果を狙うマシン(イントラシュアなど)もあります。

脂肪の状態や筋肉の付き方によって適切な医療痩身マシンは変わってくるので、医師と相談しながら選んでみてください。

メディカルダイエットの費用は高い?フィットクリニックの価格

メディカルダイエットの費用は高い?フィットクリニックの価格

ここまでメディカルダイエットについて解説しましたが、実際にメディカルダイエットではどのくらい費用がかかるのか気になる方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、フィットクリニックではメディカルダイエットの薬を処方しているのでご紹介します。

フィットクリニックではご来院しての診察も可能ですが、スマホ1つで受診ができるオンライン診療が便利です。

オンライン診療の
支払方法
銀行振込、クレジットカード、代金引換
送料 1万円以上無料
※1万円以下の場合385円(※1)

(※1)防風通聖散エキス顆粒7.5gはヤマト運輸の通常便での発送となります。地域によって送料が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

フィットクリニックでは、以下のように豊富な種類のダイエット薬をご用意しています。

フィットクリニックのメディカルダイエット一覧

タイプ 取り扱い一覧
内服タイプ リベルサスフォシーガオルリファスト
注射タイプ サクセンダ
漢方 防風通聖散エキス顆粒7.5g
サプリメント BBXサプリ
ドクター
どれを使用すればいいか迷われた方は、「リベルサス」または「サクセンダ」をフィットクリニックでは推奨しています。
患者様がメディカルダイエットを始めやすい&続けやすいように、初回割引やまとめ買い割引があり、お手に取りやすい価格となっています。

リベルサスの価格

リベルサス
ドクター
フィットクリニックではリベルサス3・7・14mgを取り扱っています。
リベルサスを初めて服用する方・服用したことがある方それぞれで異なる割引プランをご用意しています。

・リベルサスを初めて服用する方
診察時に2回目の予約を確定いただくと割引価格で処方が可能

リベルサス3mg
(30錠)
8,000円
7,200円

・リベルサスを服用したことがある方
1ヶ月あたり最大10%割引のまとめ買いが可能

  3mg 7mg 14mg
30錠 8,000円 15,800円 23,000円
90錠
(5%割引)
22,800円(7,600円/月) 45,000円(15,000円/月) 65,500円(21,850円/月)
180錠
10%割引
43,200円(7,200円/月) 85,200円(14,200円/月) 124,200円(20,700円/月)
定期配送
(5%割引)
7,985円/30錠 15,000円/30錠 21,850円/30錠

その他、単品ではなくセットの処方もご用意しています。

プラン名 価格 / 月 定期配送 / 月
短期痩身プラン(経口薬)
(リベルサス+フォシーガ)
17,200~38,000円 17,200~35,700円
脂質阻害プラン(経口薬)
(リベルサス+オルリファスト)
11,200~29,000円 11,200~26,700円
リバウンド抑制プラン(経口薬)
(リベルサス+漢方)
11,400~27,200円 11,400~24,900円

フィットクリニックにて診察後の処方となるため、以下のボタンからご希望の診察日時のご予約をお願いいたします。

フォシーガの価格

フォシーガ

フィットクリニックではフォシーガの5mgと10mgを取り扱っています。

フォシーガを初めて服用する方・服用したことがある方それぞれで異なる割引プランをご用意しています。

・フォシーガを初めて服用する方
診察時に2回目の予約を確定いただくと割引価格で処方が可能

フォシーガ5mg
(30錠)
14,000円
7,200円

・フォシーガを服用したことがある方
1ヶ月あたりが可能最大15%割引のまとめ買いが可能

  5mg 10mg
30錠 14,000円 19,000円
90錠
(10%割引)
37,800円(12,600円/月) 51,300円(17,100円/月)
180錠
15%割引
71,400円(11,900円/月) 96,900円(16,150円/月)
定期配送
(10%割引)
12,600円/30錠 17,100円/30錠

フィットクリニックにて診察後の処方となるため、以下のボタンからご希望の診察日時のご予約をお願いいたします。

オルリファスト(ゼニカルジェネリック)の価格

オルリファスト

フィットクリニックではオルリファスト60mgと120mgを取り扱っています。

  60mg 120mg
42錠 5,800円 7,800円
126錠
(10%割引)
15,660円(5,605円/42錠) 21,060円(7,405円/42錠)
252錠
15%割引
29,580円(4,930円/42錠) 39,780円(6,630円/42錠)
定期配送
(10%割引)
5,605円/42錠 7,405円/42錠

※オルリファストは基本1日1錠ですが、脂質を多く摂った日は2錠服用可能です

フィットクリニックにて診察後の処方となるため、以下のボタンからご希望の診察日時のご予約をお願いいたします。

BBXサプリと防風通聖散の価格

BBXサプリ

フィットクリニックでは、BBXサプリと、漢方である防風通聖散エキス顆粒7.5gを取り扱っています。

BBXサプリの価格は以下の通りです。

  BBXサプリ
30錠 8,000円
90錠
(10%割引)
21,600円(7,585円/30錠)
180錠
15%割引
40,800円(6,800円/30錠)
定期配送
(10%割引)
7,585円/30錠

漢方である防風通聖散の価格は以下の通りです。

  漢方(防風通聖散)
90包 5,800円
270包
(10%割引)
15,660円(5,605円/90包)
540包
15%割引
29,580円(4,930円/90包)
定期配送
(10%割引)
5,605円/90包

フィットクリニックにて診察後の処方となるため、以下のボタンからご希望の診察日時のご予約をお願いいたします。

サクセンダの価格

サクセンダ
ドクター
フィットクリニックではサクセンダを取り扱っています。
サクセンダを初めて服用する方・服用したことがある方それぞれで異なる割引プランをご用意しています。

・サクセンダを初めて使用する方
診察時に2回目の予約を確定いただくと割引価格で処方が可能

サクセンダ 19,800円
16,800円

・サクセンダを使用したことがある方
1本あたり最大15%割引のまとめ買いが可能

  価格 定期配送
1本 19,800円 18,810円
2本
(5%割引)
37,620円(18,810円/1本) 35,740円(17,870円/1本)
3本
(10%割引)
53,460円(17,820円/1本) 50,780円(16,929円/1本)
5本
15%割引
84,150円(16,830円/1本) なし

その他、単品ではなくセットの処方もご用意しており、通常の価格よりもお安くなっています。

プラン名 価格 / 月 定期配送 / 月
短期痩身プラン(注射)
(サクセンダ+フォシーガ)
29,800~99,150円 28,810~65,780円
脂質阻害プラン(注射)
(サクセンダ+オルリファスト)
23,800~90,150円 22,810~56,780円
リバウンド抑制プラン(注射)
(サクセンダ+漢方)
24,000~88,350円 23,010~54,980円

※セットの処方で通常よりお安くなっています。

フィットクリニックにて診察後の処方となるため、以下のボタンからご希望の診察日時のご予約をお願いいたします。

メディカルダイエットで失敗しないための注意点

メディカルダイエットで失敗しないための注意点

メディカルダイエットは国内外の医学根拠に基づいた安全性の高い治療ですが、リスクがゼロではありません。

健康を維持しながらスリムアップを目指すためにも、メディカルダイエットにおける注意点をいくつか解説していきます。

■メディカルダイエットで失敗しないための注意点

必ず医師の診断を受ける

ダイエット薬は健康状態や体質、服用中の薬などから、使用ができない方もいます。

誰でもメディカルダイエットを受けられる訳ではないので、医師の診断は必ず受けるようにしてください。

またダイエット効果の説明だけでなく、起こりうる副作用やデメリットの部分についてもきちんと説明してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

ドクター
あなたにぴったりの薬の処方を受けるためにも、メディカルダイエットを始める場合は必ず医師の診断を受けましょう。

海外通販(個人輸入)は控える

ダイエット薬は、海外通販(個人輸入)でも購入できてしまいます。

わざわざクリニックに受診する必要もなく、なにより価格が安いので、つい手を出してしまいがちです。

しかし、海外通販(個人輸入)にはリスクがあり、利用はおすすめできません

海外通販(個人輸入)の代表的なリスクは以下の通りです。

■海外通販(個人輸入)の代表的なリスク
  • 正規品を装った偽物
  • 品質に問題がある粗悪品
  • 類似薬をダイエット効果があるように宣伝している

効果がないばかりか、本来の使用方法から外れているケースもあり、服用したことで何が起こるか予測できないものも多いです。

また海外通販で購入したダイエット薬やサプリを使ったために、重い副作用である低血糖や黄疸を起こしたり、死亡してしまったケースもあります。

海外通販(個人輸入)での購入は、お金を払って健康被害を買っていると言え、安全の保証は無いに等しいので絶対に購入しないようにしてください。

ドクター
痩せる薬やサプリメントとしてSNSなどで紹介されている市販品も購入は控えましょう。
理由は、市販品は効果が低いことに加え、組み合わせによっては思わぬトラブルを引き起こす恐れがあるためです。

必ず用法・用量を守る

ダイエットしたい気持ちが強いあまりにダイエット薬の用法・用量を守らないと、薬は身体にとって毒にもなりえます。

仮にダイエット薬の用量を2倍にしたり、1日1回の服用を2回にしても、効果が2倍になることはありません。

逆に必要以上に薬が効きすぎてしまい、体調を崩したり、想定外の副作用に見舞われることもあります。

効果と副作用のバランスを考慮して用法・用量は決められているので、必ず服薬指導通りの用法・用量で使用するようにしてください。

また使用中に体調の異変を感じることがあれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。

ドクター
自己判断で薬の服用量を増やすと副作用のリスクが高まるため、必ず用法・用量を守るようにしてください。

メディカルダイエットがおすすめな方

メディカルダイエットがおすすめな方

メディカルダイエットがおすすめな方のチェックリストをご用意しました。

以下に一つでも当てはまる方はメディカルダイエットがおすすめです。

メディカルダイエットがオススメな方
早く効果が欲しい
リバウンドしたくない
とにかく楽に痩せたい
食事制限ができない
運動が苦手
部分痩せしたい

基本的に、ダイエットで必須となる食事制限と運動が苦手な人にはメディカルダイエットが向いています。

さらに女性に限っていえば、胸のサイズを維持したまま部分痩せもできるので理想のボディラインを目指せます。

自力でのダイエットには限界もあり、さまざまな方法がある中でご自身にあったものを選ぶのは難しいです。

自己流になってしまえば、体重の停滞期や精神的なキツさがダイエット継続の壁になり、挫折やリバウンドしてしまうことも珍しくありません。

無理なく続けられるのもメディカルダイエットの良さなので、すでにダイエット中の人でも目標達成をスムーズにするために、メディカルダイエットを取り入れてみると良いでしょう。

フィットクリニックでは、ダイエット薬を処方しているので、「メディカルダイエットに挑戦してみたい!」という方は、お気軽にご予約をお願いいたします。

メディカルダイエットに関するよくある質問

Q1
メディカルダイエットは安全ですか?
A1
メディカルダイエットの薬の中には海外製もありますが、安全性に問題がないと確認されているもののみが処方されています。
また薬には副作用があるので、症状を起こしにくくするためにも、医師の服薬指導通りの使用が求められます。
副作用が出ることがあるため100%安全とは言い切れませんが、事前の診察からリスクも判断できるので医師に相談するようにしましょう。
Q2
メディカルダイエットは保険適用されますか?
A2
メディカルダイエットの目的は「見た目をきれいにすること」になるので、健康保険は適用されません。
ただし例外として、次の3つすべてに当てはまれば、肥満外来などで保険適用による治療が受けられます。
  • BMI35以上
  • 糖尿病、高血圧、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群のいずれかの病気
  • 半年以上の内科治療で効果がない
Q3
メディカルダイエットが受けられない人はいますか?
A3
メディカルダイエットが受けられない人は以下の通りです。
  • 薬剤に対してアレルギーがある人
  • 18歳未満の人
  • 妊娠中や授乳中の人
  • 持病や病歴から医師が適応外と判断した人
  • 併用できない薬を服用中の人
年齢や持病、使用中の薬との相性などから、メディカルダイエットに用いる薬が安全に使用できない方もいます。
薬の種類もさまざまなので、医師の診察を受けて判断してもらうようにしましょう。
Q4
メディカルダイエットの効果はいつから現れますか?
A4
治療の種類にもよりますが、早ければ1~2週間ほどで効果が現れはじめます。 また脂肪吸引のような手術は即効性がありますが、ダウンタイムがあります。 そのため腫れなどが引いてから効果を実感するまでには、1ヶ月前後を目安にしてみてください。
Q5
海外通販(個人輸入)での購入はやめたほうがいいですか?
A5
海外通販(個人輸入)からダイエット薬を購入するのは控えるようにしましょう。 偽物や粗悪品などもあり、もし本物であったとしても使い方を誤れば、低血糖など命に関わる重い副作用を引き起こしかねません。 非常に危険なため、必ず医師の処方を受けるようにしてください。

まとめ:メディカルダイエットで理想のボディへ

まとめ:メディカルダイエットで理想のボディへ

メディカルダイエットといっても、薬や施術などさまざまな方法があり、肥満度や健康状態、目標達成までの期間によってもマッチする方法は人それぞれです。

また効果と副作用のバランスについても考えなければならないので、必ず医師と相談の上で決めるようにしましょう。

今までどんなダイエットも成功しなかった方でも、メディカルダイエットなら最短で理想のボディを目指せます。

「美味しいものを食べたい、運動はしたくない、でも痩せたい!」というのは矛盾していますが医療の力なら実現も可能です。

フィットクリニックでは、豊富なダイエット薬を処方しています。

スマホがあれば通院せずに処方を受けられるオンライン診療を行っているので、無理なくコンプレックスを解消できる手段として、メディカルダイエットの活用を検討してみてください。

CONTACT