フィットクリニック
clear
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて

【医師監修】EDの治し方と原因について解説

EDの治し方と原因について

こちらのページでは以上について解説しています。

EDの原因には、ストレスなどの心の問題、血管や神経の問題、複数の原因が絡む場合、薬の副作用などがあります。

EDの治し方や改善方法も、原因によりそれぞれ適したアプローチがあります。

その他、ED治療薬がメインとなる治療の理由についても解説しています。

現在、薄毛にお悩みの方は是非フィットクリニックにご相談ください。

EDの原因

EDの原因は大きく分けて、以下の4つに分類されます。

心因性ED
心理的、精神的なストレスが原因で起こるED。
年齢の若い方でも症状が出る場合がある。
20~40代に多い
器質性ED
動脈硬化や神経の損傷などが原因のED。
肥満や糖尿病や高血圧などの疾患が現れる年代に多く見られる。
50代に多い
混合性ED
器質性EDと心因性EDが密接に関わったED。
高齢になると現れやすく、原因が複数のため、治療が困難な場合がある。
50~60代に多い
薬剤性ED
特定の薬剤の服用で起こるED。
薬剤の使い方など指導を受ける必要がある。
年齢に関係無し

それぞれの原因について以下で詳しく解説しています。

ご自身のEDの状態を確認したい方はセルフチェックをお試しください。

心因性ED

心因性ED ストレス 人間関係 プレッシャー

心因性EDは、体の機能には問題が無くても精神的・心理的な問題が原因となるEDです。

男性の勃起は本能によるものというイメージがありますが、実はとても繊細なものです。

男性は強いストレスを受けると、神経の伝達に支障をきたし、性的刺激がうまく陰茎に伝わりません。

それが心因性EDの症状です。

20~30代の若い年齢層のEDの多くは、心因性EDが原因です。

心の障害=心因には「現実心因」と「深層心因」の2種類があります。

現実心因
  • 仕事や経済的不安・EDなどのストレス
  • 人間関係
  • 妊活でのプレッシャー
  • 経験不足による焦り・緊張
  • コンプレックス など
深層心因
  • 性行為への不安や嫌悪感
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • 幼少期のトラウマ など

その他、うつ病や統合失調症、不安症、アルコール依存症などの精神疾患も心因性EDの原因となる場合があります。

1つの指標として、朝勃ちやマスターベーションは問題なく行えるが、性行為ができない場合、心因性EDが懸念されます。

器質性ED

器質性ED 血管の障害 神経の障害 男性機能低下

器質性EDとは、血管、神経、内分泌環境など身体の障害が原因で物理的に勃起できなくなるEDです。

主に器質性EDは以下が原因で起こります。

血管の障害
  • 加齢による動脈硬化(血管の老化)
  • 生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、高血圧など)
  • 外科手術や事故で血管が損傷(交通事故や前立腺肥大の手術など)

勃起(勃起の維持)には、陰茎へ多くの血流を必要とするため、加齢や血流が悪化する疾患はEDの原因となります。
陰茎内の海綿体の動脈は体の中でも最も細く、動脈硬化による変化の影響を受けやすい傾向にあります。

神経の障害
  • 神経障害(てんかん、脳卒中、パーキンソン病、多発性硬化症など)

性的刺激を陰茎に伝達する神経に障害がある場合も、勃起の妨げとなります。
事故や手術、パーキンソン病などが原因で神経障害となり、EDの原因になる場合もあります。

その他
  • 内分泌系の機能低下(テストステロン減少など)

加齢や運動不足が原因で男性ホルモンのテストステロンなど内分泌系の減少も起こるようになります。

テストステロンは筋肉や骨・体格などの「男性らしさ」の構成に必要なホルモンです。
減少すると性欲が起こりにくくなり、結果的にEDの原因となります。

混合性ED

混合性ED=器質性+心因性

混合性EDとは、器質性EDと心因性EDが複合したEDです。

EDの原因が1つとは限らず、多くのED患者の方は複数の原因によりEDの症状が表れていると考えられています。

そのため、原因が特定しにくく改善にも時間がかかる場合があります。

例を挙げると、

  • 加齢による動脈硬化や高血圧などの血管の障害
  • 仕事で役職や立場が変わり責任が重くなる
  • 介護や子供の自立など、家庭やプライベートでのストレスなどが重なる

同じ時期にこれらが重なることで混合性EDになる場合があります。

薬剤性ED

薬剤性ED 抗うつ薬 降圧剤 向精神薬

薬剤性EDは、服用している医薬品の副作用が原因のEDです。
うつ病などの精神疾患の治療薬は、脳の神経伝達に影響するため、副作用でEDの症状が現れる場合があります。

以下は薬剤性EDになる可能性がある医薬品の例です。

  • 精神安定剤
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬
  • 向精神薬
  • 降圧剤
  • 男性ホルモン抑制剤
  • ステロイドなどアレルギー用剤 など

EDの原因の多くが、心の問題や加齢などの男性機能の低下と勘違いされる事が多く、上記以外にも服用している薬が原因でEDになる場合もあるので、自己判断は避け専門の医師にご相談ください。

※例に挙げた薬を服用している場合、全ての方に副作用であるEDの症状が現れるものではありません。

EDの治し方(治療法)

EDの原因はそれぞれ以下の治し方を行います。

心因性EDの治し方

  • ストレスを軽減させる
  • パートナーにも理解してもらう
  • 心理カウンセリング

心因性EDの改善には、不安や緊張を取り除きリラックスできる状態が必要です。

強いストレスを抱えたままにしておくと、EDの症状となって現れそれがまたストレスとなる、まさに悪循環となり改善が困難になります。

パートナーには伝えにくい事ですが、理解があれば不安が消え自信の回復など症状改善のプラスとなります。

それでも改善が見られない場合は、専門医に相談しましょう。

ED治療薬を服用し実際に勃起ができれば自信となり、成功体験を繰り返すことで性行為に対する不安やプレッシャーを軽減できます。

精神的な原因が深刻な場合、専門の心理カウンセリングを行い、原因を特定する必要があります。

器質性EDの治し方

  • 原因となる疾患の治療
  • 生活習慣の改善
  • 血管再生治療

器質性EDの改善には、原因となる疾患の治療や生活習慣の改善が必要です。

ただし、それらの根本治療には時間がかかるため、ED治療薬を併用します。

ED治療薬の服用により何度か勃起をすることで、血液の流入が繰り返えされ徐々に血流量が増え、ED症状の改善につながります。

体質や疾患により、ED治療薬が使えない場合は血管再生治療などの施術を選択します。

混合性EDの治し方

  • 複数あるEDの原因の治療
  • なるべく早く治療・改善を行う

混合性EDの改善には、器質性EDや心因性EDなど複数ある原因の治療を行います。

生活習慣病の罹患が強いストレスとなりEDを発症する場合もあるので、自信を付けるためにもED治療薬をご使用ください。

特に高齢の方の場合、混合性EDになりやすく複数の原因により改善も困難になります。

もし少しでも不調を感じたら、なるべく早期に治療・改善を行いましょう。

薬剤性EDの治し方

  • 薬の変更や減薬

薬剤性EDの改善には、EDの副作用の無い薬に変更してもらう、または減薬や休薬日を設けるなどの対処により改善される可能性があります。

その際は、自己判断はせず専門の医師に必ずご相談ください。

持病のため薬の服用は必要ですが、人生において生活の質(QOL)が低下していると感じる方は、我慢せずにED治療を選択してみましょう。

診断により可能であればED治療薬との併用も相談してください。

ED治療薬が改善の近道

上記のように、ED治療薬はさまざまなタイプのEDに効果が見られます。

ED治療薬は、服用するだけで陰茎への血流を増加させ、勃起をしやすい状態にすることでEDを改善します。

服用後に効果がすぐ現れ、今現在EDにお悩みの方でも満足のいく性行為を行えます。

服用の方法やタイミングを守れば、危険な副作用に苛まれることもなく安全に使用できます。

そのため、ED治療薬はED改善の近道として使われています。

当院で処方しているED治療薬は以下の5種類です。

  バイアグラ
(シルデナフィル)
バイアグラ(シルデナフィル)
レビトラ
(バルデナフィル)
レビトラ(バルデナフィル)
シアリス
(タダラフィル)
シアリス(タダラフィル)
ステンドラ
(アバナフィル)
ステンドラ(アバナフィル)
ザイデナ
(ウデナフィル)
ザイデナ(ウデナフィル)
価格
(1錠)
270円~1,240円 900円~1,640円 700円~1,240円 1,300円 1,000円
発現
時間
服用後30~60分 服用後15~30分 服用後約1時間 服用後15~30分 服用後30~60分
持続
時間
3~5時間 4~10時間 24~36時間 3~6時間 11~13時間
副作用 出やすい 出やすい 出にくい 出にくい 出にくい

※ジェネリックを含む

【注意】
ED治療薬は決して性欲を高める薬ではありません。
あくまでも勃起のサポートを行う働きであり、薬を服用しても性的な刺激や興奮が無ければ勃起はしません。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許や再審査期間が満了(特許切れ)したのち、他のメーカーが同等の効果と効能で発売する後発薬品です。

莫大な開発コストや研究期間を必要としない分、先発薬に比べ安価で提供することができます。

当院は海外製薬会社との専属契約で製造したジェネリックED治療薬をはじめ、国産ジェネリック、先発薬も各種取り扱っております。

今すぐ行えるED改善

血流の悪化が原因のEDの場合、以下の方法でEDが改善される場合があります。

食事療法 血流悪化の原因となる動脈硬化を防ぐため、栄養バランスが取れた食事を行い、塩分や糖質・脂質を抑え、食べる量を八分目にする。
精子を作るために亜鉛やタンパク質を摂取する。
運動療法 血行不良の改善のため、有酸素運動などで運動不足の解消をする。
PC筋やBC筋を鍛えることで、勃起力をアップさせる。
ストレスの軽減 没頭できる趣味、旅行、サウナなどの自分に合ったリフレッシュ方法を持つ。
睡眠をしっかり摂り、規則正しい生活を行う。
禁煙する 禁煙することで、血流のアップ、男性ホルモンの分泌、リラックス出来るようになるなど、EDの改善に繋がります。

これらは全て体質改善により、EDの症状も改善されるものです。

体質改善は、個人差がありますが多くの時間がかかるため、今すぐにEDが改善するのは難しいものです。

お勧めの方法として、体質の改善を行いながらED治療薬を併用する方法があります。

ED治療薬を使用することで、勃起した状態の維持を体が覚え、次回からの勃起がスムーズになるメリットもあります。

ED治療薬を使用せずに改善を望む場合は、副作用の無いサプリメントを使用し、不足する栄養を補助しながら改善する方法もあります。

ED治療の始め方

ED治療を始めるには、まず専門のクリニックに相談してください。

現在の症状についてや他の疾患の確認もあるため、自己判断せずに専門の医師に問診してもらいましょう。

フィットクリニックは、ED治療を専門に行っています。

そのため、患者様の症状を相談しやすく、プライバシー対策も行き届いているので安心してご利用いただけます。

3大ED治療薬をはじめ海外の製薬メーカーと、独自に契約して当院専用に製造し輸入許可をとった、各種ジェネリック薬の処方も受けることができます。

受付から処方までは10~15分程度で、安全に治療薬を利用することができます。

※ED治療薬は保険適用外の自由診療です。

オンライン処方を利用する

フィットクリニックでは、オンライン処方を行っています。

なかなか時間を取れず、来院が困難な方でも、希望の時間に遠隔で診療から処方薬まで受けることができる診療方法です。

スマートフォンがあれば全国どこからでも受診でき、処方するED治療薬も最短で当日に発送され、発送の翌日~翌々日にはお手元に届きます。

オンライン処方の予約は電話、メール、LINEから利用できるので、気になる方は以下のページをご覧ください。

EDとは

EDは「満足な性行為を行うための勃起に至らない、または勃起を維持、持続できない」症状です。

十分な硬さの勃起が得られない、中折れする、性行為で射精までできるが、時々勃起しないのもEDの症状です。

通常の勃起と、EDとなった場合のメカニズムには以下の違いがあります。

通常の勃起 EDになった場合

下記画像をクリックorタップで拡大できます。

勃起
  1. 性的刺激で脳が興奮を感じ、神経に勃起の信号を送る
  2. 陰茎海綿体の動脈が拡張
  3. 血液が一気に流れ込む
  4. 陰茎が大きく膨らむ(勃起)

下記画像をクリックorタップで拡大できます。

ED
  1. 性的刺激で脳が興奮を感じ、神経に勃起の信号を送るがうまく伝わらない
  2. 陰茎海綿体の動脈が拡張しにくくなる
  3. 血液が十分に流入しない
  4. 陰茎が膨らまない、もしくは勃起はしても維持できない

通常の勃起が生じるメカニズムのいずれかに、不具合が起こることでEDが起こります。

EDになる方の多くは、年齢層が高い傾向がありますが、若い方でも原因によりEDになる可能性があります。

20代で9.7%、30代で10.7%の人が自分はEDだと意識していると報告されています。

同調査では、全年代の男性の6割がEDを深刻だと捉えている結果も出ています。

また、ブラジル、イタリア、マレーシア、日本の4か国で調査したEDの有病率が以下の通り、日本が圧倒的に高く、EDが身近な病気であることがわかります。

●ED全年齢有病率

日本 ブラジル イタリア マレーシア
34.5% 15.5% 17.2% 22.4%

EDの症状が現れることで悲観的になる方もいますが、今はEDは改善できる症状です。
お悩みの方はまずは、相談から始めてみましょう。

EDの治し方と原因についてのまとめ

最後にここまでの内容を簡単にまとめてお伝えします。

  • EDは病気なので治療が必要
  • EDにはタイプがあり、治し方も異なる
  • 現在様々なタイプのEDを治療することができる
  • ED治療薬は専門のクリニックで処方を受ける

ED治療は恥ずかしさや人に知られたくないという理由や、放っておいても治ると後回しにされ、治療に積極的になれない方が多く見受けられます。

しかし、EDは血管や神経の疾患が原因となっている場合があるので、早い段階でEDの治療を始めることが命に関わる疾患を食い止めることにも繋がります。

フィットクリニックでは専門の医師が対応していますので、不安なことや気になることは診療の際、何でもお尋ねください。

この記事の監修

瀬戸川 武仁
(せとがわ たけひと)院長

2017年 4月
行徳総合病院勤務
2019年12月
フィットクリニック院長就任
CONTACT