フィットクリニック
clear
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて

レボノルゲストレルの効果や副作用について

レボノルゲストレルの効果や副作用について

レボノルゲストレルは、日本初のアフターピル(緊急避妊薬)「ノルレボ」の成分名で、WHOから緊急避妊における必須薬と指定されています。

性交渉で避妊が失敗または出来なかった際などに、予期しない妊娠を避けるためには緊急避妊が必要です。

レボノルゲストレルは性交渉の後、72時間以内に服用することで緊急避妊が行えます。

従来の緊急避妊法(ヤッペ法)に比べ、避妊率の高さや副作用の軽減、服用の手間を抑えるなどの利点があるため、現在最も使用されているアフターピル(緊急避妊薬)です。

※当院では、レボノルゲストレルが配合されたジェネリック薬を処方しています。

お急ぎの方はこちらにご連絡ください。
最速で当日の到着が可能です。
※バイク便の場合

レボノルゲストレルの効果

レボノルゲストレルの主な働きは以下の2つです。

レボノルゲストレルの効果や副作用について

レボノルゲストレルは女性ホルモンである「黄体ホルモン」の一種です。

この黄体ホルモンを摂取することで、妊娠前に起こる体の変化を抑えます。

それぞれ服用するタイミングにより以下の働きがあります。

排卵前 排卵後
排卵が抑制される。

それにより精子が子宮内にあっても受精卵が作られず妊娠に至りません。

受精卵の着床に必要な子宮内膜の厚みが出来なくなります。

受精卵は、子宮内膜に厚みがなければ着床が困難になります。

この働きにより、性交渉後に服用することで避妊効果が得られます。

レボノルゲストレルの服用後5日~7日は効果が続き、その間は排卵が抑制され避妊効果が継続されます。

ちなみに、排卵後の卵子の寿命はおよそ24時間、精子の寿命はおよそ72時間と言われています。

【注意】レボノルゲストレルは、既に受精卵が着床した後に服用しても避妊効果は期待できません

これまでのアフターピル(緊急避妊薬)との違い

レボノルゲストレルが開発されるまでは、主に緊急避妊法としてヤッペ法が用いられていました。

ヤッペ法とは、2種類のホルモン製剤(中用量ピル)を服用し避妊効果を得る方法です。

しかし、ヤッペ法で気になるのは、副作用の発現の頻度(吐き気や嘔吐)や、低い避妊成功率(72時間以内の服用で31%)、服用の手間(時間をおいて2回服用)などのデメリットでした。

以下の表のように、レボノルゲストレルはヤッペ法に比べ、デメリットが解消されています。

  レボノルゲストレル ヤッペ法
避妊成功率(全体) 85% 57%
副作用の
発現率
吐き気 23% 51%
嘔吐 6% 19%
服用の回数 1錠1回 2錠2回
(2回目は12時間後)

アフターピルにはもう一つ、新しく開発されたエラがあります。

エラの特徴は、120時間(5日)以内に服用すれば、避妊効果が得られます。

その他、これまでのアフターピルでは効果が得られにくかった、肥満体質(BMI値30以上)の方の服用にも効果的です。

当院では、レボノルゲストレルとエラのどちらも選択は可能ですが、価格が抑えられ、緊急での避妊効果が高く、副作用が少ないレボノルゲストレルを推奨としています。

※72時間以内に服用が可能な場合や、肥満体質では無い方が対象。

レボノル
ゲストレル
エラ
8,000円/1錠 12,800円/1錠

レボノルゲストレルの副作用

レボノルゲストレルは基本的に副作用を抑えた薬です。しかし、効果には個人差があるため副作用が現れる場合があります。

以下の副作用が比較的現れやすい症状です。

これらは薬によるホルモン環境の変化が原因と考えられています。薬も1回の服用で済みますので、重い副作用の心配も無く時間の経過により症状は収まります。

  • 予定外の出血(消退出血、不正出血)
  • 吐き気、嘔吐、下腹部痛、下痢、腹痛、
  • 頭痛、倦怠感

不正出血や月経など出血の判断がつかない場合には、産婦人科医にご相談ください。

その他、服用後、吐き気の症状が現れる場合があります。
2時間以内に嘔吐してしまうと、成分が吸収される前なので、効果が現れない可能性があります。

2時間以内に嘔吐してしまった場合は、再度1錠服用しましょう。

嘔吐しやすい方、アフターピルの服用で嘔吐したことがある方は、あらかじめ2錠処方してもらうと安心です。

レボノルゲストレルを吐き気止めと一緒に服用するのも有効です。

吐き気や嘔吐を起こさないためにも、服用後すぐに食事やアルコールなどは控えてください。

レボノルゲストレルの料金と処方

当院では、レボノルゲストレル錠を1錠8,000円で処方しています。

お薬代の他に、オンライン処方の場合は送料、代金引換払い希望の際は手数料がかかります。

診察料はかかりません。

薬代 レボノルゲストレル錠
(ノルレボのジェネリック)
レボノルゲストレル
1錠 8,000円
診察料 無料
送料 【通常便】関東:930円
関東外:ヤマト運輸料金に準ずる

【バイク便】
東京23区 5,500円
都下:5,500円~
(※笹塚院からの距離に準ずる)
代金引換 代引手数料
1万円まで:330円
1万円~2万まで:440円

当院では、なるべくお早めに薬の服用を行って頂くため、お電話での処方を受け付けております。

お電話で薬の説明を行い支払いの確認が取れましたらすぐにお薬を配送いたします。

避妊成功率

グラフにあるように、時間の経過と共に避妊成功率は低くなります。
当院では、薬の配送に最短で当日~翌日中のお届けが出来るバイク便をご用意しております。

アフターピルのオンライン処方について詳しくはこちらをご覧ください。

レボノルゲストレルの飲み方

レボノルゲストレルは、性交渉後なるべくお早目に服用してください。

72時間以内でも避妊効果は得られますが、効果の項目で説明した通り時間が経つほど避妊率が下がってしまうため、出来る限り早く服用することが重要です。

飲み方の注意点

レボノルゲストレルは、服用する際に5つの注意点があります。以下を確認して服用してください。

レボノルゲストレルの注意事項

レボノルゲストレルは、体調に影響を及ぼすホルモンのバランスを変化させる働きがあるため、服用時に注意事項をしっかりと確認する必要があります。

正しく服用すれば安全性の高い薬ですので、必ずチェックしましょう。

服用してはいけない人

レボノルゲストレルは、以下の方は服用してはいけません。

本剤の成分に対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある女性
薬の多くは分子量が小さいため、アレルギーは起こりにくいとされていますが、稀に起きる場合があります。
重篤な肝障害のある患者
代謝機能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が悪化することがある。
妊婦
妊娠初期、中期に投与した場合には、女性胎児の外性器の男性化又は男性胎児の女性化が起こることがある。本剤の成分は授乳中に移行するので、本剤の投与後24時間は授乳を避ける。

レボノルゲストレルの併用禁忌

併用禁忌とは、レボノルゲストレルと一緒に服用してしまうと危険な医薬品や成分のことを指します。

現在、レボノルゲストレルに併用禁忌の医薬品はありません

しかし注意すべき医薬品や飲み方などはあるため、以下で説明していきます。

レボノルゲストレルの併用注意

併用注意とは、レボノルゲストレルと一緒に服用する際は注意をしなければならない医薬品や成分のことを指します。

レボノルゲストレルの効果が減弱する恐れのある併用注意には以下のものがあります。

・抗けいれん薬 フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン
・HIVプロテアーゼ阻害薬 リトナビル
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬 エファビレンツ、リファブチン、リファンピシン
・セントジョーンズワート
(セイヨウオトギリソウ)含有食品
サプリメント、飲料など

この記事の監修

田中 彩
(たなか あや)医師

2015年
千葉大学医学部卒業
  • 日赤医療センターで産婦人科専門医取得
  • 所属学会:日本産科婦人科学会、日本女性医学学会
    河北総合病院勤務

よくある質問

Q
1
レボノルゲストレルを服用して、再び生理が来るのはいつ頃ですか?
A
1
早い人では3日ほど、平均では1週間~2週間程度です。生理が来なくて不安な場合は市販の妊娠検査薬で確認するか、病院に行くことをおすすめします。
Q
2
副作用で吐いてしまわないようにするにはどうすればいいですか?
A
2
出来る限り安静にして、食事をする場合は胃に優しいものにしてください。また吐き気止めを飲んでも構いません。
Q
3
レボノルゲストレルを服用すれば性交渉しても良いですか?
A
3
服用することで排卵が遅れる可能性があるため、性交渉により妊娠する場合があります。服用後は性交渉を控えるか正しい避妊を行ってください。
Q
4
効果があったかどう確認すればいいですか?
A
4
出血があったとしても3週間後に市販の妊娠検査薬などで検査をしてください。
CONTACT