フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

アフターピル(緊急避妊薬)処方について|フィットクリニック渋谷笹塚院

アフターピル(緊急避妊薬)処方について|フィットクリニック渋谷笹塚院

アフターピルは、性行為による望まない妊娠を回避するために服用する緊急避妊薬です。

フィットクリニックでは、医師が患者様の状況に合わせ適切に治療薬を処方いたします。

来院の際かかる費用はお薬代のみ、男女で入口・待合室が別のためプライバシー対策も安心です。

アフターピルオンライン処方も最短5分程度の問診のみで最短即日発送しておりますので、避妊効果を得られる期間中のお届けが可能です。

オンライン診療・処方の流れや配送までの時間などの詳細は、以下ページでご確認ください。

アフターピル(緊急避妊薬)とは

アフターピルとは、リスクのある性行為後、妊娠を阻止するために緊急的に服用する避妊薬です。翌朝には内服した方がよいことから、モーニングアフターピルと呼ばれることもあります。

お薬によって服用時間は異なりますが、性交後72時間~120時間までに服用します。

性行為から服用までの時間が早ければ早いほど、高い避妊効果を発揮するのが特徴です。正しく服用すれば避妊成功率はおよそ98%と高確率で妊娠を阻止できます。

性行為に失敗し不安を抱えている方は、可能な限り早くアフターピルを服用しましょう。

アフターピル(緊急避妊薬)が必要なケース

アフターピル(緊急避妊薬)が必要となるケースには、以下が挙げられます。

  • コンドームが破れてしまった、外れてしまった
  • 避妊なしの性交渉をしてしまった
  • 膣外射精などリスクのある性行為をしてしまった

膣外射精は正しい避妊法ではありません。1年間膣外射精で避妊した場合、およそ22%(5回に1回以上)は妊娠の可能性があるといわれています。

数ある避妊法の中でも、22%という確率は非常に高いです。

フィットクリニックのアフターピル(緊急避妊薬)の種類

当院では、性行為後72時間以内に服用する「レボノルゲストレル錠」と、120時間以内に服用する「エラ(ella)」の処方を行っております。

処方薬の種類 価格(税込)
レボノルゲストレル(海外製)
レボノルゲストレル錠(海外製)
7,000円/2錠
レボノルゲストレル(日本製)
レボノルゲストレル錠(日本製)
12,000円/1錠
エラ(ella)
エラ(ella)
8,000円/1錠

それぞれの主成分や服用時間について詳しく解説していきます。

レボノルゲストレル錠

レボノルゲストレルは、日本初のアフターピル「ノルレボ」の主成分です。

当院で処方しているレボノルゲストレル錠は、ノルレボのジェネリック医薬品となります。

レボノルゲストレル錠は、従来活用されていた緊急避妊法「ヤッペ法」に比べると、避妊効果も高く、副作用の発現率も低いのが特徴です。

レボノルゲストレル錠とヤッペ法の副作用の発現率

レボノルゲストレル錠 ヤッペ法
避妊成功率(全体) 85% 57%
副作用の発現率 吐き気 23% 51%
嘔吐 6% 19%
服用の回数 1回1錠 2回2錠

レボノルゲストレル錠は性行為後72時間以内に服用することで、高い避妊率を有します。

エラ

エラは、ウリプリスタール酢酸エステルを主成分とする新しいタイプのアフターピルです。

ウリプリスタール酢酸エステルは、子宮内環境を大きく変え、妊娠を阻止できるというものです。

当院で処方しているエラは、エラワンのジェネリック医薬品となります。

性行為後120時間以内に服用することで、高い避妊率を有します。エラはレボノルゲストレル錠に比べると服用時間が長く、それでいて高い避妊成功率も維持することができます。

またこれまでのアフターピルは、肥満体質の方は十分な効果が発揮されないといわれていましたが、エラはBMI値30以上の方でも服用可能です。

アフターピル(緊急避妊薬)の価格・費用

当院で処方しているアフターピル(緊急避妊薬)の価格・費用は以下をご確認ください。

処方薬名 価格(税込)
レボノルゲストレル錠
(海外製)
7,000円
レボノルゲストレル錠
(日本製)
12,000円
エラ 8,000円

診察料は処方の有無にかかわらず、無料です。

アフターピル(緊急避妊薬)の服用方法

アフターピル(緊急避妊薬)の内服方法は、処方薬の種類によって異なります。

レボノルゲストレル錠 日本製なら1回1錠、海外製なら1回2錠を、性行為後72時間以内に水で服用する。
エラ 1回1錠を性行為後120時間以内に水で服用する。

アフターピルを内服するときは、できるだけ水で飲みます。アルコールやカフェイン入りの飲み物は、アフターピルの体内吸収を阻害する可能性があるので注意が必要です。

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用

アフターピル(緊急避妊薬)には、以下のような副作用が挙げられます。

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用
  • 吐き気や嘔吐
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 腹痛
  • 子宮内出血
  • 眠気

重篤な副作用は報告されておらず、副作用が出たとしても24時間以内に治まることがほとんどで、長く続く副作用はないとされています。

アフターピル(緊急避妊薬)処方の流れ

当院でアフターピルの処方をご希望の患者様は、事前予約の必要なく診察可能です。

お急ぎの方は、050-1860-3550までお電話ください。

受付から処方までの所要時間は、最短で5分程度です。

受付・問診票の記入

アフターピル処方の受付、問診票の記入
所要時間:2分程度

診療時間中にご来院いただきましたら、問診票にご記入いただきます。
当院は入口・待合室が女性用・男性用で完全に分かれており、プライバシーに配慮してご来院をお待ちしております。
またアフターピル処方は、自由診療のため保険証や身分証明書は必要ありません。

問診・診察

アフターピル処方の問診・診察
所要時間:2~5分程度

ご記入いただいた問診票をもとに医師が問診を行い、患者様のご希望に合わせたアフターピルを処方いたします。
(問診のみで触診はございませんので衣服を脱ぐこともありません。)

アフターピルの処方

アフターピル処方
所要時間:1~2分程度

問診が終わり次第、院内にてアフターピルを処方いたします。
お会計はお薬代のみのご負担です。支払い方法は現金払い、クレジットカード、交通系電子決済、PayPayなどのご利用が可能です。

フィットクリニックアフターピルのオンライン診療・処方

アフターピルのオンライン診療・処方

フィットクリニックアフターピルのオンライン診療・処方

当院はオンライン診療(遠隔診療)も行っております。東京23区ほか一部地域ではオプションでバイク便もご利用可能で、お急ぎの処方をご希望の患者様にもご利用いただいております。

アフターピルオンライン診療・処方のメリット
  • ご来院せずご希望の場所で診療・処方が受けられる
  • アフターピルも患者様のご自宅まで配送(外装では中身が分からない包装)

詳しくは以下をご覧ください。

この記事の監修

田中 彩
(たなか あや)医師

2015年
千葉大学医学部卒業
田中彩医師
  • 日赤医療センターで産婦人科専門医取得
  • 所属学会:日本産科婦人科学会、日本女性医学学会
    河北総合病院勤務

アフターピル(緊急避妊薬)に関するよくある質問

アフターピル(緊急避妊薬)にまつわるよくある質問をまとめました。

診療・処方について

Q1
アフターピルはどれくらいで手に入れることができますか?
A1
ご来院の場合、最短5分で即日処方しております。
オンライン診療の場合、通常配送で最短翌日~3日程度、東京23区内や一部地域ではバイク便にも対応しており、最短で60分でお届けすることができます。
Q2
高校生や未成年でもアフターピルは処方してもらえますか?
A2
18歳以上の高校生の場合は、処方が可能です。
17歳未満の未成年には処方を行っておりません。
Q3
クリニックに行くのが恥ずかしいのですが、他の人と会うことはありますか?
A3
当院はプライバシー対策として入口・待合室が男女で完全に分かれています。それでも心配な方にはオンライン診療も行っております。
Q4
支払い方法には何がありますか?
A4
直接来院された場合は、現金払い、クレジットカード(visa・Master・jcb)、交通系電子決済、PayPayがご利用可能です。
オンライン診療の場合は、クレジットカード(visa・Master)、ヤマト運輸の代金引換がご利用可能です。

アフターピルについて

Q1
アフターピルは何時間以内に服用すればよいですか?
A1
当院で処方しております「レボノルゲストレル錠」であれば性行為後、72時間以内(3日以内)、「エラ」であれば性行為後、120時間以内(5日以内)に服用する必要があります。
アフターピルは性行為後、できるだけ早く服用することで高い避妊効果を発揮します。
アフターピルの服用時間についての詳細は、こちらをご覧ください。

Q2
アフターピルを服用したら、いつ生理が来ますか?
A2
主に7日前後で出血が起こり、3週間以内に生理のような出血があります。この場合は避妊に成功したとされています。
※排卵状況や生理予定日の個人差があります。
※避妊成功かの確認は妊娠検査薬でチェックできます。


Q3
性行為後、毎回アフターピルを使用するのは危険ですか?
A3
アフターピルは緊急的に避妊するためのお薬です。高頻度で使用することで、ホルモンバランスや生理周期が乱れる可能性があります。継続的に避妊したい場合は、低用量ピルの使用を検討しましょう。

Q4
アフターピルを服用後に吐いてしまったときはどうすればいいですか?
A4
アフターピル服用後、一定の時間内に嘔吐した場合は再度服用しなければなりません。お薬ごとによって対応が異なるので下記をご確認ください。

  • レボノルゲストレル錠:服用から2時間以内
  • エラ:服用から3時間以内

上記の時間内に嘔吐した場合は、同じアフターピルを再度服用します。
嘔吐するのが不安な方は、あらかじめ市販の吐き気止めを購入しておくか、予備用を処方してもらいましょう。

偽造医薬品やトラブルにご注意ください

クリニックのオンライン診療・処方と似たインターネットの個人輸入を利用したアフターピルの処方に関しては以下のリスクがあります。

  • 偽造医薬品
  • 発送は海外からなので到着に2週間以上必要(服用タイミングに間に合わない)
  • 医薬品発送での破損
  • ジェネリック医薬品は不衛生な工場で生産されているものもある
  • 悪質な通販サイトでのスキミング被害、偽造品被害、医薬品が届かないなど

アフターピル処方は医師の指示もあり診察も行う、クリニックのオンライン診療をおすすめまします。

CONTACT