フィットクリニック
clear

AGAとは

AGAとは「男性型脱毛症」を意味します。

男性特有の脱毛症で、額の生え際や頭頂部を中心に、髪の毛が細く抜けやすくなり、抜け毛が増え、頭皮が見えるほど薄くなる症状です。

主に男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響によるヘアサイクルの乱れが原因とされます。

AGAの症状

髪の毛の成長には、成長期(3~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(2~3か月)の3段階があり、髪の毛が生え変わります。

これをヘアサイクルと呼び、AGAになるとへアサイクルが乱れ成長期が短くなります。

それにより、脱毛や細く短い髪の毛が増え、生え際や頭頂部の髪の毛の密度が減ります。

密度が減ることで頭皮が見えるようになったり、ボリュームがダウンして薄毛の状態になります。

成人男性の4人に1人が発症すると言われています。

主に中年~壮年期の男性に多く見られる症状ですが、近年は若年層でのAGAも見受けられるようになり、年齢に関係なく現れる症状として知られるようになりました。

AGAの症状は進行性があるため、治療は早目に対策する必要があります。

脱毛の症状には以下のタイプがあります。

  • M字型
    もっとも多く見られる薄毛がこのタイプです。額の生え際の両側が後退し、正面から見ると生え際が「M」の文字に見えるのが特徴です。
  • O字型
    頭頂部やつむじの部分から薄毛が広がっていくタイプです。鏡などでも確認しにくい場所にあるため、気が付きにくく、他の人の指摘により本人が気が付くことが多いとされます。
  • U字型
    M字型とO字型の薄毛が進行すると、前頭部と頭頂部が「U」の字のように繋がる状態です。U字はAGAがかなり進行した状態です。

AGAの原因

「AGAは遺伝でしょ?」
と思われている方は多いのではないでしょうか。

AGAにはさまざまな原因があります。以下でAGAの原因について解説しています。

ホルモン

AGAになるとヘアサイクルが乱れますが、このヘアサイクルを乱すのが男性ホルモンです。

正確には男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)で、DHTは男性ホルモンの「テストステロン」と頭皮にある酵素「5αリアクターゼ」が結びつくことで生まれます。

DHTは、髪の毛のもとになる部分の毛乳頭にある「男性ホルモン受容体」と結び付き、脱毛因子を増やします。

脱毛因子は正常なヘアサイクルの髪の毛に働きかけ、成長の途中で抜け毛を起こします。

運動不足や加齢により筋肉量が低下すると、男性ホルモンのテストステロンが減少し、体内では男性ホルモンの量を府や補充するために、強いホルモンであるDHTを多く作ろうとします。

そのため、さらにAGAになりやすくなるという訳です。

その他、睡眠不足や疲労、ストレスが重なると、自律神経のバランスが崩れ、頭部皮脂の過剰分泌が起こることがあります。

それにより、頭皮環境が悪化することで、髪の毛の成長の妨げとなります。

遺伝

遺伝はAGAと密接な関係があると言われています。

AGAには「なりやすい遺伝子」というものがあり、それは家族から遺伝することが多いとされます。

例えば、お酒を全く飲めない方や、肥満、身長、顔など、親や祖父母から特徴を受け継ぐ事があると思いますが、AGAも遺伝子により受け継がれます。

もともと体内にDHTを作り出す5αリアクターゼの活性度が高い方や、脱毛因子を生み出す「男性ホルモン受容体」の感受性の高い方は遺伝によると言われています。

5αリラクターゼの量は優性遺伝により受け継がれるもので、父親と母親どちらかにその遺伝子があれば、子供に遺伝します。

男性ホルモン受容体の感受性の高さは、母方の家系から隔世遺伝されます。母方の祖父に薄毛の方がいると孫にその影響がより現れやすくなります。

これは、遺伝的要因がある方は必ずAGAになるというより、遺伝によりAGAになりやすいと決められている、というのが正しいと考えられています。

頭皮の汚れ

髪の毛が生えてくる毛根に皮脂や汚れが詰まることで、炎症を起こす場合があります。

湿気が多く皮脂が多いことで、マラセチア菌と呼ばれる真菌(カビ)が繁殖し皮膚炎をおこし、フケやかゆみ、発疹が現れ、毛根にダメージとなり抜け毛になるものです。

この場合、薄毛の症状には違いありませんが、正確にはAGAではなく、脂漏性脱毛症と呼ばれる症状になります。

血流の悪化

血流の悪化は人間の健康にとって様々な悪影響となりますが、脱毛に関しても当てはまります。

食生活の乱れや飲酒、喫煙、運動不足が続くと、血液に脂分や老廃物が溜まりドロドロになる、血管が収縮するなどの理由から、血流が悪化します。

頭皮には多くの毛細血管があり、髪の毛に必要な栄養や酸素は血液によりそれぞれの毛根に届けられます。

血流が悪化することで、栄養や酸素の供給が不足することで健康な髪の毛が育たなくなり、脱毛するものです。

遺伝的に脱毛しやすい方にとって血流の悪化は、頭皮環境が保てなくなるため、薄毛や脱毛を促進する引き金になると言われています。

AGAの治療・改善方法

AGAは遺伝により必ずなってしまう症状ではありません。

さらにAGAを治療することは可能とされ、注意を払いケアすることで予防や改善することも十分に可能です。

以下で紹介する方法を是非お試しください。

AGA治療薬の利用

現在AGAの治療において、一番効果的なのはAGA治療薬の服用です。

有効成分フィナステリドが配合された「プロペシア」は、AGAの症状である脱毛を抑える働きがあり、ヘアサイクルを正常に改善しAGAの症状を改善させる効果があります。

その他にも、発毛を促すミノキシジルを配合した「ロゲイン」、プロペシアより新しく強力な効果が期待される「ザガーロ」があります。

それぞれ特徴が違う医薬品なので、診察を受け適したAGA治療薬を処方してもらうようにしてください。

CONTACT