フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

タダラフィルの効果や副作用は?添付文書の内容をわかりやすく解説

タダラフィルの効果や副作用は?添付文書の内容をわかりやすく解説

タダラフィルは、EDをはじめ、前立腺肥大による排尿障害、難病指定されている肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられる有効成分です。

このページでは、各治療に用いられるタダラフィルの添付文書の内容を元に、効果や副作用、服用方法などをわかりやすく解説しています。

なお、タダラフィルが有効成分のED治療薬・シアリスについてはこちらからご覧ください。

フィットクリニックではシアリスジェネリックを取り扱っているので、気になる方はチェックしてみましょう。

タダラフィルの基本情報

一般名 タダラフィル
(Tadalafil)
化学名 化学名 (6R,12aR)-6-(1,3-Benzodioxol-5-yl)-2-methyl-2,3,6,7,12,12a-hexahydropyrazino[1',2':1,6]pyrido[3,4-b]indole-1,4-dione
分子式 C22H19N3O4
分子量 389.40
物理化学的性状 白色の粉末。
ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリル又はエタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
構造式 タダラフィルの構造式

タダラフィルとは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤の有効成分です。

血管を拡張する作用を持つことから、さまざまな病気に対して効果のある有効成分として、それぞれの薬で厚生労働省から認可を受けています。

適応症とタダラフィル製剤の種類

ED(勃起不全)
⇒シアリス

前立腺肥大症に伴う排尿障害
⇒ザルティア

PAH(肺動脈性肺高血圧症)
⇒アドシルカ

2007年シアリスの登場を皮切りに、2009年アドシルカ、2014年ザルティアの順で承認されています。

なお、シアリスについては「男性不妊症」と認められる場合以外は、健康保険適用外です。

上記3剤の中で唯一、用途によって保険適用が判断される薬となっています。

タダラフィル最大の特徴:半減期が長い

タダラフィルは、半減期(取り込まれた成分が半減するまでの時間)が長いのが特徴の成分です。

たとえば、他のED治療薬と半減期を比較してみると、タダラフィルの半減期が圧倒的に長いことがわかります。

ED治療薬の半減期
タダラフィル:約14~15時間
シルデナフィル:約3時間
バルデナフィル:約4時間

半減期とは、薬が身体に取り込まれた後、代謝などで濃度が半減するまでの時間のことです。

半減期は「効き目の長さ」を見る1つの目安となり、上記の比較からもタダラフィルは長時間作用が期待できる薬と言えます。

また、効き目が長く保たれるため、服用回数にも違いが現れます。

PAH(肺動脈性肺高血圧症)の治療薬であるアドシルカ(タダラフィル)とレバチオ(シルデナフィル)を比較してみると、以下のとおりです。

PAH治療薬の服用回数
アドシルカ:1日1回
レバチオ:1日3回

1日の服用回数が少なく済むため、半減期の長さは服用負担を減らすことにもつながります。

タダラフィルの作用機序

タダラフィルは、PDE5を阻害することで血管が弛緩し、血流を増やしたり血圧を下げたりすることができます。

タダラフィルの作用機序
PDE5(ホスホジエステラーゼ5)を選択的に阻害する

cGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を防ぐ

血管平滑筋がゆるむ

血流量が増加する

PDE5とは、血管拡張物質であるcGMPを分解する酵素です。

PDE5が何らかの原因によって優位に働くことで血管拡張の妨げになってしまいます。

タダラフィルはPDE5を選択的に阻害する作用を持つため、この作用により血管拡張物質であるcGMPの分解を防ぐことが可能です。

すると血管が十分に拡張されて血流量が増し、さらに血圧を下げることにもつながります。

勃起不全(ED)への効果

PDE5阻害剤としてのタダラフィルの作用機序

タダラフィルが陰茎海綿体に存在するPDE5の働きを阻害することで、性的刺激や興奮を受けた際に陰茎内を多くの血液で満たすことができます。

これにより正常な勃起が促され、陰茎内の内圧も上がることで性行為中の勃起の維持も可能になります。

ちなみに、その日の体調や体質による個人差などはありますが、タダラフィルのED改善効果は30〜36時間持続するのが特徴です。

効き目が長く持続するので焦りやプレッシャーから解放され、効き目もマイルドで使いやすいことから、国内のみならず世界中で人気のある有効成分となっています。

ドクター
【タダラフィルとシアリスは何が違う?】
タダラフィルは成分名、シアリスはタダラフィルが有効成分の製品名です。
内容に違いはありません。
また、先発薬と区別するために、ジェネリック薬を「タダラフィル」と呼ぶこともあります。

タダラフィルの勃起不全に対する臨床試験

タダラフィルが勃起の維持や硬さ、挿入の頻度にどの程度変化をもたらすか、IIEFスコアの6段階の数値の変化で表す実験が行われました。

以下の数値はベースラインの数値からの変化量です。

タダラフィル投与によるIIEFの数値の変化量
プラセボ群:2.05
5mg群:7.51
10mg群:9.10
20mg群:9.38

プラセボ(薬効を持たない偽薬)に対し、タダラフィルの各用量のスコアは有意に変化していることがわかります。

IEFF(国際勃起機能スコア)とは
IEFF(International Index of Erectile Function)とは、EDのスクリーニングやED治療の効果判定に用いる質問票。
数字が低くなるほど、EDの症状が重い状態であることを示す。
また治療効果の判定には「IIEF-EF」を用い、6項目(設問1〜5、15)から構成される。

また、「勃起は十分に持続し、性交に成功しましたか?」という質問に対して、「はい」と答えた割合は以下のとおりです。

タダラフィル投与により勃起が持続し性交できた人の割合
プラセボ群12.29%
5mg群:34.31%
10mg群:47.26%
20mg群:50.80%

一般的なED治療に用いられる10mgと20mgに注目してみると、約2人に1人以上が性行為に成功していることがわかります。

前立腺肥大症に伴う排尿障害への効果

タダラフィルは、前立腺肥大症に伴って起こる排尿障害を改善します。

前立腺は膀胱のほぼ真下に位置し、尿道を取り囲むように存在しているため、肥大すると尿道や血管の圧迫により排尿障害を起こします。

ザルティアの作用機序ははっきりしていませんが、前立腺や膀胱平滑筋、下部尿路血管の血流を改善することで、弱った機能が修復されることにより排尿障害が改善されるといった説が一般的です。

また、固くなった膀胱壁も血流の改善によってやわらかくなるため、尿を貯めやすくなる効果も期待できます。

なお、ザルティアとして服用を続けた際、テストステロンの数値が上昇したという報告もあります。

タダラフィルの前立腺肥大症に対する臨床試験

日本人の前立腺肥大症に伴う排尿障害患者422例を対象に、タダラフィルを2.5mgまたは5mgを1日1回12週間投与した臨床試験では以下の結果が得られています。

タダラフィル投与によるIPSSの変化
プラセボ群:-3.8
2.5mg群:-4.5
5mg群:-4.9

プラセボ群と比較し、変化量は5mg群が2.5mg群より大きく、用量に比例して改善傾向が高まることが確認されています。

なお、上記の臨床結果はIPSSのベースラインからの変化量となっています。

IPSS
IPSS(国際前立腺症状スコア)は、前立腺肥大症の症状の重症度を判断するための指標となるもの。
数字が大きい方が症状が重い状態。

肺動脈性肺高血圧症への効果

タダラフィルは、肺動脈の平滑筋に多く分布しているPDE5を阻害します。

これにより平滑筋細胞内のcGMPの濃度が上昇し、肺への血液循環が良くなることで肺の動脈圧や血管抵抗を改善します。

肺動脈性肺高血圧症治療への効果
肺動脈の平滑筋に分布するPDE5を阻害

平滑筋の細胞内でcGMPの濃度が上昇

肺への血液循環が良くなり、肺動脈圧や肺血管抵抗などを改善

息切れや呼吸困難、運動能力の低下などの症状が緩和

肺動脈性肺高血圧症は難病指定されており、WHO機能分類クラスⅡ〜Ⅲ(中等度からやや重い)に対してタダラフィルはもっとも推奨度の高い治療薬とされています。

またタダラフィルのみで効果が不十分な場合、他の系統(ERAやPGI2誘導体)との併用も可能です。

タダラフィルの肺動脈性肺高血圧に対する臨床試験

肺動脈性肺高血圧症の患者405例(日本人26例を含む)を対象に、タダラフィル2.5mg、10mg、20mg、40mgまたはプラセボのいずれかを、18週(投与期間16週間)にわたって1日1回投与した臨床試験では以下のような結果が得られています。

投与開始前から16週後の変化量(40mg群)
6分間の歩行距離(m):41.14
平均肺動脈圧(mmHg):-4.27
平均肺血管抵抗係数(dyne・sec/cm5/m2):-117.05
心係数(L/min/m2):0.36
平均動脈圧(mmHg):-2.00

40mgを投与したグループは6分間の歩行距離が平均41.14m増え、平均肺動脈圧が4.27mmHg低下するなど、有意に改善しました。

またQOLの評価においても、40mgはプラセボ群にくらべて統計学的に有意な改善が認められています。

タダラフィルの服用方法

タダラフィルは、薬の用量が2.5mg〜40mgで何種類もあり、服用方法も症状ごとに異なります。

ここでは、ED治療・前立腺肥大症に伴う排尿障害・PAH(肺動脈性肺高血圧症)に対しての服用方法について解説していきます。

勃起不全に対する服用方法

勃起不全の場合にタダラフィルを用いる際の服用方法は、以下のとおりです。

勃起不全治療の服用方法
性行為の1時間前に1錠を服用

用量を問わず、服用できるのは1日1回1錠までとなります。

追加で服用する場合には、服用間隔を24時間以上あけるようにしてください。

また、腎障害が認められている場合、服用できる用量は変化するのでご注意ください。

腎障害がある場合の服用方法
中等度の腎障害:5mgから始め、最高10mgまで
重度の腎障害:5mgまで

なお中等度の腎障害の方で10mgを服用するのであれば、服用間隔を48時間以上あけてください。

前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する服用方法

前立腺肥大症に伴う排尿障害にタダラフィルを用いる際の服用方法は、以下のとおりです。

前立腺肥大症による排尿障害への服用方法
1日1回5mgを連日服用

なお、中等度の腎障害が認められている方や、CYP3A4阻害薬を服用中の方は、血中内でタダラフィルの濃度が上昇するおそれがあります。

2.5mgから服用を開始し、適宜5mgへの増量となるので、医師の指示に従った服用を心がけてください。

肺動脈性肺高血圧症に対する服用方法

肺動脈性肺高血圧症にタダラフィルを用いる際の服用方法は、以下のとおりです。

肺動脈性肺高血圧症治療の服用方法
1日1回40mgを連日服用

ただし、腎障害または肝障害が認められている方は、以下の服用方法に従ってください。

腎障害または肝障害がある場合の服用方法

軽度または中等度の腎障害
⇒1日1回20mg

軽度または中等度の肝障害
⇒1日1回20mg(服用するリスクとベネフィットを考慮)

軽度または中等度の肝障害に対してのタダラフィルの投与試験は限られています。

そのため治療によるリスクよりも、得られる効果(ベネフィット)が上回ると判断できる場合にのみ服用となります。

タダラフィルの副作用

タダラフィルの副作用として現れやすい症状は、以下のとおりです。

タダラフィルの副作用
  • 潮紅
  • 消化不良
  • 背部痛
  • 頭痛
  • 鼻づまり
など

上記のような症状は血管拡張作用に伴って現れやすく、ED治療薬として用いる場合の発生頻度は1%以上となります。

タダラフィルは他のED治療薬に比べて副作用は起こりにくいとされていますが、その日の体調や体質などの個人差もあります。

また、治療用量が増えるPAH(肺動脈性肺高血圧症)に対してタダラフィルを用いる場合、発生頻度は5%以上に高まるのでご注意ください。

副作用が出たときの対処法

タダラフィルを服用中、副作用が出てしまった場合には以下のように対処してください。

■前立腺肥大・肺動脈性肺高血圧症
毎日服用するため、主治医に相談するようにしてください。
■勃起不全(ED)

基本的には一過性の症状となり、効果が切れると副作用も自然に治まるので大きな心配はありません。

頭痛や消化不良が性行為の妨げになるようであれば、市販の頭痛薬や胃薬(胃酸を抑えるタイプ)によって対処法も可能です。

ただし、症状が長引いたり、悪化してくるようであれば、放置はせず医師にご相談ください。

タダラフィルの注意点

タダラフィルは、健康状態や体質、飲み合わせなどによっては、身体や治療中の病気に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

医薬品である以上は誰でも服用できるわけではなく、特定の条件を満たすと安全上の理由から服用NGとなるため、確認が必要です。

ここからはタダラフィルの注意点として服用できない人をはじめ、併用禁忌や併用注意といった飲み合わせの部分について詳しく解説します。

服用できない人

以下の状況にある人は、タダラフィルの服用を行うことができないのでご注意ください。

タダラフィルを服用できない人

【シアリス・ザルティア・アドシルカ共通】
  • タダラフィルに対し過敏症がある人
  • 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤を投与中の人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の人
  • 重度の肝障害がある人
【その他の禁忌(薬により異なる)】
  • 不安定狭心症のある人
  • コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある人
  • 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある人
  • 脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある人
  • 重度の腎障害がある人
  • CYP3A4を強く阻害または誘導する薬剤を投与中の人
  • 心血管系障害のある人

タダラフィルは血管拡張作用があることから、血圧が安定しない方や、脳や心血管系の障害がある場合には服用できません。

また、タダラフィルは主に肝臓で代謝される成分です。

肝機能の状態によっては服用が適さないこともあり、安全な服用が難しいと判断されることもあります。

健康状態に不安を抱えていたり、服用中の薬があれば、診察時に必ず医師に伝えるようにしてください。

併用禁忌

併用禁忌は、他の薬との相互作用(飲み合わせ)により効果が増強あるいは減弱する薬のことを指します。

治療効果が安定しないほか、成分の代謝が妨げられることで副作用が出やすくなるおそれもあるのでご注意ください。

【シアリス・ザルティア・アドシルカ共通】
  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)
  • sGC刺激剤(リオシグアト)
【アドシルカのみ併用禁忌(シアリス・ザルティアは併用注意)】
  • CYP3A4を強く阻害する薬剤(イトラコナゾール、リトナビル含有製剤、アタザナビルなど)
  • CYP3A4を強く誘導する薬剤(リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピンなど)

タダラフィルの併用禁忌には、狭心症、不整脈、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いる血管や血圧に作用する薬が該当します。

またアドシルカについては、抗HIV薬や抗菌薬、抗てんかん薬なども併用禁忌のリストにあげられます。

なお、併用禁忌は普段口にするものにも及びます。

タダラフィルの代謝を妨げるものとして、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン類」があげられます。

代謝を妨げる影響は数十時間〜数日持続したとの報告もあるので、タダラフィル服用中はジュースや果肉、果皮を使用したジャムなどは避けるようにしてください。

併用注意

併用注意とは、医師の判断による慎重な服用が求められる薬を指します。

自己判断で併用すると、降圧作用が増強されたり、薬の血中濃度が高くなるおそれがあります。

【シアリス・ザルティア・アドシルカ共通】
  • CYP3A4阻害剤
  • CYP3A4誘導剤
  • α遮断剤
  • 降圧剤
  • カルペリチド
  • ベルイシグアト
【その他の併用注意】
  • HIVプロテアーゼ阻害剤(シアリス・ザルティアのみ)
  • ビタミンK拮抗薬(アドシルカのみ)

主に代謝に関わる薬や、血圧を下げる薬が併用注意にあげられます。

種類も非常に多いことから、常用している薬だけでなく、タダラフィル服用中に新たな薬が追加になった場合にも医師にご相談ください。

タダラフィルの入手方法

タダラフィルは以下の方法を通じて入手できます。

タダラフィルの入手方法

タダラフィルは市販薬としての認可を受けていないので、普段から利用する一般的な薬局やドラッグストアでは販売されていません。

そのためタダラフィルの入手方法は、上記いずれかに限定されます。

ここからは、個人輸入と病院処方それぞれの入手方法を解説してます。

個人輸入(海外通販)は偽物の可能性もあり危険

個人輸入(海外通販)は、タダラフィルを海外から個人的に取り寄せる方法です。

国内通販と変わらない方法で購入できてしまいますが、ED治療用のタダラフィル製剤は偽物の流通量が多いことで知られています。

インターネットで入手したED治療薬 偽造品40% 正規品60%

個人輸入で取り寄せたED治療薬の半分近くが偽物というデータもあるほどで、タダラフィル以外の成分が混入されていたことで救急搬送になった例もあります。

個人輸入(海外通販)では、あらゆることが自己判断・自己責任です。

何ものにも代えがたい健康を失う恐れもあるので、安易に利用するのはお控えください。

病院で処方を受けるのが安全

もっとも安全にタダラフィルを入手できる方法が、病院処方です。

医師による健康状態のチェックや、他の薬との飲み合わせなどの判断を受けられ、予想されるリスクを最小限に抑えられます

また治療へのアドバイスも受けられるため、安全性だけでなく、治療効率も高めることが可能です。

タダラフィルを求めて病院に受診する際は、病歴なども含めて健康状態がわかるようにしておくとスムーズに処方が受けられます。

正しく健康状態を把握できているか不安な方については、お薬手帳や服用中の薬を用意すると良いでしょう。

フィットクリニックのタダラフィル錠の価格

フィットクリニックではED(勃起不全)の効果的かつ安全な治療の1つとして、タダラフィル錠(シアリスジェネリック)の処方を行っています。

シアリスと同等の効果と安全性をもつジェネリック医薬品は、開発コストの削減によって1錠あたりも手頃な価格での提供が可能です。

名称 用量 価格(税込)
シアリスジェネリック
シアリスジェネリック
10/11mg 700円/1錠
20/22mg 1,200円/1錠

当院ではED治療をより手軽に、そして経済的に利用していただくための選択肢としてジェネリック医薬品を採用しています。

「勃起力が落ちた」「性行為中の硬さ維持が難しい」といった、パフォーマンスの低下を感じた際はフィットクリニックまでお気軽にお問い合わせください。

フィットクリニックのオンライン診療は簡単

フィットクリニックではEDに関する悩みを気軽に相談できるよう、オンライン診療サービスを提供しています。

当院のオンライン診療

診察料 0円
費用 お薬代+送料(全国一律385円)
1万円以上の処方は送料無料
※代引の場合は対象外
支払方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • 代金引換

当院を訪れる多くの男性患者さまは、このオンライン診療を通じてED治療薬の処方を受けています。

全国どこからでも予約・問診・処方までをスマホ一台で完結できるため、忙しくて通院の時間が取れない方にも便利です。

当院のオンライン診療は診察料0円になり、15時までに入金が確認できれば最短即日発送も承っています。

簡単で経済的、かつスピード処方が可能なフィットクリニックのオンライン診療サービスをぜひご利用ください。

タダラフィルについてまとめ

タダラフィルは、3つの適応症に対処できる有効成分です。

症状を改善させるためにも、薬の内容を理解し、医師の指導を受けた上で正しく服用しましょう。

なお当院では、タダラフィル製剤であるシアリスジェネリックを取り扱っています。

タダラフィルはED治療において、効果の持続時間が最大36時間と長く、マイルドな効き目は薬っぽさがないことから特に人気となっています。

処方をご希望の方は、以下のボタンから都合のつく日時をご予約ください。

よくある質問

Q1
タダラフィルとシアリスの違いは何ですか?
A1
タダラフィルは一般名(成分名)であり、シアリスは製品名になります。
シアリスと呼ぶことがほとんどですが、ジェネリック医薬品は一般名で呼ぶことで先発薬と区別することもあります。
Q2
タダラフィルの作用機序はどのような仕組みですか?
A2
タダラフィルは、血管拡張を妨げているPDE5という酵素を選択的に阻害する作用があります。
これにより血管が十分に拡張され、治療部位に対して血流量の増加や血管抵抗を減らす効果をもたらします。
Q3
タダラフィルをED治療薬として服用する場合の飲み方は?
A3
タダラフィルをED治療薬として用いる場合、飲み方は以下をご参考ください。

性行為の1時間前に1錠を服用

1日1回1錠までの服用となるため、追加で服用する場合には服用間隔を24時間以上あけるようにしてください。
CONTACT