フィットクリニック
clear
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較

リドカイン配合VPMAXスプレーの効果・副作用や使い方について

VPMAXがおススメの方

VPMAXスプレーは、麻酔成分リドカインが配合された早漏防止薬です。

VPMAXスプレー
(サムソンファーマシューティカルズ)
VPMAXスプレー(リドカイン)
成分 リドカイン、メントール
料金 3,000円(税込み)
効果 早漏防止
副作用 かゆみ、発疹 など
使い方 性行為の前に陰茎(亀頭)にスプレー
併用 併用禁忌:抗不整脈薬、硝酸薬、オピオイド系の鎮痛薬 など
特徴 ・麻酔成分により、性的刺激を緩和する
・飲み薬ではないので、副作用が少ない
・ダポキセチンやED治療薬と併用が可能
・サイズが小さいため、携帯に便利

早漏にお悩みの方で、錠剤などの薬の服用に抵抗のある方におススメです。

VPMAXスプレーでの早漏改善を希望する方は、フィットクリニックのオンライン処方をご利用ください。

VPMAXスプレーの効果

VPMAXスプレーは、その名の通りスプレータイプの早漏防止薬です。

陰茎や亀頭に直接スプレーすることで、早漏の症状を改善する働きがあります。 VPMAXスプレーには、局所麻酔に使用される成分リドカインが含まれています

スプレーの使用後は、30分~1時間ほど効果が持続します。その間は、普段より射精までの時間が延長するため、挿入する時間も長くなります。

VPMAXスプレー自体のサイズは小さいため邪魔にならず、持ち運びに適しています。普段から携帯しておくことで、急に必要になった場合にも対応できます。

VPMAXスプレーは、早漏の改善に積極的な欧米で広く使用されています。

成分リドカインについて

成分のリドカインは、即効性が高く効き目が強い特徴の局所麻酔剤です。

リドカインは、感覚を伝達する神経の働きを抑えることで、感覚が麻痺する麻酔効果を起こします。

主に、軟膏や液状の薬剤を患部の皮膚や粘膜に直接塗布して使用します。 例として、尿道にカテーテルを入れる際や、のどに気管内挿管する際に使用されています。

早漏の改善にリドカインが適応されるのは、射精に至る性的刺激の過敏を麻酔効果により抑えるためです。

年齢が若い、女性経験が少ない、スポーツをされているなど、性的刺激に過敏な方におススメです。

VPMAXスプレーの基本的な使い方

VPMAXスプレーの使い方

VPMAXスプレーに含まれるリドカインの成分は、使用後10分程で効果が現れ始めます。

ただし、効果の発現時間には個人差があります。提示された時間は平均的な時間とお考えください

成分が浸透したら、スプレーをした患部をシャワーで洗い流してください。

リドカインの効果は使用後30分~1時間ほど持続するので、その間は早漏の症状が改善されます。

1回の使用後は、次の使用まで24時間は間隔を空けてからご使用ください。

10mlの容量では、およそ30回前後の使用が可能です。

使用する際の注意点

VPMAXスプレーの使用の際の注意点は以下2つです。

  • 成分を他の部位に付着させない
  • 3回以上スプレーをしない

もしスプレーをしたままの陰茎を挿入すると、女性にも麻酔効果が作用する恐れがあります。麻酔効果により不感となり、性行為に満足を得られなくなります。

効果を感じたら、シャワーで成分を洗い流すか、コンドームを使用してください。

手の指や口など他の部位に付着した場合も、すぐに水で流してください。成分が浸透すると感覚が鈍くなる恐れがあります。

もう一つは、過度なスプレーをすると感度が著しく低下し、遅漏の症状になる場合がありますので、使用の際はご注意ください。

もし効果の度合いが気になる場合は、試しに前もって使用感を確認するのも良いでしょう。

さらに効果的に使うには?

VPMAXスプレーとの併用が効果的な薬

VPMAXスプレーは、ED治療薬やダポキセチンとの併用が可能です。2つ薬と併用することで、より早漏の改善に繋がります。

早漏とEDの症状には関連性があり、EDに悩む方のおよそ1/3の割合で早漏を併発していると言われています。

EDの症状があると十分な硬さで勃起出来なくなり、性感に対し過敏になるため、早漏の症状が現れやすくなります。

ED治療薬とVPMAXスプレーは併用が可能なので、併用することでEDと早漏の改善を行えます。

ダポキセチンも早漏防止薬ですが、リドカインの成分とは相互作用が無いため、併用が可能です。

VPMAXスプレーは対症療法に使用するものなので、原因改善をお考えの場合はダポキセチンの使用がおススメです。

VPMAXスプレーの使用が出来ない・注意が必要な方

以下の条件に当てはまる方はVPMAXスプレーの使用はお控えください。

  • 本剤の成分リドカイン又はアミド型局所麻酔薬に対し、アレルギーの既往歴のある方
    成分のリドカインや似た働きのあるアミド型局所麻酔薬で、過去に思いアレルギー反応があった方は使用しないでください。
  • 重篤な心刺激伝導障害(完全房室ブロック等)のある人
    心停止の恐れがあるため、使用しないでください。
  • 陰茎に傷または炎症のある方
    成分の吸収が早まる恐れがあります。

以下の場合は使用に注意が必要です。

  • メトヘモグロビン血症のある人
    リドカインを過度に使用しようすると、低酸素症(チアノーゼ)になる場合があります。
  • 高齢者や体調が優れない方
    麻酔に対しての抵抗や忍容性が低下してしるため、使用には注意が必要です。

VPMAXスプレーの副作用

VPMAXスプレーに副作用はほぼありません。

スプレーに含まれる成分(プレピリングリコール)にアレルギーがある場合、かぶれや発疹、かゆみが出ることがあります。

その他、ごく稀にリドカイン成分に対して強いアレルギー反応(めまい、血圧低下、冷や汗、痙攣、意識低下など)の症状が現れる場合があります。

出現頻度が不明で滅多に無いケースですが、念のためにご注意ください。

VPMAXスプレーの併用について

VPMAXスプレーの成分リドカインには、併用出来ない薬があります。

現在服用中の薬がある場合は以下の一覧をご確認の上、医師にご相談ください。

併用禁忌

併用禁忌とは、副作用の増強や効果の減弱が起こるため、併用してはいけない事を指します。

リドカインの併用禁忌薬は以下のものです。

現在これらの医薬品を服用中の方は必ず医師にお伝えください。

抗不整脈薬
  • 抗凝血薬
  • クラスI抗不整脈薬
  • クラスⅢ抗不整脈剤
  • アミオダロン
硝酸薬
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
オピオイド系の鎮痛薬
  • モルヒネ
合成抗菌剤(サルファ剤)

VPMAXスプレーの料金

フィットクリニックで処方しているダポキセチンの料金です。

商品名 用量 料金
VPMAX
スプレー
(リドカイン)
VPMAXスプレー(リドカイン)
10ml
(約30回相当)
3,000円

オンライン処方について

ご来院時の処方以外にも、来院の必要が無いオンライン処方も行っています。
以下の理由から、自宅でのオンライン処方の方が良いとお考えの方は是非ご利用ください。

  • 仕事の関係や遠方に住んでいるため来院が困難
  • なるべく人との接触を避けたい
  • 時間を有効に使いたい方

日本全国から受診が可能です、お気軽にお申し付けください。
以下のボタン【電話・ライン・メール】のいずれからでもご予約いただけます。

VPMAXスプレーのQ&A

QVPMAXスプレーは薬局やドラッグストアで購入できますか?

A購入できません。当院ではVPMAXスプレーの処方を行っています。

Qどれぐらい前から使用すればいいですか?

A性行為の15~30分前に使用してください。

Q石鹸で洗うと効き目は無くなりますか?

A成分が患部に浸透していれば、石鹸で洗い流しても効果が弱まることはありません。

Qうつ病の薬でも早漏は改善できますか?

A早漏の改善にうつ病の薬を使うのはおすすめしません。
うつ病の薬(パキセルなど)も、ダポキセチンと同じSSRIに属していますが、即効性がないため性行為の直前に服用しても効果は得られません。

QVPMAXスプレーを使用して、妊娠した場合胎児に影響はありますか?

A胎児への影響はありません。正しい用法でご使用ください。

Q使用回数が増えると早漏は改善されていきますか?

AVPMAXスプレーは対症療法のため、使用回数が増える事で早漏が改善されるものではありません。
もう一つの早漏防止薬「ダポキセチン」は使用を重ねることで、早漏の症状が緩和される場合があります。

CONTACT