フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

アフターピル(緊急避妊薬)の価格・費用について

アフターピル(緊急避妊薬)の価格・費用について

アフターピル(緊急避妊薬)は、産婦人科やクリニックなど様々な場所で処方され、その価格や費用には違いがあります。

そのため、

「アフターピルって費用はいくらかかる?」
「診察料や処方代も必要?」

などの疑問を持たれるかと思います。

こちらのページでは、当院で処方しているアフターピルの価格や費用、購入方法について解説しています。

緊急避妊はなによりスピードが求められますので、お急ぎの方は当院のアフターピルオンライン診療もご検討ください。

なお、空きがある場合はそのまま診察に入ることが可能です。

アフターピル(緊急避妊薬)の価格・費用

以下の表では、当院で処方しているアフターピルの特徴について比較しています。

処方薬の種類 レボノルゲストレル錠(海外製)
レボノルゲストレル錠
(海外製)
レボノルゲストレル錠(日本製)
レボノルゲストレル錠
(日本製)
エラ(ella)
エラ
薬価(税込) 7,000円/2錠 12,000円/1錠 8,000円/1錠
有効成分 レボノルゲストレル0.75mg レボノルゲストレル1.5mg ウリプリスタル酢酸エステル30mg
服用時間 72時間以内 72時間以内 120時間以内
服用時間内の
避妊成功率
約97% 約97% 約98.9%
用法用量 1回2錠服用 1回1錠服用 1回1錠服用
特徴 避妊効果が高く、副作用も少ないため、現在最も多く処方されている薬。 避妊効果が高く、副作用も少ないため、現在最も多く処方されている薬。 服用時間の延長、肥満の方(BMI30以上)に効果的など、新たに開発された緊急避妊薬。

アフターピルは自由診療のため、保険が適用されずクリニックにより価格にも差があります。現在は10,000~15,000円程で提供しているクリニックが多く見受けられます。

当院でのアフターピルの価格が相場より安い理由は、成分が同じく効果も同等なジェネリック医薬品を使っているためです。

その他の価格・費用について

お薬代の他にかかる費用には、送料があります。

お薬をお渡しする方法は、来院の他にオンライン処方の2つです。
オンライン処方では、自宅などご希望の住所へお薬を発送いたします。

その際にかかる送料は、通常便・バイク便の2種類からお選びいただけます。
尚、代金引換をご希望の場合は別途代引手数料がかかります。

※診察料はアフターピルを処方しない場合でも無料です。

処方薬の種類 レボノルゲストレル錠
(海外製)
レボノルゲストレル錠
(日本製)
エラ
薬価(税込) 7,000円/2錠 12,000円/1錠 8,000円/1錠
診察料 無料(処方しない場合でも無料)
送料 【通常便】
関東:940円
関東外:ヤマト運輸料金に準ずる
※最短翌日中にお届け
【バイク便】
東京23区:一律5,500円
23区外:5,500円~
(※笹塚院からの距離に準ずる)
※最短診療後60分でお届け
代金引換 代引手数料
1万円まで:330
1万円~2万円まで:440

「すぐに緊急避妊が必要」という方には、アフターピルの処方を行いますので、まずは電話でご相談ください。

なお、空きがある場合はそのまま処方に入ることが可能です。

レボノルゲストレル錠について

レボノルゲストレルは、先発薬ノルレボの成分名です。

ノルレボは現在最も多く処方されているアフターピル(緊急避妊薬)で、レボノルゲストレル錠はノルレボのジェネリックです。

当院では、レボノルゲストレル錠の処方を行っております。

当院で処方しているレボノルゲストレル錠について

処方薬の種類 レボノルゲストレル錠
価格(税込)
  • 7,000円(海外製)
  • 12,000円(日本製)
錠剤数(1回分)
  • 海外製:2錠
  • 日本製:1錠
服用時間 性行為後72時間以内

レボノルゲストレル錠は、従来の緊急避妊法であるヤッペ法に比べると、吐き気や下腹部痛などの副作用の発現率が低く、早い段階での服用では高い確率で妊娠を阻止することができます。

ヤッペ法…プラノバール錠(中用量ピル)を用いた緊急避妊方法。性行為後72時間以内に2錠、12時間後にさらに2錠服用。

またレボノルゲストレル錠は、性行為後72時間以内の服用で高い避妊成功率を維持できます。

レボノルゲストレル錠の服用時間ごとの避妊成功率

グラフの通り、72時間以降の服用になると避妊成功率は低下するので注意が必要です。

レボノルゲストレル錠の副作用には、以下の症状が挙げられます。

  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛や下腹部痛
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 不正子宮出血

副作用には個人差がありますが、仮に現れたとしても24時間以内には治まることがほとんどです。

妊娠を望まず、すぐに避妊を行いたい方は、レボノルゲストレル錠の服用を推奨します。

エラについて

エラは、ウリプルスタル酢酸エステルを主成分としたアフターピル(緊急避妊薬)です。
当院では、先発薬であるエラワンと同じ成分のジェネリック、エラを処方しています。

当院で処方しているエラについて

処方薬の種類 エラ
価格(税込) 8,000円
錠剤数(1回分) 1錠
服用時間 性行為後120時間以内

新たに開発されたアフターピルとして、避妊効果を得られるまでの時間が120時間(5日間)と長いのが特徴です。

さらに、これまでのアフターピルはBMI値30以上の方が使用する場合、効果が得られにくいとされていましたが、エラはBMI値が高い方でも効果が得られます

エラの服用時間ごとの避妊成功率

レボノルゲストレル錠同様、エラも服用時間が早いほど高い避妊効果を発揮します。服用時間が120時間を過ぎると避妊効果が大幅に低下するため注意が必要です。

エラの副作用には、以下の症状が挙げられます。

  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • めまい
  • 倦怠感
  • 腹痛や下腹部痛
  • 不正子宮出血

医薬品なのでゼロとは言い難いですが、エラの副作用の発現率は低めです。

やや肥満体質の方、すでに服用時間がある程度経過している方には、エラを推奨します。

アフターピル(緊急避妊薬)の購入方法

当院でアフターピルを購入する方法は、来院とオンライン診療の2種類があります。

  • フィットクリニック(笹塚院)へのご来院
  • アフターピルオンライン診療

どちらも、問診から処方まで最短で5分程度です。

アフターピルは時間の経過と共に避妊成功率が低下するため、妊娠を望まない場合は可能な限り早く服用しましょう。

レボノルゲストレル錠とエラの服用時間の経過における避妊成功率について

アフターピルは薬局やドラックストアでは、基本的に購入できない処方薬です。

個人輸入代行サイトを利用し、海外からのアフターピル購入も認められていますが、到着まで2週間ほど時間がかかるため、あまり推奨できません。

フィットクリニックへご来院の場合

来院の場合は受付後に問診票をご記入いただき、問題がなければ最短5分程度で処方可能です。
その場でアフターピルをお渡しします。

※来院の場合、2回目以降でも問診表の記入が必要となります。

アフターピルオンライン診療の場合

「アフターピルを処方している病院やクリニックまで遠い」

「誰とも会わずにアフターピルを購入したい」

アフターピルの処方には、このような懸念をされる方が多いと思います。

オンライン診療では、来院する必要がなくご自宅などから医師との通話で診察・処方が行えます。

アフターピルの処方はスピードが大事なので、即日発送いたします。お住まいの場所によっては、最短60分で届くバイク便にも対応しています。

オンライン診療でアフターピルを希望する方は、以下よりお申し込みください。

オンライン診療について詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

アフターピルの値段は、当院であれば7,000円~12,000円ほどです。

従来の避妊法ヤッペ法だと6,000円ほどで処方できるクリニックも多いものの、避妊成功率が低いほか、服用回数は2回、副作用の出現率も高くあまり推奨できません。

レボノルゲストレル錠やエラであれば、服用回数はともに1回、副作用も少なく初めての方でも安心して服用できます。

一見高いと思われるアフターピルですが、望まない妊娠を避けるのであれば有効な方法といえます。当院では来院しなくてもアフターピルが受け取れるオンライン診療も行っています。

診察料は無料、かかるのはお薬代+送料のみなので是非ご検討ください。

参考サイト
MSD「緊急避妊」
参考サイト
EMC「ella One 30mg」

この記事の監修

田中彩医師
(たなか あや)医師

2015年
千葉大学医学部卒業
田中彩医師
  • 日赤医療センターで産婦人科専門医取得
  • 所属学会:日本産科婦人科学会、日本女性医学学会
    河北総合病院勤務

アフターピルの価格・費用に関するよくある質問

Q1
アフターピルの価格はいくらですか?
A1
当院ではレボノルゲストレル錠とエラを処方しています。価格は以下です。
  • レボノルゲストレル錠(海外製):7,000円(税込)/2錠
  • レボノルゲストレル錠(日本製):12,000円(税込)/1錠
  • エラ:8,000円(税込)/1錠
Q2
お薬代以外にかかる費用は何がありますか?
A2
当院に来院して処方する場合にかかる費用は、「お薬代のみ」です。オンライン診療の場合は「お薬代+送料」です。アフターピルの処方の有無にかかわらず診察料は無料です。
Q3
アフターピルの処方は保険適用はできますか?
A3
アフターピルは自由診療なので、保険適用はできません。自費での扱いになるため、クリニックによって価格も異なります。
Q4
オンライン診療のアフターピル処方にかかる送料はどのように決まりますか?
A4
送料は、配送方法と地域によって異なります。詳しくは以下をご確認ください。
通常便 バイク便
  • 関東:940円
  • 関東外:ヤマト運輸料金に準ずる
  • 東京23区:一律5,500円
  • 23区外:5,500円~
    (※笹塚院からの距離に準ずる)
  • Q5
    代金引換の手数料はいくらかかりますか?
    A5
    代引手数料は1万円までなら330円、1万円~2万円までが440円かかります。
    Q6
    アフターピルを海外通販で購入すると安そうだけどそれでもいいですか?
    A6
    アフターピルを個人輸入(海外通販)しているサイトから購入することはできますが、以下のようなリスクがあるのでご注意ください。
    • 偽造医薬品や破損した医薬品
    • 不衛生な環境下で生産されたジェネリック医薬品
    • 医薬品が届かない(服用タイミングに間に合わない)
    • 悪質サイトによるスキミング被害 など
    また個人で輸入した場合、医師から処方されたお薬ではないので、どんなことがあってもすべて自己責任になってしまいます。
    Q7
    アフターピルの市販化はされていますか?安く買えますか?
    A7
    2023年11月より、厚生労働省が全国でアフターピルの試験販売を実施しています。期間限定で行っている施策なので、現時点で市販化はされていません。
    アフターピルは処方薬なため、ドラックストアや薬局では基本的に購入できません。
    また試験販売だからといって特別安く買えるわけではないのでご注意ください。
    CONTACT