フィットクリニック
clear

ミノキシジルとは

ミノキシジルとはアップジョン社(現在のファイザー)からロゲインの名前で発売されている、男性型脱毛症(AGA)を回復させる効果が認められている発毛効果を持つ成分です。

日本ではリアップなどの一般医薬品として各社から市販されています。

当院、新宿フィットクリニックでもミノキシジル外用薬や内服薬を処方しています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)を改善させる成分の1つです。

髪の毛が抜けている場所に新たな髪の毛を生やすという効果があります。

具体的にはミノキシジルが持つ血管拡張効果によって血行を促進して栄養を届けるという働きと、毛母細胞という新しい髪の毛を生やすために大変重要な細胞を活性化させる働きがあります。

外用薬と内服薬がありますが、どちらも同じ効果を持っています。

ミノキシジルの見た目と種類

ミノキシジルは大きく分けて外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬は見た目が液状で患部に塗布し、内服薬はタブレット状の経口薬となっています。

どちらも種類は成分量別に分かれています。

外用薬は有効成分ミノキシジルの含有量が2%、5%、8%、10%などの種類があります。

内服薬は有効成分ミノキシジルの含有量が2.5mg、5mg、10mgなどの種類に分かれています。

ミノキシジルの特徴

ミノキシジル外用薬は日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版で推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています。

血管拡張で同様の効果を持つ成分もありますが、ミノキシジルは成長因子を生み出して毛母細胞を活性化させるという点で他の成分と決定的な違いがあります。

同じく脱毛症に効果を発揮するとされるプロペシアやザガーロは脱毛を止めるための成分です。

そのためミノキシジルとの併用が可能で、むしろ併用することによってより発毛に高い効果が期待できます。

ミノキシジルは女性も服用が可能ですが、男性ほど強い成分量は必要ないため、身体への浸透力が高い内服薬もあまり服用することがありません。

女性用外用薬も2%のものがメインで、多くても5%のものを使用するようにします。

ただし、新しい強い髪が生えるまでの治療過程で、脱毛症の弱く細い髪の毛が一旦抜け落ちる初期脱毛が起こる可能性があります。

この脱毛で不安を抱き治療薬の服用を止める人もいますが、力強い毛髪に生え変わるため必要な過程なので服用を止めてはいけません。

ミノキシジルの用法・用量

ミノキシジルは外用薬、内服薬で用法・用量に違いがあります。

外用薬は成分量の違いあっても、1回1mlを1日2回、髪の毛の薄い部分に塗布し、マッサージのように揉みこむように用います。

主に朝晩2回、洗髪後なら頭皮の乾いた状態で使用するようにします。

内服薬の場合は1日1回1錠(2.5mgの場合は2錠)を水またはぬるま湯で服用します。

成分の血中濃度を一定に保つため、なるべく毎日決まった時間に服用するようにします。

成分量の多い10mgの内服薬は、ピルカッターで半分にして服用することも可能です。

まずは5mgから服用をはじめ、効果が実感できない場合は10mgに成分量を上げることも可能です。

ミノキシジルの注意事項

ミノキシジルの利用にあたってはいくつか注意事項があります。

そこでミノキシジルを利用してはいけない人、併用禁忌、併用注意にわけ、ミノキシジルの注意事項をわかりやすく説明いたします。

利用してはいけない人

ミノキシジルは男女ともに利用が可能な成分ですが、女性はそれほど強い成分量を必要としません。

そのため、成分の浸透率が高い内服薬や、10%など高容量の成分量の外用薬は利用しないほうが良いとされています。

女性の場合は以下のような理由による脱毛の人も利用しても改善効果はありません。

  • 妊娠による脱毛
  • 避妊用ピルの使用を最近やめた事による脱毛
  • 抗がん剤治療や頭皮に傷が生じるような皮膚疾患による脱毛
  • ポニーテールなど髪を一定方向に強く引っ張りつづける動作による脱毛

また、その他利用してはいけない人は下記になります。

  • 未成年者
  • 壮年性の脱毛症以外の脱毛症

ミノキシジルの併用禁忌

併用禁忌とは、併用してはいけない薬のことを指します。

万が一併用してしまうと副作用が強まったり、最悪の場合死亡例のある薬剤もありますが、ミノキシジル外用薬は効果もおだやかなため併用禁忌薬はありません。

ミノキシジルの併用注意

併用注意は、ミノキシジルと併用して飲むにあたって注意が必要な薬を指します。

以下の条件に該当する人は、利用前に医師に相談し併用するにあたって今服用している薬が問題ないかを確認してください。

  • 高齢者(65歳以上)の人
  • 心臓や腎臓に障害がある人
  • 甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、亢進症)
  • いままでにミノキシジルを成分とする医薬品でアレルギー症状を起こしたことがある人
  • むくみのある人
  • 家族,兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人
  • 高血圧、もしくは低血圧の人

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は厚生労働省から報告されているデータではミノキシジル5%含有の外用薬3072例のうち副作用発現症例は271例と、全体の9%弱に副作用が報告されています。

副作用は重篤な例はほとんど報告されておらず、多い順から以下のような例があります。

  • 使用した部位のかゆみ
  • 使用した部位の発疹
  • 頭部のフケ
  • 接触性皮膚炎
  • 皮膚の紅潮

こうした主な副作用以外には以下のような例も少数ながら報告されています。

  • 適用部位のしびれ、痛み
  • 手足のむくみ
  • 心拍数増加、動悸
  • 目の痛み
  • 耳鳴り
  • 皮膚のつっぱり感
  • 腹痛
  • 毛髪変色

こうした副作用は含有量が多いほど副作用発生数も増加傾向にあると考えられています。

そのためミノキシジル内服薬は効果も高い分、副作用の発現も強くなるとされています。

ミノキシジルの作用機序

毛成長のメカニズムは、現在判明している範囲では毛母細胞および毛乳頭細胞の活性化によるものとされています。

1960年代からアップジョン社(現在のファイザー社)が高血圧用の経口薬として用いてきた同成分に対し、脱毛症回復や多毛の症例が多数報告されたことにより、頭皮への外用発毛促進薬としての臨床試験を開始しました。

その後有効性が確立し米国で医療用医薬品として1980年代より2%のミノキシジル外用液を「Rogaine」の名称で発売されました。

発毛に関する正常な毛周期(ヘアサイクル)においてミノキシジルは毛母細胞に直接作用し、休止期、成長期、退行期の毛周期のうち、成長期を延長させます。

また、毛細血管を拡張させ、頭皮の血行を促す効果も認められています。

男性ホルモンによる脱毛症がみられる壮年性脱毛症にのみ有効です。

ミノキシジルの作用時間

ミノキシジルの作用時間に関しては、半減期が4.2時間とされており、代謝を行う期間は肝臓となっているので身体の中で有効な効果を持続させるために1日2回に分けて使用するのが重要です。

ミノキシジルの作用時間は以上のような内容ですが、髪の毛が生えるという意味での効果が出る時間に関しては、当然長期間となります。

通常、ヘアサイクルは4~6年ですが、AGAやFAGAなどの壮年性の脱毛症が発症した場合、成長期の途中で退行期がはじまり弱い毛髪ばかりとなり脱毛してしまいます。

これに対してミノキシジルは成長期を延長させますが、このヘアサイクルを正常に戻す途中の段階で強い毛髪に生え変わるため、弱い髪の脱毛を起こす期間があります。

初期脱毛と呼ばれるこの期間を経由して強い髪が生えるには、最低でも3~6か月はミノキシジルを継続させる必要があるとされています。

ミノキシジルのジェネリック

世界ではロゲインとして発売されているミノキシジルですが、日本ではリアップとして大正製薬が主要な特許を持っていました。

その特許も切れたため、国内でも2018年ごろからジェネリックが発売され、その種類は年々増加しています。

国内承認済みのミノキシジルジェネリックには以下のようなものがあります。

  • スカルプD メディカルミノキ5
  • リザレックコーワ
  • リグロEX5
  • ミノグロウ
  • ミノアップ
  • ミノキシジル配合外用液5%「FCI」
  • ミノキシジルローション5%「JG」

ミノキシジルが含まれた発毛薬セット「リクレシタ」

当クリニックでは、発毛成分ミノキシジルと育毛成分フィナステリドを主成分とした発毛薬セットを処方しています。

これら以外に、髪に必要なアミノ酸やビタミンを配合したサプリも含まれているため、有効成分で発毛を促しつつ体質改善も期待できます。

男性用と女性用、外用薬と内服薬(タブレット)があるためカウンセラーと相談の上処方することが可能です。

※女性用にはフィナステリドは含まれません。

よくある質問

Qミノキシジルが効くのはどのような脱毛症ですか?

Aミノキシジルは壮年性脱毛症の人全般に効果が期待できます。

壮年性といっても20歳以上の成人は男女すべて含みます。

Qミノキシジルは2%や5%など成分量に違いがありますが、もっと多く使えば効果が強くなるのでしょうか?

Aミノキシジルの効果は5%でも十分で、女性の場合は2%でも最適とされています。

所定の使用量を越えるとむしろ副作用のリスクだけが高まりますのでご注意ください。

Q同じようにAGA治療薬と言われているプロペシアとはなにが違うんですか?

Aミノキシジルは発毛に効果のある治療薬であることに対して、プロペシアは脱毛を抑えるほうに最大限の効果を発揮する治療薬です。

そのためこの2種類を併用することで更に男性型脱毛症、壮年性脱毛症の治療には効果的とされています。

Qミノキシジルは保険が適用されますか?

Aミノキシジルには保険は適用されません。

保険は生きていくうえで治療が必要とされる病気や疾病に対して適用されるもので、発毛は保険診療に含まれないためです。

Q頭部のけがで脱毛してしまったのですがミノキシジルの使用は問題ありますか?

Aケガによる脱毛はミノキシジルの適応範囲ではなく、また、壮年性脱毛症でも患部に傷や炎症がある場合は患部を悪化させる恐れがありますので完治するまでは使用をお控えください。

Q継続して使用する必要があるということですが、途中で1ヵ月使用を中止してまた再開するという使用法だとどうなりますか?

Aミノキシジルは継続して使用することで発毛しますが、使用を中止すると毛髪が元の状態に戻ってしまいます。

Q頭皮以外に使用できますか?

Aミノキシジルは頭皮のみにご使用ください。

CONTACT