フィットクリニック
clear

ステンドラジェネリックとは

ステンドラジェネリックとは、アバナフィルを有効成分としたED治療薬「ステンドラ」のジェネリック医薬品です。

成分のアバナフィルは、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)に続き、4番目に開発された比較的新しいED治療薬の成分です。

ステンドラジェネリックの効果

ステンドラジェネリックの成分アバナフィルは、他のED治療薬と同様、ED(勃起不全)の症状を改善する薬です。

アバナフィルには血管拡張作用があり、ペニスへの血流量を増加させ勃起をサポートします。勃起がしやすくなる、中折れの防止など、満足のいく性交を行うことができます。

ステンドラジェネリックは、服用後ただちに勃起する効果はありません。あくまでも、性的刺激を受け興奮することで勃起が起こる薬です。

薬が効いている状態でも、興奮が醒めれば勃起は収まります。
性欲を増加させる働きや催淫剤のような働きもありませんので、そのような効果を期待して服用しないでください。

ステンドラジェネリックの見た目と種類

先発薬のステンドラは白いひし形の錠剤です。海外で発売されているステンドラジェネリックは製薬メーカーごとに、形状や色など見た目は様々です。

現在確認されているのものでは、白い丸型の錠剤、緑色や赤色の三角形の錠剤などがあります。
日本では先発薬のステンドラ及びステンドラジェネリックは未認可のため、一般的には処方されていません。

海外で販売されている用量は、50㎎、100㎎、200㎎があります。
大きい用量があるのは、体格の大きい海外の方向けに開発されているからです。標準的な日本の体格では、50~100㎎で効果が得られます。

ステンドラジェネリックの特徴

ステンドラジェネリックの有効成分アバナフィルは、新たに開発された成分のため、これまでのED治療薬のメリットを生かし、デメリットを抑えた特徴があります。

アバナフィルは即効性に優れ、先に開発された成分バルデナフィル(レビトラ)と同等です。

勃起力の強さや効果時間はシルデナフィル(バイアグラ)と同等、副作用が控え目な部分や、食事の影響が少ない部分は、タダラフィル(シアリス)と同等です。

勃起力が高く即効性があり、副作用や食事の影響も少ないなど、これまでのED治療薬のメリットを網羅し、使い勝手の良さが向上された薬と言えます。

ステンドラジェネリックの用法・用量

ステンドラジェネリックは、1日1回、性交の30分前に水またはぬるま湯で服用してください。早い方では服用後15分ほどで効果が現れ始めます。

服用する用量は50㎎から始め、効果が見られない場合は100㎎に用量を増やしてください。1日の最大量は200㎎ですが、一般的な日本人の体格では50~100㎎で十分効果が得られます。

服用してから次の服用までは必ず24時間空けてください。効きが弱いからと、すぐに追加の1錠を服用しないようにご注意ください。

ステンドラジェネリックの注意事項

ステンドラジェネリックに限らず、薬を服用する際には必ず注意事項があります。

注意事項を守らずに服用すると、十分な効果が得られない場合や健康を害することもあるので気を付けましょう。

服用してはいけない人

以下の条件に当てはまる方は、ステンドラジェネリックの服用は控えてください。

  • アバナフィルにアレルギー反応がある方
  • 重度の肝機能障害がある方
  • 腎機能障害、人工透析治療を行っている方
  • 6か月以内に脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、何らかの心臓の手術を受けた方
  • 心臓や血管に障害があり、性行為が不適当と診断された方
  • 白血病や骨髄腫、鎌状赤血球貧血など血液細胞に障害のある方

持病や罹患経験、それぞれの症状により普段から治療薬を服用している場合、ものによってはアバナフィルとの併用に注意が必要な薬があります。

ジェネリックを服用する前に、次項をご確認ください。

ステンドラジェネリックの併用禁忌

併用禁忌とは、薬の相互作用(効果の重複や打ち消し・変化など)があるため、一緒に服用してはいけないとされるものです。

ステンドラジェネリックの併用禁忌には、以下のものあります。

硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビド)
本剤との併用により、降圧作用が増強されるおそれがあります。
アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
本剤との併用により、QTc延長作用が増強するおそれがある
効果の強いチトクロームP450 3A4(CYP3A4)阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、アタザナビル、インジナビル、ネファゾドン、ネルフィナビル、サキナビル、クラリスロマイシン、テリスロマイシン等)
本剤との併用により、代謝が遅くなり副作用が強く現れる場合がある

ステンドラジェネリックの併用注意

併用注意とは、一緒に服用することは出来るが、注意が必要なものです。

効果が中程度のチトクロームP450 3A4(CYP3A4)阻害剤(エリスロマイシン、アンプレナビル、アプレピタント、ジルチアゼム、フルコナゾール、フォサンプレナビル、ベラパミル、シメチジン)
本剤との併用により、代謝が遅くなり副作用が強く現れる場合がある
チトクロームP450 3A4(CYP3A4)誘導剤(リファンビシン、フェニトイン、フェノバルビタール)
本剤の併用により、代謝が早まり期待した効果が得られない場合がある
降圧剤・α遮断剤(アムロジビン、ドキサゾシン)
本剤との併用により、降圧作用が増強される

服用時の注意点

ステンドラジェネリックには、以下の服用時の注意点があります。

食事との影響
アバナフィルは、食事からの影響を受けにくい改良がされています。とはいえ、全く受けない訳ではありません。
脂肪分の高い食べ物や飲み物は、胃腸で成分の吸収の妨げになり、期待する効果が得られない場合があります。
アルコールの飲みすぎ
アルコールは併用に関しては特に問題無いとされています。ただし飲みすぎには注意が必要です。
成分の血管拡張作用により、血流が向上することで酔いを早めてしまう場合があります。

ステンドラジェネリックの副作用

医薬品には効果がある反面、少なからず副作用も存在するのが一般的です。

ステンドラジェネリックで主に現れる副作用には以下のものがあります。

  • 目の充血、紅潮、頭痛、鼻づまり、動悸、血圧の低下、めまい

これらの症状は、ほとんどのED治療薬を服用した際に現れる症状です。
アバナフィルの血管拡張作用により起こるもので、時間の経過により症状は緩和されます。

稀に現れ、症化する恐れのある副作用には以下のものがあります。

  • 持続勃起症、非動脈炎性虚血性視神経症、聴力の低下

これらの症状が現れた場合には、服用を中止しかかりつけの医師または薬剤師にご相談ください。

成分アバナフィルは改良された新しい成分のため、未確認の副作用がある可能性もありますが比較的副作用は少ないとされています。

ステンドラジェネリックの作用機序

ステンドラジェネリックの成分アバナフィルは、勃起を抑える酵素PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の活性を阻害し、EDの症状を改善する働きがあります。

勃起は、性的な刺激による興奮が脳からペニスに送られ、大量の血液がペニスに集まることで起こる生理現象です。

この時、ペニスの動脈や海綿体の毛細血管を拡張させる働きのcGMP(環状グアノシンーリン酸)が血管内に放出されます。これにより、ペニス内に大量の血液を集めることができ、勃起が起こります。

PDE-5はcGMPを分解する働きのある酵素です。性的興奮が醒めると勃起が収まるのは、血管内でPDE-5が優位になっている状態です。

PDE-5阻害剤によりPDE-5の活性を抑えることで、勃起をしやすく維持できる状態を保ち、ED症状の改善をサポートします。

ステンドラジェネリックの作用時間

ステンドラジェネリックは服用後15分ほどで効果が現れ始め、3~6時間ほど効果が持続します。性行為の30分前に服用しておくのがお勧めです。

成分のアバナフィルは水に溶けやすい特徴があり、体への吸収や代謝が早く、即効性と短い効果時間になります。

即効性により、急なタイミングの性行為でも十分な効果を発揮することができます。体から成分が代謝する時間が早いのも、副作用が長引かないなどの利点があります。

エナジーAについて

フィットクリニックでは、ステンドラジェネリックと同じアバナフィルを配合した、オリジナルED治療薬「エナジーA」を販売しています。

エナジーAは、成分アバナフィルを配合しているため、効果や副作用、効果の発現時間や持続時間、食事の影響の少なさなど、先発薬のステンドラやステンドラジェネリックと同等となります。

オリジナルで開発しているため医薬品のため、安価での提供が可能です。

よくある質問

Qステンドラジェネリックはどこで購入できる?

A現在、国内では未認可のため、ステンドラおよびステンドラジェネリックは処方されていません。
フィットクリニックでは、同成分アバナフィルを配合したオリジナルED治療薬「エナジーA」を、医師の責任のもと処方しています。個人輸入など非正規の流通でも購入は可能ですが、偽物や粗悪品が紛れている危険性があり、使用により健康被害を受ける場合があります。

Qステンドラジェネリックのメリットとデメリットは?

Aメリットは即効性と勃起力の高さ、食事の影響を受けない部分です。デメリットは持続時間が短い所ですが、副作用が長引かないこともあり、大きなデメリットではありません。

Qジェネリックは価格が安いものですが、ステンドラジェネリックも安い?

A基本的にジェネリック薬は先発薬の特許期間が切れたものをもとに作られるため、開発費などのコストがかからない分安価で販売されるものです。海外で販売されているステンドラジェネリックにも、当てはまります。

Q用量の多いものを服用すれば、その分強い効果が得られる?

Aステンドラジェネリックに限らずED治療薬は、体格や症状に合わせて用量が決められます。そのため、必要以上の用量を服用しても、強い効果が得られることはありません。
むしろ体に成分が長く留まることで副作用が長く続いたり強く現れるなど、デメリットとなる場合があります。