AGA・薄毛

ミノキシジルは薬局で買える?クリニック処方との違いを解説!

ミノキシジルは薬局で買える?クリニック処方との違いを解説! AGA・薄毛

このページでは、ミノキシジルが薬局で購入できるかについて詳しく解説しています。

またクリニックで処方されるミノキシジルとの違いについても触れているので、購入先に迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

なお、ミノキシジルの外用薬と内服薬(タブレット)の詳細については、以下のページで詳しく解説しています。

それぞれ治療効果や副作用に違いがあるので、こちらの記事での内容とあわせてご確認ください。

フィットクリニックでは、ミノキシジルの外用薬と内服薬を処方しているのでご希望の方は以下のボタンよりご予約をお願いいたします。

ミノキシジルは薬局で買える!ただし外用薬のみ

ミノキシジルは薬局やドラッグストアをはじめ、一部の国内通販サイトでも買うことができます。

ただ、市販薬(第1類医薬品)になるので、購入できる製品には制限がいくつかあります。

■市販薬の使用制限
  • 外用薬のみ購入可能
  • ミノキシジル濃度は1~5%まで

自分自身で薄毛のケア・管理を行うため、市販薬は効果がおだやかな「低濃度のミノキシジル外用薬のみ」が購入可能です。

そのためミノキシジル5%以上の高濃度処方や、ミノキシジルタブレット(内服薬)といった、医師処方のミノキシジル製剤については薬局での購入ができません

薬局とクリニック処方で購入できるミノキシジル製剤が分けられている理由について、次でもう少し詳しく解説していきます。

ミノキシジルは薬局とクリニック処方でどう違う?

ミノキシジルは、以下を目安に薬局とクリニック処方で分けられています。

■薬局とクリニック処方の違い
  • ミノキシジル濃度
  • 剤形

同じミノキシジルでも用量や使い方次第で、効果の強さや治療に伴うリスクも異なってきます。

以下でミノキシジルは薬局とクリニック処方でどう違うのかを詳しく解説します。

■ミノキシジルは薬局とクリニック処方でどう違う?

ミノキシジルを薬局で購入する場合

薬局やドラッグストアで販売されているミノキシジルは、「OTC薬(オーバー・ザ・カウンター)」といって、カウンター越しに購入できます。

処方箋がなくても購入できますが、市販薬の中でも副作用が出やすい方に分類されるので販売者が限定されています。

また、市販されるミノキシジルは「濃度5%までの外用薬のみ」と制限がかかっています。

ミノキシジルを薬局で購入する場合について、以下で詳しく解説していきます。

ミノキシジルの濃度は最大5%まで

市販されているミノキシジル外用薬は、確認できる限りでは約20種類ほどあります。

いずれの市販製品もミノキシジル濃度は5%までとなっており、女性用として販売されている製品については1%が最大濃度です。

市販薬は種類によって効果は変わらないので、毎日使い続けることを考えて1本あたりの価格で選ぶのが一般的です。

またミノキシジル外用薬は局所作用(頭皮のみ)に作用し、全身に作用することはほとんどありません。

個人でも安全に使用できることが確認されており、濃度を5%までに規制することで使用した頭皮への副作用が抑えられています。

ただ、市販薬は薄毛のセルフケアを目的としている製品なので、効き目はおだやかです。

人によっては満足のいく効果が得られないケースもあることから、薄毛の状態によっては5%以上の高濃度に調整できるクリニック処方も検討する必要があります

ミノキシジルを薬局で買うには薬剤師の許可が必要

ミノキシジルを薬局で買うには、第1類医薬品の販売資格を持っている「薬剤師」の許可が必要です。

購入の判断は個人の自由となってはいるものの、医療用医薬品に近い薬を使用するためには、健康状態などを事前にチェックすることが義務付けられているためです。

国内通販で購入する場合も同様で、以下のような質問に答える必要があります。

■購入前の質問事項
  • 年齢
  • 性別
  • 症状
  • 使用経験
  • 病気の既往歴
など

回答によってはミノキシジル使用できないと判断され、購入を断られることもあります。

なお、薬局での店舗購入時は、薬剤師が不在の場合には購入できません

営業時間中は基本的に常駐していますが、夜21~22時まで営業しているところでは不在のケースもあります。

時間帯によっては購入できないこともあるのでご注意ください。

クリニックでミノキシジルの処方を受ける場合

クリニックでミノキシジルの処方を受ける場合、販売者となるのは医師です。

医療用医薬品の取り扱い・処方が認められているため、市販薬よりも効果の強いミノキシジル製剤を購入できます

最大限の治療効果が期待でき、副作用についても相談できるのが市販薬とクリニック処方の大きな違いです。

以下でクリニックでミノキシジルの処方を受ける場合について詳しく解説します。

高濃度のミノキシジル外用薬を処方できる

クリニックでは医師が処方するため、高濃度のミノキシジル外用薬を処方することが可能です。

市販薬とは違い、ミノキシジル5%以上の高濃度処方もできるため、より高い発毛・育毛効果を期待することができます。

ちなみに、市販薬の臨床試験データによれば、5%と1%の濃度の違いによって発毛・育毛効果が高まることがわかっています。

フィットクリニックであればミノキシジル8%の高濃度処方が可能となっているので、市販薬で効果をあまり感じられなかった方でも薄毛改善の可能性が見込めます。

副作用発生時に医師に相談できる

医薬品には効果がありますが、一定の副作用のリスクもあります。

ミノキシジル外用薬もクリニック処方や市販薬に限らず、頭皮の状態やその日の体調によっては副作用が生じてしまう可能性がゼロではありません。

クリニック処方であれば、常に医師のサポートがある中で治療できる環境があります。

使用中に「いつもと違う…」と感じた時にはすぐに相談でき、使用継続の判断や、薬の種類を切り替えることで安全に治療を続けることも可能です。

万が一の時の対処の選択肢が揃っているので、クリニックで処方を受ける安心感は薄毛治療の継続にもつながりやすくなります。

他の治療薬との併用で効果を最大化できる

薄毛治療にはミノキシジルの他にも、薄毛の原因に直接アプローチして薄毛の進行を抑える治療薬やサプリメントがあります。

■ミノキシジルと併用できる治療薬・サプリ <男性用>
  • フィナステリド
  • デュタステリド

<女性用>
  • パントガール

これらをミノキシジルと併用することで、効果を最大化できます。

フィナステリドもデュタステリドも男性専用になりますが、ミノキシジルと併用することで、AGAから髪を守りながら発毛を促す相乗効果が期待できます。

効果のパフォーマンスを最大化できる組み合わせとなり、併用治療を行うことで治療効率は格段にUPします。

また、原因の異なる女性の薄毛に対しても、飲む育毛剤と呼ばれるパントガールがあります。

ミノキシジルとの相性も良く、栄養成分が主成分となっているサプリに近い医薬品になるので、副作用のリスクを最小限にとどめつつ薄毛改善効果が期待できます。

ミノキシジルタブレット(内服薬)も処方可能

クリニックでは外用薬だけでなく、ミノキシジルタブレット(内服薬)の処方が可能です。

外用薬と効果こそ変わりませんが、作用するポイントが異なるのでダイナミックな発毛が期待できます。

■作用する血管の違い
  • ミノキシジルタブレット
    ⇨毛細血管を束ねる細動脈
  • ミノキシジル外用薬
    ⇨毛細血管

ミノキシジルタブレットは、頭皮への血流をコントロールする太い血管に作用します。

頭皮への血流量が大幅にUPし、多くの栄養や酸素を供給することで毛母細胞(髪になる細胞)を活性化させて髪の成長を促します。

より高い発毛効果を求める上で、ミノキシジルタブレットの服用はほぼ必須です。

市販薬にはない飲み薬を処方できるのは、クリニック処方ならでは大きな魅力となっています。

オンライン診療でミノキシジルを処方できる

「でもクリニックに来院するのは面倒…」という方でも、ミノキシジルは外用薬・内服薬を問わず、オンライン診療による郵送処方が可能です。

お手持ちのスマホを使ってオンライン上で医師の診察を済ませれば、後は自宅でミノキシジルを受け取るだけで薄毛治療をすぐにスタートさせることができます。

■オンライン診療のメリット
  • AGA治療薬は種類を問わず郵送処方が可能
  • 副作用などの相談もオンライン上ですぐにできる
  • 薬を受け取るためだけの通院が不要になる

オンライン診療を利用すれば、治療を受けるための手間やコストが省けます。

また医師以外との接触もないので、通院にくらべて治療に対する心理的ハードルを下げることにも一役買ってくれます。

フィットクリニックのミノキシジル処方価格

フィットクリニックでは、ミノキシジルタブレット(内服薬)とミノキシジル外用薬を処方しています。

ミノキシジルの処方価格は、以下を参考にしてください。

ミノキシジル内服薬の価格

製品 価格(税込)
ミノキシジルタブレット2.5mg 【女性】 6,000円/1ヵ月
ミノキシジルタブレット5mg 【男性】 7,000円/1ヵ月

ミノキシジル外用薬の価格

製品 1ヵ月分 6ヵ月 12ヵ月
ミノキシジル外用薬 8%【男性】 12,000円/
4本
10%offにより
64,800円/
24本
20%offにより
115,200円/
48本
ミノキシジル外用薬 8%【女性】 6,000円/
2本
10%offにより
32,400円/
12本
20%offにより
57,600円/
24本

外用薬の濃度については、当院の治療実績から効果と副作用のバランスを考慮した上で男女ともに「8%」を採用しています。

また内服薬については、薄毛の状態や体調の変化に応じた処方を行うために「2.5mg」と「5mg」をご用意することで細かな調整が可能です。

なお、診察料は無料とさせていただいており、1ヵ月目の処方料・配送料を無料で薄毛治療がはじめられる「定期配送」も行っています

定期配送

オンライン診療を行っていますので、通院に抵抗や不安がある方も当院までお気軽にご相談ください。

また、ミノキシジルは他の薄毛治療薬・サプリとの併用で効果を最大化できます。

フィットクリニックでは、ミノキシジルと薄毛治療薬・サプリとのセット商品があるので、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

まとめ:ミノキシジルは薬局よりもクリニック処方がおすすめ

ミノキシジルの購入は、薬局よりもクリニック処方がおすすめな理由を最後にまとめます。

■薬局よりもクリニック処方がおすすめな理由まとめ
  • 医師の診断に基づいて、ミノキシジル濃度5%以上を処方できる
  • より発毛効果の高いミノキシジルタブレットの取り扱いがある
  • 他のAGA治療薬との併用治療によって治療効率をUPできる
  • オンライン診療を使えば、自宅にいながら薄毛治療ができる
  • 定期配送など治療を続けやすくするプランがある

ミノキシジルの市販薬は効果もおだやかですが、クリニックでの処方であれば、高濃度のミノキシジルや内服薬を処方でき、副作用についても医師へ相談できる安心感があります。

薄毛治療のセルフケアには限界があるので、髪の状態に合わせた適切な治療を行うためにも髪の悩みはフィットクリニックまでご相談ください。

よくある質問

ミノキシジルは薬局で買えますか?
ミノキシジルは市販薬として薬局や薬店での購入が可能です。
ただし、ミノキシジル濃度5%の外用薬のみとなります。
5%以上の高濃度処方やミノキシジルタブレット(内服薬)は購入できないので、薄毛の進行度合いによっては医療機関への相談もご検討ください。
市販のミノキシジルとクリニックのミノキシジルの違いはなんですか?
市販のミノキシジルは、セルフケアを目的としています。
そのためミノキシジル濃度は5%までとされ、さらに副作用を考慮して頭皮以外には作用しない外用薬に限定されています。
一方のクリニックで処方されるミノキシジルは医師の診断に基づいて処方できるため、5%以上の高濃度の外用薬や、高い発毛効果のあるタブレット(内服薬)の処方も可能です。
ミノキシジルの使用を途中でやめたらどうなりますか?
ミノキシジルを途中でやめてしまうと、効果を失ってしまいます。
次第に元の薄毛状態に戻る可能性があるので、治療のゴールを決めて毎日使い続けることが大切です。
市販の外用薬を使用して半年ほど経ちますが、思うような効果が得られません。
市販の外用薬で効果が得られない場合、以下のようなことが考えられます。

  • 正しく使用できていない
  • 市販薬で効果を期待できる脱毛範囲を超えている
  • AGA以外の脱毛症
そのまま使用を続けても時間とコストだけを浪費してしまう可能性があるので、市販薬を使っている旨を含めて医師に一度ご相談ください。
ミノキシジルと他のAGA治療薬の併用はできますか?
ミノキシジルは他のAGA治療薬やサプリと相性が良いので、併用することが可能です。

<使用例>
  • ミノキシジル+フィナステリド or デュタステリド
  • ミノキシジル+パントガール
併用治療はスタンダードな治療方法となり、2種類の薬を組み合わせることで「予防+発毛」の相乗効果が期待できるのでおすすめです。
市販のミノキシジルは1日の使用回数を増やしても問題ありませんか?
市販のミノキシジルは、1日2回(1回1ml)の使用と決められています。
自己判断で使用方法を変更してしまうと、発赤やかゆみ、ふけ、発疹などの頭皮トラブルによって使用が困難になることがあるのでお控えください。