フィットクリニック
ED治療薬とEDについて
早漏防止について
AGA治療薬の種類と比較
アフターピルについて
性病と治療薬について
メディカルダイエットについて
禁煙治療について

バイアグラ100mgについて|未承認の理由や効果・副作用を解説

更新日:24/07/11
バイアグラ100mgについて|未承認の理由や効果・副作用を解説

こちらのページでは、バイアグラ100mgについて詳しく解説しています。

  • 100mgは国内未承認の薬では?
  • どこで手に入る?・日本人の体格でも服用して大丈夫?
  • どこで手に入る?・どこで手に入る?

など疑問に思った方は、ぜひご覧ください。

バイアグラに関しての基本情報については以下のリンクをご覧ください。

このページで分かること
  • バイアグラ100mgが未認可の理由
  • 適応する症状について
  • バイアグラ100mgの効果・副作用
  • 当院で処方する薬の安全性について

100mgは国内未承認の規格

国内で承認されているバイアグラは25mgと50mgのみで、バイアグラ100mgは国内未承認の規格です。

しかし、もともとバイアグラ100mgの規格は発売当初からあったもので、海外の多くの国で承認されています。

日本と体格の近いアジア圏でも承認しているため、特に体格が大きい人向けに分かれているものではありません。

なぜバイアグラ100mgの用量があるのか

高い用量となるバイアグラ100mgの用途は、以下の条件に当てはまる方と考えられます。

  • 50mgでは十分な効果が得られない方
  • 重度のED症状の方

これらの条件に当てはまる方は、成分量の多い100mgが使用されることになります。

フィットクリニックで処方するバイアグラ100mg

当院ではバイアグラジェネリックの100mgを取り扱っています。

名称 錠数 1錠あたりの価格
バイアグラ
ジェネリック
100mg

バイアグラジェネリック
1錠 1,000円
10錠(+2錠) 833円 (計10,000円)
20錠(+10錠) 667円 (計20,000円)

当院では、医師の責任のもと適切と診断された方に、バイアグラジェネリック100mgの処方を行っています。

海外で製造された医薬品ですが、厚生労働省の許可を受け、規定に基づいた手続きで輸入しているため、安心してお使いいただけます

当院での処方が安全な理由

当院で処方するバイアグラジェネリック100mgは、海外で製造している当院専用のジェネリック医薬品です。

海外製であっても、直接契約を結んだ製薬メーカーにより製造され、当院が監修も行っているため、安全な仕入れと品質の高い医薬品の提供が可能となります。

当院では患者さまの治療費の負担を軽減するため、なるべく安価での提供を目指しています。

そのため「製造ー仕入れー処方」を一環して行い、コスト削減を実現しています。

海外通販(個人輸入)での購入のリスク

バイアグラ100mgは海外通販(個人輸入)での購入も可能です。

安価で購入できるなどのメリットもありますが、服用に関して医師の処方が必要な医薬品のため、誤った服用により健康被害が発生する可能性があります。

また個人輸入の場合、偽造医薬品や粗悪品の混入リスクがあり、厚生労働省からも注意が出ています。

安全なED治療を行う場合は海外通販のご利用はお控えください。

バイアグラ100mgが認可されていない3つの理由

バイアグラ100mgが国内で認可されていないのには、3つの理由が考えられます。

以下で詳しく解説していきます。

※今後国内でも100mgが承認される可能性はありますが、現時点ではバイアグラ100mgが国内での承認に関する情報はありません

最初のED治療薬の認可が慎重だった

国内でのバイアグラの承認には、安全性への配慮から50mgまでが認可の対象となりました。

バイアグラが1998年に販売が開始された頃、日本でもインターネットでの個人輸入が急増したと言われています。

日本でも対応するため早急に国内での認可が進められ、通常1年程かかる審査が異例の半年という早さで承認されています。

当時心臓病の薬と併用する誤った使用による、死亡事故のニュースが話題となり、本国アメリカでもバイアグラ処方後の死亡例が69件FDA(米国食品・医薬品局)に報告されています(1998年3月末~7月まで)。

死亡事故による「バイアグラ=危険」というイメージもあり、認可は慎重になり100mgを承認しなかったと考えられます。

50mgと100mgで有効性は変わらない

100mgが承認されなかった理由に、日本人に対して50mgより100mgの方が有効性を示すデータが得られなかったことがあります。

以下は8週間行われた臨床試験での、ED改善に必要な「挿入可能な硬さ 」と「挿入後の勃起維持」への患者の評価です。

試験内容プラセボ群シルデナフィル群
25mg50mg100mg
挿入可能な硬さ 23%68%71%68%
挿入後の勃起維持 13%52%62%63%

この表のように、50mgと100mgで硬さや勃起の維持に関して差はなく、50mgで十分な効果が得られると判断され100mgが承認されなかったと考えられます。

用量が日本人の体格に合わない

100mgは日本人の体格には多いため未承認となった通説がありますが、実際はあまり関係ないと考えられています。

日本人の体格に近いアジア圏でバイアグラ100mgを承認している国があるので、必ずしも体格や人種が理由で未承認とされたわけではないと推測されます。

実際、薬の用量は体のサイズで適したものを処方されるのが一般的です。

そのため、場合により体格が大柄で50mgでは効かない場合もあるので、そういった悩みのある方は是非処方の際に医師に相談してください。

バイアグラ100mgの効果と副作用

バイアグラ100mgも成分シルデナフィルが配合されたED治療薬のため、得られるED改善効果・現れる副作用は同等となります。

ただし、成分量が100mgになると、50mgに比べ倍の量となるため、服用後の血中濃度が最も高くなり効果が強く現れることがあります。

その分、副作用も現れやすくなる可能性があるため、必ず医師の診察の下、使用しましょう。

主な副作用として以下が挙げられます。

  • 顔のほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • 鼻づまり

副作用の多くは時間の経過により軽減するため、特に心配はいりません。

時間が経過しても副作用が続き、体の負担となる場合はかかりつけの医師にご相談ください。

バイアグラ100mgと他のED治療薬との比較

ED治療薬の強さ(上位3つ)を比較すると以下のようになります。

薬品名 勃起力
バイアグラ 100mg、レビトラ 20mg 最も強い
ステンドラ 100mg 強い

※ジェネリックを含む

これまで、国内で承認されているED治療薬の中で最も効果が高いのがレビトラ20mgでした(レビトラは現在生産中止のため流通していない)。

バイアグラの100mgは成分量の多さから、レビトラ20mgと同等の効果が得られます。

即効性や持続時間は変わらない

バイアグラの効果の現れるタイミング(即効性)は、50mgも100mgもあまり変わりません。

服用後30分ほどで効果が現れ始め、1時間ほどで効果がピーク(血中濃度が最も高い状態)となります。

効果時間に関しても、50mgと比べ大きく変わりはありませんが、個人差により勃起を維持する時間が多少伸びる場合があります。

服用時の注意点

服用方法や注意点については、バイアグラと同等と認識してください。

バイアグラの基本的な服用の注意点については、詳細ページをご覧ください。

当院ではなるべくご希望に沿った処方をしますが、以下の条件を優先しバイアグラジェネリック100mgの処方を行っています。

  • バイアグラ50mgで効果が得られなかった方
  • 重度のEDの症状がある方
  • ED改善に必要と医師が判断した方

まとめ:バイアグラ100mgは医療機関での処方がベスト

ここまでバイアグラ100mgについて解説をしてきました。

記事の内容をまとめると以下になります。

この記事のまとめ
  • バイアグラ100mgが日本で未承認なのは、危険性を考慮し慎重だったため
  • 50mgより100mgの方が有効性が高いとされるデータは得られていない
  • 実際には100mgは効果が強く、副作用も現れやすい傾向にある
  • 100mgは重度のED症状の方、50mgで十分な効果が得られない方に処方される
  • 当院処方のバイアグラジェネリック100㎎は安全性が高い
  • 海外通販での購入は危険
  • 必ず医師の診断で服用が適切か判断する

当院ではバイアグラ50mgでは十分な効果が得られない、重度のED症状の方にバイアグラジェネリック100mgの処方を行っています。

バイアグラ100mgは国内では未認可となっていますが、医薬品医療機器等法の規定に許可を得て輸入した医薬品のため、安心して使用できます。

使用を希望する場合は、海外通販での購入はせず医師が診察を行うクリニックでの処方を受けてください。

CONTACT