ED・勃起不全

未承認薬メガリスの通販は危険!効果や副作用に違いがあるのか解説

メガリスの通販は危険!より早く届いて安全なオンライン処方 シアリスジェネリック 10/11mg 700円/1錠 20/22mg 1,200円/1錠 診察料無料 オンライン処方 即日発送 フィットクリニック ED・勃起不全

メガリスは、危険な海外通販でしか入手できません。

シアリスジェネリックは、海外通販よりもオンライン処方で入手する方が安全・早いためおすすめです。

オンライン処方と海外通販の違い

オンライン
処方
海外通販
薬の到着 最短翌日※ 2~3週間
安全性 ×
医師の診察 ×

※オンライン診療受診日の15時までに入金が確認できた場合(地域による)
※来院診療の場合はその場で処方可能

このページでは、メガリスを通販で入手する危険性を、実際の健康被害例とともに解説します。

当院でもシアリスジェネリックを取り扱っているので、安全にED治療をしたい方は併せてご覧ください。

メガリスの入手方法は危険な海外通販(個人輸入)のみ

メガリスの入手方法は、さまざまなトラブルに遭う可能性がある「海外通販(個人輸入)」しかありません。

●海外通販(医薬品の個人輸入代行サイト)で実際に起こった被害

スキミング被害
⇨ クレジットカードの情報を盗まれ悪用される

詐欺被害
⇨ お金を払っても届かない、あるいは異なる商品が届く

輸入トラブル
⇨ 通関で没収されても返金されない

無事に到着した医薬品の問題
⇨ 偽物、破損や中身の露出、不衛生な梱包

例えばインド国内で、医師から直接処方されたメガリスであれば、安全かもしれません。

しかし、日本からの購入になると手元に届くまでにいくつもの仲介業者を挟んでいます。

偽物とすり替わっている可能性があり、思わぬ健康被害に遭う可能性があります

そのほか、単にお金を騙し取ろうとする海外業者もいる上、被害額も高額ではない点からも被害にあっても泣き寝入りというケースがほとんどです。

また、ED治療薬は性行為前に服用するものですが、届くまでには2~3週間以上かかり、輸送状況も不安定です。

本来ならする必要のない心配が増えることになるため、海外通販でメガリスを入手するのはおすすめできません。

シアリスの偽造薬による健康被害の実例

シアリスの偽造薬による健康被害は、海外のみならず、日本でも報告されています。

●シアリスに関する偽造薬で起こった健康被害
  • 2008年:シンガポール・香港
    偽造シアリスの服用によって150名が重症低血糖で入院。
    うち7人が脳死状態、4人が死亡し、香港でも同様の報告あり。
  • 2011年:日本
    タイの友人から譲り受けたシアリスを服用し、低血糖を起こして入院。(※1)

いずれの例もシアリス(※2)の有効成分タダラフィル(※3)の他に、正規品には含まれていないはずの「グリベンクラミド」が検出されています。

糖尿病の治療に用いられる成分であり、解析によれば、日本での承認用量1日最大10mgを超える45mgのグリベンクラミドが含まれていたものもあったといいます。

アジア圏を例にしていますが、世界中でシアリスの偽造薬はいくつも見つかっています。

ED治療にまったく関係のない成分が混入しているだけでなく、品質面での問題から健康被害につながる可能性もあります。

先発薬だと安心して購入する方も多いシアリスですら、偽造品が横行しています。

取り返しがつかないことにならないためにも、医療機関以外で購入するのは控えるようにしてください。

メガリスの国内通販はない

メガリスは海外医薬品のため、楽天やAmazonなどの国内通販サイトでは取り扱いがありません。

そのほか、ドラッグストアや薬局、医療機関での取り扱いもありません。

メガリスの入手方法は、危険な海外通販を利用するのみとなります。

安全なシアリスジェネリックは医療機関での処方がおすすめ

シアリスジェネリックを入手するなら、医療機関での処方がもっとも安全です。

医療機関がおすすめな理由
  • 薬はすべて本物
  • 服用できるかどうか医師が判断できる
  • 不安な点は相談できる
  • 海外通販よりも早く届く

ED治療薬は医薬品のため、効果を引き出すには正しく服用することが大切です。

医師の診察で服用中の薬との併用や、服用方法などについての説明を受け、正しく安全に服用することができます。

海外通販ではすべて自己判断となるため、安全なED治療をするなら医療機関での処方が一番です。

フィットクリニックのシアリスジェネリックの料金

当院では、メガリスと同じ有効成分であるシアリスジェネリックを処方しています。

名称 用量・価格
シアリスジェネリック
シアリスジェネリック
10/11mg
700円/1錠
20/22mg
1,200円/1錠

最短即日発送のオンライン診療について

当院では、海外通販よりも早く安全なオンライン診療による処方を行っています。

当院のオンライン処方と海外通販の違い

当院の
オンライン
処方
海外通販
薬の到着 最短翌日※ 2~3週間
安全性 成分鑑定済みジェネリック 確認できない
医師の診察 5~10分程度 ×

※オンライン診療受診日の15時までに入金が確認できた場合(地域による)
※来院診療の場合はその場で処方可能

当院のオンライン診療がおすすめなのは、以下のような方です。

当院のオンライン診療はこんな方におすすめ
  • ED治療薬が早く欲しい
  • 通院せずに薬が欲しい
  • 安全な薬を安く入手したい
  • 手間をかけずに入手したい

オンライン診療の料金

診察料 0円
送料 全国一律385円
1万円以上の処方で送料無料
※代引の場合は対象外
支払方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • 代金引換

診察料は0円で、必要な料金はお薬代+送料のみとなります。

15時までにご入金が確認できると即日発送が可能なため、早めのご受診・ご入金がおすすめです。

オンライン診療の流れ

予約~処方まで簡単3ステップ! ①予約 ②診察 ③処方

オンライン診療は、以下の3ステップで行います。

①予約

都合の良い日時を予約します。
カレンダーから選べるLINE・WEB予約がおすすめです。

②診察

当院からの着信を待ち、スタッフ・医師による5~10分の問診を行います。

問診の内容
  • 現在の健康状態
  • 服用中のお薬
  • ご希望のお薬
など

③処方

お支払い確認後、処方となります。
15時までにご入金が確認できると即日発送が可能です。
お薬は翌日~3日後には届きます。

メガリス(Megalis)の概要

メガリス(Megalis)とは、インドの製薬メーカーである「マクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd.)」が製造販売を行うシアリスジェネリックです。

メガリスの概要
有効成分 タダラフィル
用法用量 10mgまたは20mgを性行為の1時間前に服用
効果 勃起の補助
効果持続時間 10mg / 20〜24時間・20mg / 30〜36時間
見た目 赤みがかったピンクの円形錠剤
副作用 頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、倦怠感 など
禁忌 硝酸剤やNO(一酸化窒素)供与剤を服用中の人、メガリスの成分に対してアレルギー(過敏症)の既往歴のある人、重度の肝機能障害のある人 など
併用注意 CYP3A4阻害剤、CYP3A4誘導剤、α遮断剤、降圧剤など

メガリスの効果・副作用

メガリスの効果・副作用
効果 勃起改善
副作用 頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、倦怠感 など

メガリスは、有効成分タダラフィルの血管拡張作用によって陰茎の血流を改善し、勃起をサポートする効果があります。

男性を対象に作られており、女性に対する効果は認められていません。

タダラフィルは副作用が起こりづらいとされていますが、頭痛や潮紅、ほてりのほか、消化不良などが起こる場合があります。

時間の経過とともに副作用も治まっていくことが多いです。

メガリスと同様の効果・副作用が見られるシアリスジェネリックには、シアスマなどがあります。

メガリスとシアリスの違い

メガリスとシアリスの大きな違いは、一言で言うと先発薬・後発薬の違いです。

シアリスが先発薬でメガリスが後発薬(ジェネリック)となります。

メガリスは海外通販で入手するしかないため危険ですが、ジェネリック薬自体が危険なわけではありません。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発薬)の特許が切れたタイミングで同じ有効成分を用いて製造される後発医薬品です。

●ジェネリック医薬品ができるまで

新薬の開発 ⇨ 販売を独占 ⇨ 開発メーカーの特許が切れる ⇨ ジェネリックの製造

現在、国民医療費負担を抑えるために、日本政府もジェネリック医薬品の普及を推進しています。

●ジェネリック医薬品の特徴
  • 品質・効果・安全性が先発薬と同等な薬
  • 初期の莫大な開発費がかからないため低価格での提供が可能
  • お薬の形や大きさ、添加剤の変更が認められている
    ⇒より服用しやすく、扱いやすくすることも可能

日本国内では厚生労働省の厳しい基準にもとづいて製造されており安全面も品質面もクリアした医薬品です。

もちろん、海外製のジェネリック医薬品も、成分鑑定や厚生労働省の認可を受けたものなら国内製造品と同等の安全性があると考えて問題ありません。

ジェネリック先進国であるアメリカ(普及率:約90%)やドイツ(普及率:約80%)のように処方を希望する方も増えつつあり、今後さらに普及が高まる見通しです。

また、保険適用外のED治療はジェネリックのメリットを特に実感しやすく、日本国内でもシアリスをはじめバイアグラやレビトラもジェネリックによる治療が一般的な選択になってきています。

治療費の負担を減らせるので、先発薬からの切り替えも十分にメリットがあります。

まとめ:メガリスの通販は危険。安全で早いオンライン処方がおすすめ

メガリスを通販で入手すると、思わぬ健康被害に遭う可能性があり大変危険です。

シアリスジェネリックを手軽に欲しい場合は、安全で早く届くフィットクリニックのオンライン処方をご利用ください。

よくある質問

メガリスとはどのような薬ですか?
メガリスは感染症治療薬のジェネリック開発に特に力を入れている、インドの「マクローズ社」が製造販売を行うシアリスジェネリックです。
有効成分は同じタダラフィルのため、シアリスと同等の効果が期待できるとされています。
しかし、シアリスの国際特許が切れる前から市場に出回っていたため、あくまでも「コピー製剤」として認識されています。
メガリスはシアリスの替わりになりますか?
メガリスをシアリスの替わりにするにあたっては以下のリスクが避けては通れません。
国内で処方する医療機関はなく、もし海外通販で入手した場合には偽造薬のリスクがあるので大変危険です。
服用してみるまで身体に何が起こるかわからず、人によっては重い副作用による健康被害に遭ってしまうこともあります。
興味本位でのメガリスの購入はもちろん、シアリスの代わりに服用するのも控えてください。
未承認薬とはなんですか?
未承認薬とは、海外では認められているものの、日本で認められていない薬です。
医師が適正な手続きを踏んで輸入の許可を得れば日本でも使用ができ、治療に必要と判断されれば処方されることもあります。
また、「未承認適応」といって、日本でも認められている薬のうち、海外で認められている使い方(適応症)ができない場合もあります。
先発薬なら安全と考えられますか?
先発薬だからといって、100%安全という保証はありません。
インターネットに流通しているED治療薬の約4割は偽造医薬品とのデータもあり、医師以外の処方は危険を伴います。
先発薬だから、未承認薬だからと区別せず、医薬品は医師の処方したもの以外は服用しないようにしてください。